育児ママを怒らせがちなパパに贈るママの本音の話

育児ママを怒らせがちなパパに贈るママの本音の話

子どもが生まれてから、ママからのあたりが厳しいとひしひしと感じるパパは少なくないと思います。中には、会社で仕事してるんだから家ではのんびりやらせてくれと言ったら最後、ママからのクレームの嵐が始まるという人もいるでしょう。なんでママが怒るのか、なんでパパが怒られなくてはいけないのか?我が家やTwitterのフォロワーさんのお話を参考にまとめてみました。夫婦のギスギスをスムーズに解決できる…かもしれないので、チェックしてみてください。

パパはそもそもなんで怒られるの?

家事も手伝って育児も協力しているはずなのに、なんでこんなに怒られなくてはいけないのか?疑問に思うパパもいるかもしれません。夫婦の性格的なこともあるかもしれませんが、ママがパパに対してイライラする原因をまとめてみました。

子どもが泣いているのに協力してくれない

子どもが泣いているのに、ママだけが対応していることってありませんか?そのとき、パパは何をしていますか?まさかスマホやパソコンをいじっていることはありませんよね?だとしたら、怒られるのは当然です。育児はパパとママが協力するもの。パパが仕事をしている時、ママはいつも子どもと一緒にいます。パパが居るときぐらい子どもの世話をお願いしたいのが本音なのです。それを見向きもしないで自分のことにばっかり集中していたらもう火に油です。子どもが泣いているのに、見向きもしないで何をやっているんだとイライラしてしまうんですよ。

子ども中心に考えられない

ママに「オムツ替えといて」「ミルク作って」と言われて「今〇〇しているから無理だよ」「ちょっと待って、今××しているから」と断っていませんか?赤ちゃんの機嫌が悪くならないうちにやってほしいというのがママの本音なんですよ。ママが他の家事で手が話せない時、頼れるのは育児のパートナーであるパパです。子どものことでお願いされたら、重い腰をあげてささっと済ませてください。だいたいは5分以内で終わることがほとんどですし、断り続けるとママのイライラが募り、あとで更に何か言われます。

いつまでも寝ている

パパが仕事で疲れているのは、ママも痛いほど分かるはずです。しかし、自分が子どもの世話をしている最中に、目の前で寝ていたりダラダラされて気持ちい人ってなかなかいないと思うんです。「休みの日ぐらいゆっくりさせてくれ…」ついつい口走ってしまうこの言葉も、「あなたが仕事している最中ずっと育児している私はもっと疲れているのよ!」とママを逆撫でる事になりえます。

ママの小言に逆ギレする

ママからいろんなことを言われて、つい口答えすることって多いと思います。しかしこれ、逆効果もいいとこなんですよ。結構な確率でしっぺ返しを食らうし、口ケンカが始まる原因にもなります。ママが「キー!」っとなった時のパパの態度は一歩誤ると大惨事です。

実際にママはどうしてほしいの?教えて、ひつじさん!

今回はママがどうしてほしいのかを、育児ママである私がお答えしようと思います。Twitterでのフォロワーさんのつぶやきも参考にさせてもらいました。

子どもが泣いている時は…

とりあえず何かしている手を中断してでも子どものことを気にかけてほしいですね。大人が二人いるんだし、ママに任せていいだろうという甘い考えは捨ててほしいです。とくに新生児の頃からの夜泣きはママにとってかなりのストレスです。熟睡しているところを叩き起こされるのを毎日繰り返されるのですから。パパも眠いのでしょうが、どうか寝たふりをしないで一緒に付き合ってあげるぐらいの優しい心を持ってください。

子ども中心の生活にシフトして

子どもが生まれたら夫婦二人だけの生活ではないことを早く自覚してほしいですね。子どもが生まれる前に習慣でしてたことも、諦める覚悟が必要です。ママが子育て中に諦めていること、いくつあるか知ってますか?妊娠中から授乳中は飲酒・食事制限もあるし、朝も夜も自由時間なんて全然ないんです。子どもが増えたらもう戦場なんですよ。パパばかり自分のペースで生活していたら、それはママから恨まれますよね。

寝るな!とは言いません…

朝眠いのは誰でもそうでしょう。ママが朝子どもの身支度を済ませ、朝食を用意し、洗濯・掃除をしている間にパパは何をしてますか?その数時間ずっと寝ていたりしてませんか?懐の深いママであれば「たまの休みだからゆっくりさせてあげよう」と思うのかもしれませんが、私は日頃の育児疲れから「いつもよりもう数時間も寝ている!私がこんなにやっているのに、まだ寝ている…!!!」と段々イライラしてきます。ママの負担を減らすためにも、休みの日にゆっくり寝たいときでもほどほどにしてあげてくださいね。

 ごめんの一言で済むのに…
出しっぱなし、やりっぱなし、開けっ放し、電気つけっぱなし…毎回毎回こちらも言いたくないんです。しかし、そういう状態を見るたびに「前にも言ったのにまたやっている!」と小言を聞いて「こっちだって忙しいんだ!」と逆ギレしたりしてませんか?または最初は「ごめんごめん。次から気を付ける」と言って、次も同じようなことしてませんか?こちらが指摘した時に素直に謝って次回はしない方にしてほしいのです。謝るどころか逆ギレされると、育児で溜まりに溜まったストレスをさらに刺激するんですよ。できれば早急に直したほうが夫婦関係のためでもあります。

ひつじから一言
はっ…気がついたらグチになっていました!今回、夫のとらさんとの質問形式でママの大変さやなぜパパが怒られるのかをディスカッションしようかと提案しましたが、そのピリピリした空気を感じ取ってか出演NGをくらってしまいました。野生の勘というやつでしょうか。とらだけに。

ちなみに娘が1歳半になった今日このごろ、夫はようやく少しずつですが「父親」の自覚がでてきたのかもしれません。これやってくれたら嬉しいな〜というポイントを抑えてくれるとこちらとしても助かります。