妊婦の強敵「つわり」の原因と対策

妊婦の強敵「つわり」の原因と対策

つわり(悪阻)は妊娠発覚後、女性なら誰もが聞く言葉でしょう。つわりの症状や期間はかなり個人差があり、妊娠発覚後から出産までつわりに襲われた人もいますし、出産までつわりにならなかった人もいます。かくいう私も妊娠中につわりの症状が軽すぎたのか、妊娠していること自体なかなか気づきませんでした。今思えばあれがつわりだったのか…という感覚です。今回はそんなつわりのお話です。初産のママも、経産のママも参考程度に読んでもらえると嬉しいです。

つわりが起こる原因と症状

なぜつわりになるの?

実は医学的にもつわりの原因は明らかにされていませんが、ホルモンバランスや妊娠による体質の変化という説があります。また、心理的な影響も加わりやすいとの説も出ています。多くのママを悩ませるつわり、原因がわからないというのも強敵である理由の一つでしょう。

つわりになる時期

個人差がありますが、妊娠初期に始まり安定期と言われる妊娠4ヶ月前後まで続く人が多いようです。これは胎盤が完成する時期がこの頃とされていて、胎盤が未完成の時期ほどつわりになりやすいと言われています。よくテレビドラマなどでも、妊娠発覚のきっかけとして女性が吐き気や立ちくらみを起こすシーンがあります。つわり=体調不良のイメージが強く、つわりが来てもしかして妊娠かも…と妊娠に気付く人が多いようです。

つわりの症状

一般的につわりの症状は多様で、ひとくくりにできません。経験したママたちが「これがつわりか!」と思ったものを挙げてみますね。自分のつわりのタイプを見つからない場合もあるのでご理解下さい…。

臭いに敏感になる

特に食べ物(冷蔵庫の中・炊きたてのご飯など)の臭いがダメで、家族の食事やお弁当作りを断念したママも。

食欲が減るまたは増える

味覚の好みが変化し、それまで好きだったものが嫌いになったり、嫌いだったものが好きになったりするようです。

吐き気がする、嘔吐

これはつわりの定番中の定番ですね。友達は気持ち悪すぎて胃の中を空っぽにしたいと言っていました。

唾液が増える

ホルモンバランスの影響で、唾液が増えて余計気持ち悪くなる人も。

眠気

とにかく眠くなるようです。夜たっぷり寝ているのに、昼間急に眠気が襲ってくるという人も。

頭痛、全身がだるくなる

私は長時間同じ姿勢でいると全身がだるくなったりして、気分が悪くなりました。打ち合わせなどではこまめに体勢を変えたり、バレないようにしていましたよ。

つわりの対策

つわりの症状によって異なりますが、他のママが実際にしていたことやネットでのおすすめ事例を紹介します。

症状別のつわり対策

臭いに敏感な人

なるべくならその臭いの原因から遠ざかるようにしましょう。料理を作るのがつらい時は思い切ってスーパーのお惣菜に頼ったり、パパに作ってもらったりすると気が楽になります。つらい時は無理して冷蔵庫を開けたり、ご飯を炊かなくても良いのです。

吐き気がつらい人

食べられるものを食べられるときに食べましょう。レモンやグレープフルーツなどの柑橘系は口の中がさっぱりしますし、ジュースでも摂取しやすいですね。他には口当たりの良いゼリーやグミなどで乗り切ったというママもいました。吐き気を軽減するには生姜やビタミンB6類(ゴマ・海藻など)が効果があるようです。

唾液が止まらない人

溜まった唾液をすぐに出せるようにハンカチやティッシュを常備しましょう。自宅にいる時であれば、ペットボトルを使っていたというママもいましたよ。

眠気がひどい人

思い切って寝てしまうのがベストですが、仕事でなかなか…という時はガムを噛んだり簡単なマッサージなどで気を紛らわせましょう。ずっと同じ場所にいるとますます眠くなるので、可能であれば5分ぐらい散歩すると眠気が覚めますよ。

頭痛がひどい人

医師の診断のもと、薬を処方してもらってください。妊娠中は赤ちゃんへの影響が出ないように、市販の薬は飲まないのが基本です。

その他

漢方やツボなどを推奨しているサイトも多いですが、正しいツボを押せなかったりすることもあるので、お医者さんに診てもらうことをお勧めします。

つわりの症状は人それぞれ

つわりは本当に人それぞれです。例えば、1人目は軽かったのに2人目になるとひどく悩まされたというママもいます。1人で悩まないで、思い切って周りの人に相談してみましょう。最近では保健所などで妊婦向けの相談会も開かれています。先輩ママの話や助産師さんに話を聞いてもらうだけでも違いますよ。

そして、なるべくなら無理をしないように心がけましょう。仕事中のママであれば少し早く起きて満員電車を避けたり、昼食を早く切り上げて昼寝の時間に充てたり…少しでも身体をいたわってあげてください。

妊婦にとってつわりは妊娠最初の困難と言われるぐらいつらいことです。パパや他の家族はそんなママをサポートしてあげてくださいね。

ひつじから一言
パパが良かれと思ってやったことも、ママにとっては…ということも度々あるでしょう。ママが冷たい反応の時でも、パパはぐっと我慢してあげてください。ママも情緒不安定になり、責められるとさらに気持ちが落ち込んでしまいます。「今だけ、今だけ!妊婦だから!!」と割り切って接してあげてください。家庭クラッシュしないためにも!我が家は夫の影ながらの努力で乗り切ったと言えましょう(笑)