いざ出産!

いざ出産

個人的な話で参考になるかわかりませんが、私のお産体験についてお話したいと思います。予定日を過ぎてもなかなか陣痛が訪れずイライラが募る中、夫とは陣痛促進剤のことが原因で口論に。そんなもやもやとした日々を過ごしながら、いよいよ明日は入院して計画分娩というタイミングで、痛みは突然訪れたのです。

予定日を過ぎてもなかなか訪れない陣痛

陣痛促進剤に大反対の夫

予定日の40週0日に妊婦健診に行きましたが、全く産気づかず一旦帰宅…。担当の先生と相談し、病室も比較的空いていたので1週間後の41週0日に入院して陣痛促進剤を打ちながらお産に備えることになっていました。夫は当時、陣痛促進剤を使用したお産についてのイメージがネガティブだったらしく「絶対陣痛が自然に来るのを待ったほうがいい!!」と大反対。早く出産して大きなお腹からさよならしたい私の気持ちを全く汲みとってくれない一方的な意見にイラッとし「じゃあ、40週6日までに産まれなかったら往復ビンタさせて!」と勝手に約束させました。売り言葉に買い言葉ということでしぶしぶOKした夫でしたが、ネットでの陣痛促進剤を使用した出産の話を延々と語ってました…。陣痛促進剤の使用量や使用時間は個人に合わせて調整してもらえるし、使用したからといってお産が楽になるか分かららず不安なのはママも一緒なのです。周りの人があれこれ言うべきじゃないと思うのです。そもそもお前、産めないだろ!!

タイミングを合わせたかのように訪れた突然の痛み

かくして問題の40週と6日の夜、いよいよ明日は入院して陣痛剤を使った計画分娩、そして往復ビンタの執行日だと夫婦でそわそわしておりました。夫は私の入院に合わせて、私の実家にスタンバイ。そして夜中の2時半、それは突然始まりました。

ズーン。

突然、下腹部に鈍い痛みがしたのです。その痛みは15分おきに続いていました。いつもと違う、味わったこともない痛みに驚いてトイレに行ったところ、おしるしがあったのです。当時、私たち夫婦は実家に里帰りをしており、急いで寝ている夫と母を起こしました。産院にも連絡し、氏名・診察券番号・陣痛の間隔がすでに15分おきだということを伝え、病院に直行しました。痛みが続く中、よく冷静な対応ができたなと思います。

急いで病院へ

陣痛室には先客のママが

そして病院到着後、夜間ということもあり夜間通用口から2階のナースステーションへ。この時すでに10分間隔でズーン、ズズーンと鈍い痛みが…。正直階段を上がるのもやっとでした。看護師さんに指示されるまま、陣痛室に入って入院服に着替え、母子手帳や出産後のネグリジェを預けました。個人病院なので陣痛室にはベットが2つしかありませんでしたが、私が入室したときにはすでに前の晩から陣痛が始まっていた人いました。痛み続けてはや6時間と言っていたので、この痛みが数時間はきびしいなぁとぼんやり思ったのを覚えています。

激痛で「早く時間が過ぎろ」と祈ることしかできない

陣痛室に入った時、子宮口は5cm開いている状態で陣痛の間隔は5分ぐらいになっていました。自分では痛すぎてただただ早く時間が過ぎろと祈ったまま5分間隔の痛みが20~30分続き、下半身から水が出てきた感覚がしたので、これが破水か…もう限界…!と思ってナースコールを押しました。そのまま分娩室に移動した時には、子宮口は8cmほど開いていたようです。付き添いの夫いわく、急激に悶える妻に為す術がなくひたすら腰をさすっていたそうです。意識は痛みに集中していたのであまり覚えてないのですが、声をかけてくれたり腰をさすって気遣ってもらえるだけでもありがたかったです。

いよいよ出産の時

分娩室に入り、陣痛の間隔も2~3分ほどになって分娩台でいよいよその時が来るのを待っていました。私は初産だったので、会陰部分が裂けないように切開の施術を受けました。正直、局部麻酔の効果もあったのと陣痛の痛みがとんでもなかったので切開の痛みはほとんどなかったのを覚えています。(会陰切開については、以下の記事で詳しく説明しています。)

正しい出産の知識を身につけるために母親学級に参加しよう

2016.05.07

看護師さんに言われるまま呼吸法やいきみを繰り返していましたが、何度目に「次いきむときにでますよーがんばってー」と声をかけられました。立ち会い出産だったので、夫もここで合流です。

「はい、いきますよー1、2、3!!」

おもいっきりお腹を押され、激痛が走った次の瞬間、念願の赤ちゃんが出てきました!!最初の陣痛が始まり約4時間半、初産にしては超短時間での出産だそうです。

その後は全身汗まみれだったので、看護師さんに顔や身体を拭いてもらった後着替えさせてもらいました。赤ちゃんも身体をキレイに洗ってもらい、産院の服を着てお互いご対面。産まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃです。それでもちゃんと大きな声を出して泣いていました。写真撮影も終わり、赤ちゃんは新生児室へ移動し、夫も一時帰宅。私はしばらく分娩台の上でお腹を冷やし安静にしていました。ただし、いたるところが痛むので全然寝れませんでしたが…。個室に戻る際にも、歩けずに看護師さんに車いすを押してもらいました。

この後の出産入院中の生活については、以下の記事で紹介しています。

出産入院中のママの生活

2016.05.09
ひつじから一言
お産にかかる時間は本当にひとそれぞれです。後から聞いた話ですが、私と一緒に陣痛室に入っていた人は私の出産の12時間後に無事出産しましたが、なんと陣痛室に丸一日こもっていたそうです。初産の人は経産婦の人に比べて特に時間がかかると言われています。24時間マラソン並みに体力を使うと聞いたことがあります。まさしく!と思うぐらい体力のいるイベントでした。妊娠中から歩いたりスクワットしたりで体力つけててよかったかなと思います…。