はじめての七五三!お参りは?写真撮影は?七五三体験記

181210_3歳の七五三_728x448

3歳のイベントといえば誕生日の他に七五三があると思います。そもそも七五三とはどんなお祝いなのでしょうか。皆さんのお祝いの仕方や、着物をレンタルするのか買うのか、どこでお祝いするのか写真はどうするのかといった疑問がたくさん浮かんできます。今回は実際に娘の七五三で調べたことやフォロワーさんから聞いたお話などについてまとめてみました。

七五三の時期や年齢はいつ?数え年でやる?それとも満年齢?

毎年行うひな祭りや端午の節句とは違い、七五三は子どもの年齢に合わせて行われるお祝いです。我が家の娘も3歳になったことで、その機会を迎えました。七五三がどんなお祝いなのか、お祝いする時期や年齢などは決まりがあるのかをみていきます。

そもそも七五三とは

千歳飴

七五三とは子どもの成長をお祝いする節目の行事のことを指します。女の子と男の子でお祝いをする年齢が異なるのも特徴です。女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に七五三のお祝いをするのが一般的なようです。

七五三の年齢にはそれぞれ意味があると言われています。最初に行われる3歳は、男の子も女の子もに髪を伸ばし始めるという「髪置(かみおき)の儀」の意味があるとされています。江戸時代に行われていた風習が元になっているようですね。

3歳の次の5歳は男の衣服、袴を着るという「袴着(袴ぎ)の儀」が元になっており、男の子のお祝いになります。そして7歳になると、女の子は着物帯を着はじめる「帯解(おびとき)の儀」に基づきお祝いをします。これらは昔、男の子が袴を着始めるのが5歳、女の子が幅の広い大人の帯を結び始めるのが7歳からだったことに由来しています。

数え年って?満年齢とどう違うの?

数字

最近ではあまり聞き慣れない「数え年」ですが、これは昔日本で使われていた年齢の数え方です。生まれた日から次の元旦までを1歳として数えます。元旦が来るたびに1歳増える数え方です。

現在は生まれた日を0歳とカウントして、次の誕生日がくると1歳年をとる数え方が主流になっています。これは「満年齢」といって、ほとんどの方が使用している数え方です。例えば2015年9月生まれの娘の場合は、数え年でお祝いする場合は2017年、満年齢でお祝いする場合は2018年になります。

七五三はこのどちらの数え方で行ってもいいと言われています。地域や家庭に合わせてお祝いしましょう。

お参り派?写真だけ派?

七五三2

神社などにお参りに行く場合は、一般的に11月15日とされています。しかし、この日が平日だったりすると行けないこともありますし、その前後は神社が大変混雑します。混雑などを避けて近年は時期をずらしてお参りする家族も増えているようです。フォロワーさんたちからは、涼しくなる9月〜12月に七五三を行ったという声を聞きました。

小さい子どもにとって着物を着たままお参りするのは大変なので、写真館で撮影のみという家庭もあります。最近では七五三専用の前撮り割引などもあるため、写真館で前撮りをして可愛い写真を保存しておき、別日に着物をレンタルして神社にお参りに行くという家庭もあるようです。

一般的に3歳の子の場合、衣装は着物+被布ですが、衣装が豊富な写真館であればドレスやタキシードなども選べぶことができます。お子さんの好みに合わせて撮影するのも一つの方法です。

お参り&写真館が半数以上

フォロワーさんたちに協力していただいたアンケートの結果はこちらです。お参りと写真館で撮影というのが半数以上の結果となりました。

衣装はネットレンタルも可能

子どもとはいえ着物など衣装を自前で用意するとかなり高額になります。アカチャンホンポでは数万円の衣装が販売されていました…。もちろん購入する家庭もあります。しかしなるべくコストを抑えたいという方にはレンタルがおすすめです。写真館でレンタルもできますが、ネットレンタルをしているサービスもあります。履物などの小物も用意してもらえるのは嬉しいですね。

フォロワーさんの中には、衣装をネットレンタルし、さらに個別で出張カメラマンに依頼して参拝の様子を撮影してもらった方もいました。

子どもに無理のないプランを

3歳の七五三の場合、着替えてお参りをして家族でお食事をして…とハードなスケジュールになると、途中で飽きて泣いてしまう…というケースもあるようです。休憩を多めにとったり、子どもにとって無理のないようプランを考えてあげてください。

我が家の七五三

七五三3

娘の場合は数え年でのお祝いではなく、満年齢3歳ではじめての七五三のお祝いをしました。

下の子の100日祝と合わせて写真だけ

3歳の娘に着付けをして神社に行ってお参りして、なおかつ下の子の相手をするのも大変だとゾッとした私。ということで、我が家は写真館で衣装をレンタルし写真撮影だけのプランにしました。その頃ちょうど下の子が生後100日頃だったため、100日祝のお写真も一緒にとることにしたのです。

女の子ということで、多少なりともおしゃれに興味をもってきたお年頃です。自分で着物やドレスを選びたくてわくわくしていました。撮影日前に写真館に行っては、衣装を見て「これがいいかなぁ」「この赤いのもかわいいなぁ」と選んだりしていました。

写真館での撮影だけでも時間がかかる…

カメラ2

我が家の七五三は写真館での撮影だけでしたが、それでも半日かかるほど大変でした。朝9時に予約していた写真館に到着し、一通りの撮影プランを決め、衣装を選び、お着替えし、撮影…という流れでした。12月はじめということで七五三本番である11月の混雑を避けたつもりでしたが、それでも撮影にくる人たちが数組ありスタジオも混雑していました。

衣装を選んで着替えるところまではスムーズでしたが、その後の撮影に時間がかかり、途中飽きてしまうこともありました。とくに100日祝の息子は眠かったようで、撮影中にぐずりそうになる場面もあったのです。

撮影するプランによっては背景を何回か変えて撮影することもあるので、早めに終わらせたい場合は背景の回数も制限しておくといいかもしれません。

子どもは飽きるのが早い…

3歳の娘は表情豊かでどの写真もほとんど笑顔でとることができました。ということで撮影したあとに写真を選ぶのですが、可愛くてどの写真もほしくてなかなか決まりませんでした。購入した写真は後ほど有料でデータ化してしてもらうのですが、それでもあれがほしいこれがほしいと悩みに悩んでいました。特に夫が娘の写真を吟味して選んでいてなかなか決まりませんでした。

撮影が終わった娘は写真選びで飽きてしまい、一緒に来てくれた義母とお店の中を探検したり、近くのスーパーでお菓子を探したりと自由行動。3ヶ月の息子は途中で眠くなり、写真館で授乳して寝かせてしまいました。

ひつじから一言
3歳のお祝いの七五三体験記、いかがでしたでしょうか?七五三のお祝いの方法は地域や家庭によって異なり、いろいろな方法があります。お子さんにとって楽しめるものだと思い出に残っていいですよね。我が家の娘と息子の成長記録もまだまだ続きそうです。

お食い初めや100日祝についてはこちらでまとめています。

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベント(お食い初めで百日祝い)

2016.05.18