じゆうきママ連載50回記念!夫への育児インタビュー

50回記念インタビュー

こんにちは。黄色いひつじです。じゆうきママも早いもので投稿50回目になりました。そこで今回は特別編として、夫(パパープルタイガー)に育児についてインタビューしたいと思います。ちなみにインタビュアーは私(ひつじ)だと、素直な夫の言葉が聞き出せないと思ったので、代打のミニひつじにお願いしました。はたして我が家のイクメン(?)の働きっぷりはいかに…?!

ミニひつじからパパープルタイガーへインタビュー

ミニひつじ
というわけでインタビューにきました。代打のミニひつじです。パパープルタイガーさん、よろしくお願いします。題して、「パパープルタイガーにきく5つの質問コーナー」の始まりです。

パパープルタイガーにきく5つの質問コーナー

質問その1:育児の自己評価は何点?

ミニひつじ
自分のイクメンぶりは百点満点中何点ですか?そう思う理由を教えてください。
とら
うーん、100点満点中50点くらいでしょうか。気持ち的には80点くらいですが、家では何かとしっかり者のひつじさんに色々お任せして、やりたいことをやらせてもらっている事も多いので。娘を愛する気持ちはひつじさんにだって負けない自信はありますが、それだけでは育児の加点評価にはつながらないのが現実というものです。

質問その2:育児で得意なことは?

ミニひつじ
育児で一番得意なことはなんですか?
とら
「育児で」と聞かれると、正直得意なことはあまり無い気がしますが…週末や早く帰ってこれた日はお風呂に入れるのはとらの役割なので、お風呂で娘の身体を洗うのはだいぶ手慣れてきましたね。あとは、一緒に買い物に行くときに荷物を持ったり、ベビーカーを押したり、力仕事では出来る限り貢献するようにしています。また、朝は弱いですが夜は比較的遅くまで起きているので、娘が夜泣きした時は、駆けつけて寝かしつけています。寝かしつけについては、以前に比べるとだいぶ勘所が分かってきました。そして、あきらめない心が大事です。(どうしようも無い時は、おっぱいをあげないと寝ないですが…)あとは、ひつじさんの八つ当たりを受け流す…ではなく受け止めることは昔より得意になっているかもしれません。笑

質問その3:育児で苦手なことは?

ミニひつじ
逆にこれが1番苦手…というものがあったら教えてください。苦手なことがなければないって言ってくださいね。
とら
苦手なことは、たくさんありますね。笑 特に、手先を使った細かい作業全般が不得意なので娘の洋服を着替えさせるのは大の苦手です。特に小さなボタンを1つ1つ付けていって、一個ズレていた時は発狂しそうになります。動き回るようになってからはオムツ替えも苦手になりました。娘とふたりでいる時を除いて、オムツ替えはいつもひつじさんにお願いしちゃってます。

質問その4:新米パパへのアドバイス

ミニひつじ
育児疲れで産後クライシスに陥る夫婦が多いようですが、新米パパたちに言っておきたい、家庭平和を守るためのアドバイスはありますか?
とら
夫婦のカタチは家庭によってそれぞれですが、一般的には子育ての負担はママにがかかることが多いと思います。「パパだって仕事が忙しい!」「直接的な子育て以外にも家庭のためにやるべきことをちゃんとやっている!」と、子育て以外の他の事を天秤にかけてママの言動を不憫に思うこともあるかもしれません。しかし、そこは一旦別で考えて、パパはママ以上に歩み寄って上げることが大事だと思います。以前に「ママにストレスを溜めさせないためにパパができること」という記事で、とらなりの考えをまとめているので、よかったら参考にしてください。

ママにストレスを溜めさせないためにパパができること

2016.05.31

質問その5:世の中のママに一言

ミニひつじ
ひつじさんを含めた世のママたちに一言お願いします。
とら
パパの言動にイラっとしてしまうことも多いと思いますが、世のパパも仕事をしながら自分なりに育児に貢献しようときっと頑張っています。イラっとした時でも一呼吸して、どうか寛大な心で接してあげてください。笑
ミニひつじ
パパープルタイガーさん、ありがとうございました!これからも、家庭の平和を守るためにいろんなものと戦ってください。それではここで代打のミニひつじは失礼します。ごきげんよう!

インタビューを終えて

なるほど…。パパープルタイガーさんの心の中がよくわかりました。子育ては、夫婦お互いにイライラがたまりやすいんですね。イライラしたら発散しないとどこかで大爆発をしかねないので、少しずつでもイライラの原因について夫婦で話し合うことが大事ですね。多少の口論や小競り合いになっても、後々家庭崩壊しないためにちゃんとお互い向き合うことが大切だと思います。

赤ちゃんのお世話と一言で言っても、人によって得手不得手があるようです。赤ちゃんの着替えなど細かい作業が苦手なパパも、赤ちゃんと散歩したり遊んだりしてママの負担を軽減してあげられます。世のパパたちもパパたちなりに一生懸命やっているので、ママたちは出来なくてもイライラしたり怒ったりしないであげてくださいね。

我が家の場合は短気な私が、わりとのんびりタイプの夫に八つ当たりがてらビシバシ指摘するというのが日常茶飯時になりました。例えば食器を洗わずに放置したり、朝ちっとも起きてくれないときにイヤミを行ったり…。私の怒りがピークを超えて沈黙モードに入ったときは、夫は為す術なくひたすら謝ってきます。笑 まあ今回のインタビューでも頑張りが見えたので、八つ当たりも少しだけ控えようかなと思います。

ひつじから一言
そんなこんなで投稿50回、これからもじゆうきママをよろしくお願いします。ミニひつじの正体はまだ明かせませんが、次回もインタビュアーとして登場するかも…??