里帰り出産のメリットと気を付けたい点

里帰り出産のはなし

妊娠が発覚し、だんだん大きくなるお腹を見て「さて、どこで出産しようかな?」と思うこともあると思います。親元を離れた単身世帯の場合、産婦人科の選択肢は2つあります。1つは現在住んでいる近くの産婦人科、もう1つは親が住んでいる付近の産婦人科です。私も姉も第一子は里帰り出産で、姉は第二子のときは自宅付近の産婦人科で出産しました。そんな里帰り出産のメリットや気を付けたい点などについてまとめています。

里帰り出産のメリット

退院してからが安心

退院後の食事・洗濯・掃除…赤ちゃんの世話をしながら家事なんてなかなか出来ません。出産を経験すると分かりますが、1~2週間はおしりが痛くて痛くて階段の登り降りだけでいっぱいいっぱいなのです。ましてや家事全般なんて…。身体を休めるためにも、里帰り出産の時は他の家族に存分に甘えましょう。ただし、家族といっても家庭は別々です。常識の範囲内にしましょうね。

気が紛れる

私だけかもしれませんが、新生児の赤ちゃんは寝ている時は天使のように可愛いのに、泣き喚く姿は悪魔のように見えていました。いきなり泣いて喚く…しかも泣いている原因がわからない…そんな赤ちゃんとずっと一緒にいるとさすがに疲れてきます。ちょっとでも抱っこを変わってくれたり、ママが1人の時間を作ってくれるのが他の家族の存在だと思います。産後1ヶ月はまだ悪露が出るので湯船には疲れませんが、シャワーをゆっくり浴びれるというのがほっとする時間でしたよ。

買い物はおまかせ

ママ自身は退院してからは赤ちゃんのお世話でほぼ外に出ることができません。必要な物はネット通販やインターネットショッピングで購入することもできますが、急にあれがほしくなった・足りなくなったという時には、パパの他に頼れる人がいるのは安心できることです。

親孝行できる

何より、孫の顔が近くで見れるのは一番の親孝行かもしれませんね。私の父は、1ヶ月健診が終わってからずっと娘と一緒にお風呂に入っていました。お風呂に入れたくて仕事を早く終わらせていると言っても過言ではないようです。

里帰り出産で気を付けたい点やデメリット

24時間一緒にいてくれるわけではない

たとえ親と言っても仕事をしている場合は、日中不在にすることが多くなります。パートで働いているとしても、朝早くから夕方近くまでは家にいません。その間はずっと赤ちゃんと二人きりです。家族の仕事が長引いた時は、里帰り中でも自分1人で赤ちゃんの世話をするというのも頭に入れておきましょう。

上の子の幼稚園(保育園)

姉は長男が4歳の時に次男を出産したため、幼稚園の送り迎えのことも考え、次男のときは自宅付近での出産を選びました。旦那さんが仕事の平日は、お互いの親が交互に泊まりに来て、長男の相手をお願いしたそうです。上の子が幼稚園や保育園に通っている場合、里帰り出産は物理的に難しいですね。

いざ自宅に帰る時の移動が面倒

里帰り先も人それぞれで、車で3~4時間、新幹線で1時間、はたまた飛行機で…いろいろあるでしょう。新幹線や電車での移動中に大泣きしてしまうと車内には居づらくて一旦降車することもありえます。車の場合も、渋滞に巻き込まれるとなかなか進まない上に、ぐずりだす赤ちゃんをあやすために度々停車したり…2時間の予定が4時間近くかかってしまったということもあるでしょう。赤ちゃんとの移動は一大事です。他の家族の協力してもらい、どのように自宅へ戻るのかを考えておきましょう。

パパとなかなか会えない

寂しい思いをしているのはパパだけではありません。赤ちゃんと一緒にいるママだって寂しくなります。とくに産後は「産後うつ」が心配されていて、寝不足やストレスによる育児ノイローゼにかかりやすい環境にあります。そんな時に、話を聞いてくれるパパがそばに居てくれると安心します。電話やメールでこまめに連絡を取り合いましょう。

事前に親元に確認しておこう

もしも里帰り出産をするときは、事前に親元に許可を取りましょう。きっと大丈夫と思っていても、仕事の都合で長期不在にしていたり、祖父母の介護をしていた…なんてこともあるかもしれませんよ。自分の親と言っても、もう別の家庭です。「赤ちゃんと生活するスペースがあるか」「いつ頃戻るのか」などを、事前に確認することがポイントです。

ひつじから一言
いかがでしたか?里帰り出産だと、他の家族のフォローもあって比較的赤ちゃんとの生活も楽かもしれませんね。今は単身世帯が増えているので、この記事が里帰り出産を考えているママの参考になればと嬉しいです。

その他、出産に関する記事は以下を参考にしてください。

出産後に必要な手続きと申請できる助成金・給付金

2016.05.11

出産入院中のママの生活

2016.05.09

いざ出産!

2016.05.08

正しい出産の知識を身につけるために母親学級に参加しよう

2016.05.07

実際に使ってみてよかった産後のための出産入院グッズ

2016.05.06

里帰り出産のはなし

お気軽にコメントください

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA