失敗してぱっつんにならない切り方は?赤ちゃんの前髪カットの話

赤ちゃんの前髪カット

赤ちゃんの髪の毛が伸びてくると、自然と前髪も伸びてきます。目に入ると危ないので、カットしてあげる必要があります。まだじっとしていられない赤ちゃん、切っている最中に動いてしまい、思わず切りすぎてしまった!という経験をしたママも多いはずです。今回は誰もが経験する赤ちゃんの前髪カットのお話です。Twitterで共有してもらった切り方なども紹介するので、参考にしてみてください。

月齢によって髪の長さはそれぞれ

赤ちゃんの髪の毛の話でも紹介していますが、髪の伸びる早さは子どもによって全く違います。生まれたときからフサフサで、2〜3ヶ月に1度のペースで前髪をカットしたり、1歳を過ぎても髪の毛がなかなか生えてこなかったりとさまざまです。

赤ちゃんと髪の毛の話

2016.10.14

前髪カットのタイミングは?

前髪の伸び方も赤ちゃんによって違うんです。例えば娘の場合は夫に似た髪の毛の生え方をしているため、真ん中から束になって伸びてくる割に、サイドからはなかなか伸びてきません。なので必然的に中央部分を切る機会が増えます。タイミングとしては、ちょっと目に掛かりそうな箇所があればカットしてあげるのが良いと思います。しかし、前髪も均等に伸びる子もいれば、一部分だけ伸びる子もいるので、目に掛かりそうな部分だけカットしてあげるのもいいですね。

ママが赤ちゃんの髪を切るときに面倒だと感じることは…

美容師さんのママだったら困ることは無いですが、大半のママは髪を切ることに関しては素人です。ママは赤ちゃんの髪を切る時(または切った後)に、以下のような悩みを抱えています。

  • 赤ちゃんがじっとしてくれない
  • 前髪が一直線になる
  • 切りすぎてしまった

前髪カットだけでも一苦労

他のママと話していても話題にあがるのですが、赤ちゃんの髪を切るのはけっこう大変なのです。とくに手足を自由に動かせる月齢や、歩き回ったりするようになるとじっとさせることで一苦労でしょう。そしていざカットの段階になって、思うようにカットできずに切りすぎてしまったり…。たかが前髪、されど前髪、なかなか難しいのです。

母の挑戦

娘が1歳3ヶ月を過ぎた頃、前髪の一部分が目に掛かりそうなぐらい伸びていたので、切る決心をしました。実はこれがはじめて娘の髪を切る機会でしたが、リサーチもなくハミガキの要領でひざにゴロンと寝かせて切ったのです。ちなみにハサミは赤ちゃんの爪を切るベビーバサミを使用しました。最初はおとなしかった娘も途中で動き出し、結果はみごとに眉毛の上でぱっつんに…。思わずTwitterでつぶやいたのが下の写真です。

前髪カットで使うもの

ハサミ

1〜2歳の赤ちゃんであれば髪の毛はまだふんわりとしていることが多いので、前髪なら大人用のヘアカットバサミを使わなくてもベビーばさみで充分カットできます。3〜4歳以上の子どものヘアカットの場合は、ヘアカット用のハサミとボリュームを抑えるすきバサミがあると便利です。

ガーゼまたは化粧筆(メイク筆)

切った髪が目に入らないように、ガーゼや化粧筆(メイク筆)で払えるようにしましょう。赤ちゃんの髪の毛は細かく、顔にかかるとむずむずしますし、目に入ると痛いものです。

髪の量が多い赤ちゃんはケープを用意

全体的に髪の量が多い子は、前髪の量も必然的に多くなります。カットした時に周りに髪の毛が落ちないように首にケープを巻いておくと服や肌に髪の毛がつかずに便利です。

終わったら掃除機がけを
床に髪の毛が落ちていることになるので、カットが終わったら掃除機がけをしましょう。赤ちゃんの毛は細かいので、ホウキなどでの掃き掃除だけでは取り切れないことがあります。

初めてでも切りすぎないカット方法

セロテープで固定させる

髪の毛が軽く、ふわふわしている赤ちゃんの髪はとても切りにくいのが特徴です。普段はそれが可愛いポイントなのですが、カットの時にはやっかいになります。そんなお悩みも、セロテープで固定させることで解決できます。前髪をどの長さで切るかを決め、そこに合わせてセロテープを張ります。セロテープであれば終わった後に簡単に外せますし、髪が抜ける心配もありません。セロテープ以外も、マスキングテープなどの粘着力が弱いものを使うことをおすすめします。ただし、赤ちゃんの機嫌が悪いとセロテープを外されることがあるので、比較的機嫌がいい時にカットしましょう。

前髪をすくってカット

フォロワーさんから教えてもらったぱっつんにならない方法です。前髪を額に添わせずに、すくって持ち上げて切るとぱっつんになりにくいみたいです。ママが子どもの後ろにスタンバイし、人差し指と中指で前髪を固定させカットします。赤ちゃんが髪の毛を切るということを理解できるぐらい大きくなったら試してみたいと思います。

いつカットするの?自宅で切る時の注意点

ハサミを使ってカットするため、赤ちゃんが動いてしまうと危ないですよね。そしてハサミが自分に向かってくるのを嫌がって泣いてしまうという赤ちゃんもいるでしょう。

好きな番組を見ている時に

赤ちゃんが好きなテレビ番組やDVDなどを観せている最中にカットします。お気に入りの番組であればかなりの確率でおとなしくしていてくれるので、失敗する確率がぐんと低くなりますよ。

他の人が気を紛らわせる

ママと二人の時にカットすると、どうしてもハサミやママの行動に目がいってしまいます。そうなると嫌がって中断してしまうなんてこともしばしば。パパや他の人に赤ちゃんの相手をしてもらっているすきにカットしましょう。前髪であれば量も比較的少ないので数分で終わります。

機嫌が悪い時は諦める

赤ちゃんは機嫌が悪いとじっとしていられない子がほとんどです。そんな時に前髪カットを企ててもまず無理でしょう。機嫌が悪くなったら早々に諦めて次のチャンスを狙いましょう。

ひつじから一言
今回のお話は、私の最初の挑戦が失敗に終わった経験をもとにしてみました。娘は比較的髪の伸びるペースは遅いので、次回は半年後ぐらいにチャレンジすることになりそうです。次は一直線にならないように、先輩ママたちのアドバイスを参考にします!