卒乳の正しい知識・タイミング・ポイント

卒乳の正しい知識・タイミング・ポイント

母乳で育てているママにとって気になるのが、「一体いつまでおっぱいをあげたらいいんだろう?」ということだと思います。離乳食の後に足りない分をミルクや母乳で補ったり、添い乳で寝かしつけている人もいるでしょう。今回は母乳相談で聞いたり、先輩ママに聞いた「卒乳」についてのお話です。

卒乳について正しく理解する

そもそも断乳や卒乳って何?

赤ちゃんが1歳近くになると他のママとお話していて、「そろそろ卒乳させなきゃ…」「仕事復帰するから断乳しないと…」といった言葉を聞く機会も増えるのではないでしょうか。「そもそも卒乳と断乳ってどうちがうの??」と初めて聞く言葉に戸惑うママもいるでしょう。

卒乳とは

卒乳とは文字通り赤ちゃんが自然に母乳を飲まなくなることです。食べることが大好き!という赤ちゃんは、食事に夢中でわりとすぐに卒業できるようです。

断乳とは

断乳は、仕事復帰や次の妊娠などママの理由で授乳をやめることです。育休を終える時期が1歳前後になるママが多いため、このタイミングで実行するようです。

卒乳の時期はいつごろ?

いつまでに卒乳しなければいけないという決まりはないので、赤ちゃん次第と言えるでしょう。離乳食を終えて「幼児食」に移行し始める頃で、月齢にすると1歳〜1歳半で卒乳する子が多いようです。甥っ子の場合は、2歳頃まで授乳を続けていたそうです。

なぜ、赤ちゃんは卒乳しないの?

食事をきちんと食べ順調に成長していても、なかなか卒乳できないこも珍しくありません。授乳中にママの体温に包まれて安心してぐっすり眠ってしまった…というのもよくありますよね。赤ちゃんにとって、母乳を飲むことはママとのコミュニケーション手段の一つだと考えられています。そのため、ほとんどの赤ちゃんは寝る前の授乳がなかなかやめられないようです。昔は卒乳できない赤ちゃんのために、ママのおっぱいにからしを塗って無理矢理卒業させていたようですが、赤ちゃんへの精神的ショックが多いため現在では推奨されていません。

卒乳のポイント

育児中のママたちは一体どうやって卒乳させてきたのか…。母乳外来の先生や先輩ママに聞いてみました。ちなみにうちの娘はまだ卒乳できていないので、ここでは体験記はお休みです…。

タイミングを見極める

授乳以外で、1日3回の食事でしっかり栄養が取れているかをチェックしましょう。食べる量が少ないうちから卒乳してしまうと、栄養分が不足し赤ちゃんの体の発達を妨げてしまいます。

赤ちゃんに事前に伝えておく

母乳相談では、あらかじめ赤ちゃんに「もうすぐおっぱいとばいばいしようね」など予告しておくことをおすすめされました。1歳頃になると赤ちゃん自身はまだ話せなくても、ママが言っているとはだいたい理解できるようになっています。そのため、卒乳する前日ではなく2〜3週間前から伝えるようにすると、赤ちゃんも受け入れる準備ができるようです。

ぎゅっと抱きしめてあげる

おっぱいを欲しがっても、あげられないことで「ママに嫌われた」と感じる赤ちゃんもいます。赤ちゃんを不安にさせないために、おっぱいを欲しがったり甘えてきた時はぎゅっと抱きしめてあげましょう。赤ちゃんにとってママにふれあうことは一番安心できることです。スキンシップを大切にしてあげてください。甥っ子はぎゅっと抱きしめてもなかなか効果がなく、苦労したみたいですが…。

水分補給を忘れずに

食べる量が増えてくると、母乳やミルクの量も減ってきます。今まで授乳から得ていた栄養や水分が不足します。いつの間にか脱水症状を起こしていた…なんてことにもなりかねません。1回の食事で栄養が偏ってしまう場合には、おやつなどで補ってあげると安心ですね。食後やお風呂あがりに白湯や麦茶を飲ませたり、今まで授乳していた時間帯にあげると忘れにくいですよ。

赤ちゃんの水分補給については、以下の記事でも詳しく書いています。

赤ちゃんの水分補給で知っておくべきこと

2016.08.02

先輩ママの成功例を聞く

母乳育児の場合、回数や飲む量は赤ちゃんによってまちまちなので、昼間に欲しがることもありますよね。卒乳を計画中なのに機嫌が悪くなると、ついついおっぱいをあげてしまったというケースもよく耳にします。また、復職したママで昼間は赤ちゃんを保育園に預けていて、家に帰った途端思い切り甘えられるというママもいるでしょう。どのタイミングで断乳・卒乳させるかは家庭によってそれぞれなので、先輩ママに話を聞いてみるのもいいと思います。

赤ちゃんの気持ちを無視して無理矢理卒乳するのはNG!
あくまでも、こういう卒乳の進め方があるといった紹介です。赤ちゃんによってそれぞれ違うので、無理せずあせらず、様子を見ながら進めていきましょう。

卒乳後のおっぱいケア

搾乳

卒乳や断乳をすると、自然と母乳の分泌量も少なくなります。赤ちゃんに飲まれていた分が、そのままママのおっぱいに溜まったままになるので、乳腺炎を防ぐために1日1回を目安に搾乳します。私が行った母乳外来ではお風呂上りに搾乳するよう指導がありました。1日1回から、2、3日に1回、1週間に1回と徐々に日にちの感覚を開けて搾乳していくと、次第に母乳の分泌量も減っていきます。

おっぱいを冷やす

搾乳したあとに、冷たいタオルなどでおっぱいをしばらく冷やしておきましょう。放置すると、おっぱいが熱をおびてしまうので注意してください。また、アイスロンや保冷剤などを直接あてて冷やすと刺激が強すぎるので、必ずタオルに巻くようにしましょう。

ハーブティーを飲む

ペパーミントセージには、母乳分泌量を減らす成分が含まれていると言われています。母乳の分泌量が多いママは、卒乳を意識し始めた頃からペパーミントのハーブティーや、セージ茶を飲むようにしているようです。ハーブティーで卒乳サポートなら、AMOMAの卒乳ブレンドが好評です。ペパーミントやセージを含む5種類のオーガニックハーブが最適なバランスで配合されていて、口コミでの評判も高いです。たまごクラブ・ひよこクラブなどの雑誌でも数多く取り上げられています。

AMOMA 卒乳ブレンド

スムーズに卒乳したいママのために
自分に合ったおっぱいケアを
母乳の分泌量はママによってそれぞれことなります。自分に合わない方法でおっぱいケアをすると乳腺炎になったりおっぱいの病気を招くことがあります。次の妊娠・出産を予定している場合、このおっぱいケアをしないと初乳の出が悪くなってしまうこともあるようです。まぁいいやと軽く考えず、母乳外来で相談することをおすすめします。
ひつじから一言
夜の添い乳がやめられず、悩むママも多いでしょう。そんな時はパパや他の家族に協力してもらいましょう。ママとは別の人と添い寝することで、すんなり卒乳できたというケースもあります。いろいろ試しながらゆっくり進めていきたいですね。