妊娠生活の気分転換に!妊娠中の旅行の楽しみ方や気になること

妊娠中の旅行のはなし

妊娠生活の気休めに、ちょっと一息入れたくて旅行をしたいというママもいるでしょう。産後はなかなか旅行出来ないので、出産前に一度はどこかに行くのも気分転換になりますね。我が家でも、安定期に入った5ヶ月頃に電車で1時間ぐらいの温泉に行ったりしました。今回はそんな妊娠中のママに参考にしてもらいたい、妊娠中の旅行の話です。母親学級でのアドバイスや先輩ママから聞いたことも紹介しています。

妊娠中の旅行で気になること・気を付けたいこと

妊娠中の旅行はいつまでに?

妊娠中の旅行は安定期の7ヶ月頃(~27週)までに行くようにしましょう。それ以降も旅行しても問題ありませんが、妊娠後期の正産期(37週~39週)になるといつ産気付くかわからないので、遠出をすることはおすすめできません。私も臨月になる前の9ヶ月頃に里帰りで新幹線に乗る時以外は、妊娠後期に長距離移動をしませんでした。

旅行中の移動時間

目的地まで1時間前後ぐらいがおすすめです。長時間・長距離の移動は、妊娠中のママにとって負担になりますし、ずっと同じ姿勢でいることで身体がストレスを感じるからです。具合が悪くなったりお腹が張ってしまったら、途中下車して一旦安静にしましょう。飛行機はフライトの途中で離陸することが出来ないので、なるべく移動手段として選ぶことはおすすめできません。また、高速道路もサービスエリアや出口がすぐ側にあるとは限りませんし、渋滞でなかなか進まないといったこともありえます。できれば混雑している時期の遠出は避けましょう。

妊娠中の温泉はOKなの?

一昔前まで、妊婦は温泉に入るべきではないという習わしがありました。これは温泉法が定められた当時、温泉の成分などが妊婦や胎児に悪影響を与えると考えられていたからだそうです。しかし、その後の調べにより泉質などによる影響はないと医学的にも科学的にも立証されました。その結果、環境省によって定められている温泉法が2014年に改正され、入浴に関して「妊娠中(とくに初期と末期)」という文言が削除されました。これにより、妊娠中の女性も気軽に温泉を楽しむ風潮が広まるようになったのです。

 温泉に入る時の注意点
いくら妊娠中の温泉がOKだからといって、妊娠前と同じように長風呂して、サウナに入って満喫…というわけにはいきません。入浴することでたくさんの汗をかき、その上サウナでも汗をかいてしまったら脱水症状による貧血になりかねないからです。風呂場で倒れてしまい、タイルで足を滑らせ頭を打つ事故も起こっています。入浴前後に水分補給をし、長風呂やサウナは控えましょう。

旅行に持参すべきもの・宿泊施設など

宿泊旅行の場合、いつものお泊りグッズに加えて妊婦ならではのものが必要になります。先輩ママや実際に私が持参していたものをご紹介します。最近ではマタニティプランのある宿泊施設もあります。

妊娠中の旅行で持参しておきたいもの

母子手帳・診察券・保険証

急に体調が悪くなった時に、産婦人科へ直行できるよう用意しましょう。体調が悪化し、近くの病院に一時的にいくとしても保険証があれば高額な支払いを避けることができます。母子手帳ケースにひとまとめにして持ち歩くようにしましょう。

授乳服とマタニティ服のミルクティー(マザーズバッグ・母子手帳ケース)

通販派におすすめ!妊娠から出産後も幅広く使える授乳服や母子手帳ケースをお買い得価格で

持ち歩くカバンには念のためマタニティーマークを付けておくと安心です。

厚生労働省マタニティマークについて

 

パジャマ

宿泊施設の浴衣や帯は、大きいお腹を覆うのに不便です。荷物になりますが、着慣れたパジャマや部屋着があるとおすすめです。

カーディガン

移動中は冷房が効きすぎて寒いというときに、カーディガンを羽織れれば体調も崩しません。

ボディクリーム

ホテルや旅館などは空気が乾燥しがちなので、妊娠線予防のためにも保湿効果のあるボディクリームがあると安心です。私のお気に入りは、ロクシタンのボディクリーム(ボディローション)です。

妊娠線予防については、妊娠後期の記事で書いています。

妊娠後期(8~10ヶ月頃)の身体の変化と注意したいこと

2016.09.02

マタニティプランのある宿泊施設も

近年では妊娠中の女性にも楽しく旅行をしてもらいたいということで、マタニティプランのある宿泊施設も増えています。妊婦さんのための特別メニューの食事や、ノンカフェイン飲料の充実、抱きまくらサービスなどさまざまです。宿泊旅行を計画中の人は、マタニティプランのあるホテルや旅館を探してみてはいかがでしょうか。

ひつじから一言
子どもが産まれてからしばらくはゆっくりと旅行する余裕もありません。出産後にしみじみと感じますが、赤ちゃんと一緒の長距離移動はまぁ大変です。というわけで、旅行好きのママは出産前にゆったり旅行を楽しむことをおすすめします。