授乳中ママがいる友人宅に持っていくオススメの手土産を季節別に考える

授乳中ママへのおすすめ手土産

最近腰痛に悩まされているとら、パパープルタイガーです。とらのこしは重い。先日、赤ちゃんが生まれた友人宅に出産祝いを渡す目的も兼ねて遊びに行きました。その際に、頭を悩ませたのが「手土産」です。授乳中ママは食べてはいけないものが多く、何も考えずに選ぶと大失敗をするハメになります。今回は授乳中ママがいる友人宅に持っていくオススメの手土産を、とらなりの考察を添えて季節別にまとめてみました。

授乳中のママは食べてはいけない物がいっぱい

アルコール・カフェインはNG

アルコールとカフェインNG

まず、授乳中のママには食べてはいけない・飲んではいけないものがたくさんあります。

その代表格はアルコールです。授乳中のママが摂取したアルコールは母乳を通じて、赤ちゃんに届きます。未熟な赤ちゃんの身体はアルコールを分解する機能をまだ持っていないので、アルコールは絶対に飲まない方が良いでしょう。

同様に、赤ちゃんにとっては刺激が強いカフェインも授乳中のママにはオススメできません。

カカオ豆にもカフェインが含まれているので、実はみんなが大好きチョコレートにもカフェインが含まれています。チョコレートは脂質も多く、赤ちゃんに乳児湿疹ができる可能性があるので、更にオススメできません。

母乳が詰まりやすい食べ物はNG

乳製品NG

更に、授乳中のママは母乳が詰まりやすい・母乳の出が悪くなるような食べ物はNGです。

食べ過ぎると母乳が詰まりやすくなる食べ物の代表は生クリームやバター、アイスクリームなどの乳製品です。(牛乳は1日1杯程度であれば問題なし)

乳製品は少し食べる程度であれば大丈夫と言われていますが、手土産として持っていく際には気を付けたいところ。

洋菓子全般にはバターや生クリームが含まれている事が多く、あまりオススメできません。

他にも、もち米も母乳が詰まりやすいと言われています。和菓子の中でも、白玉粉を使って作られるお団子などは、手土産として持って行かない方が無難でしょう。

その他、母乳に関する知識についてはひつじさんの以下の記事を参考にしてください。

母乳をはじめとする産後のママの身体に起こる変化

2016.05.27

体を冷やすフルーツはNG

身体を冷やすフルーツはNG

南国など暑い地方で採れるフルーツは、身体を冷やしやすいと言われています。たとえばスイカ・マンゴー・パイナップルなどの果物が「身体を冷やすフルーツ」にあたります。

普段はあまり意識していないと思いますが、乳腺炎の原因の1つが「血行の悪さ」や「冷え性」なので身体を冷やす食べ物を率先して持っていくのは控えた方が良いでしょう。

もちろん、身体を冷やさないフルーツであれば問題ありません。

南国のフルーツとは逆に、リンゴなど寒い地方で採れる果物は身体を温める効果があると言われています。

赤ちゃんに湿疹ができる可能性があるものはNG

乳児湿疹が出る食べ物はNG

授乳中のママが口にしたものは、母乳を通じて赤ちゃんの身体へと届きます。

生まれて半年位の期間に特に気を付けたいのが「乳児湿疹」です。

揚げ物などの油っこい食べ物や、スナック菓子・チョコレート・ケーキなどの甘い物を食べすぎると、大量の脂肪・糖質が母乳にも行き渡って、赤ちゃんの乳児湿疹の原因となります。

ご参考までに、赤ちゃんの乳児湿疹についてはひつじさんが以下の記事でまとめています。

赤ちゃんが一度は経験する乳児湿疹の話

2016.07.25

よって脂質・糖質が多すぎる食べ物は、手土産には控えた方が良いでしょう。

とは言っても、食べ物を手土産に買っていくのであれば否が応でも砂糖は含まれているので、気にし過ぎると何も持っていけなくなってしまいます。

油っこい物や甘い物についても、少し食べる程度であれば問題無いとされています。甘い食べ物を選ぶなら、見た目にも甘そうなコテコテのお菓子ではなく、添加物を使っていない・甘さ控えめでヘルシーな物を選ぶようにしましょう。

母乳を通じて赤ちゃんにアレルギーが出る可能性も

ほんの僅かな可能性の話ですが、まだ離乳食を始ていない赤ちゃんでも母乳を通じて卵アレルギーや小麦アレルギーになることがあります。

但し、母乳中に含まれるアレルゲンの量はごく微量です。加えて、大部分は抗体でブロックされています。よって、赤ちゃんが母乳を飲んでアレルギー症状を起こすことは稀であり、仮に起きたとしても症状が軽いことが多いです。

過度に気にする必要はありませんが、気になる場合はゼリーなど卵や小麦が含まれていない物を買っていきましょう。

とら
ここまで読んで「もう手土産に何も持っていけないんじゃないか…」と不安になっているママも多いかもしれませんね。笑 でも、安心してください。授乳中ママ誰しもが喜ぶ、身体に負担をかけない鉄板の手土産は、ちゃんとあります。この記事の最後で紹介するので、最後まで読み進めてくださいね。

何が好き?何を我慢している?を事前にヒアリング

聞く

もし聞けるのであれば、事前に「何が好きか?」「授乳中はどんな事を気にして、何を我慢しているか?」をさり気なく聞いてしまうのが良いでしょう。

直接ママに聞けるなら、それもよし。パパつながりの友人の場合には、事前にパパ経由で軽くヒアリングしておく事をオススメします。

NG食材を意識しつつ直接意見も聞いておけば、まず、地雷を踏むことは無くなるでしょう。

たかが手土産選び、されど手土産選び。育児ママへの手土産選びは気にしなければならないことが多くて本当に大変ですね…。そして、お待たせしました。次のページからは、とらが選びおすすめの手土産を季節別&鉄板に分けて紹介します!

ABOUTこの記事をかいた人

パパープルタイガー

娘を愛してやまないIT系週末開発パパ。家では自由気ままにやりたいことをやりすぎて、しょっちゅう怒られている。とらなのにひつじに弱い。じゆうきママでは主にデザイン・システム面を担当。たまにライターとしても登場する。