もうすぐ出産!上の子とどう付き合う?安産のために臨月で試したことは?

181125_臨月と子供の付き合い方_728x448

二人目のマタニティライフももうじきゴールが見えてきた臨月の頃。お腹も大きくなり、里帰りも完了してあとは出てくるのを待つばかり。今回は、上の子がいるママ向けに臨月の過ごし方についてまとめてみました。臨月でなかなか陣痛がこないと不安な気持ちを抱えるママもいるでしょう。安産に効果があり、臨月に行うといいとされるスクワットなどの運動や注意点、下の子の出産予定日のアンケートなど、私自身が気になっていたことに触れています。

上の子と遊ぶとき気をつけること

二人目以降の出産の場合は、上の子に合わせて外出などが自然に多くなると思います。外出時はいつも以上に気をつけるよう産婦人科の先生から言われていました。特に3歳近い娘の動きは日に日にダイナミックになっており、ときには私のお腹に赤ちゃんがいることを忘れてるかのような動きをするときもありました。

抱っこはほどほどにしないと…

抱っこ1

まだまだ甘えたい年頃の場合、ママに抱っこをせがむ場面も多いでしょう。しかし、大きいお腹で抱っこするのは一苦労ですよね。座って抱っこしたり、立っている場合でも歩かずにその場だけとなるべく気をつけてください。ただでさえ大きいお腹は腰などに負担がかかります。さらに子どもを抱っこするとなると、ママの体が悲鳴をあげることも…。我が子が恋しい気持ちはわかりますが、抱っこはほどほどにしましょう。

娘もまだ3歳前で甘えん坊だったので、椅子に座りながらだっこしたりしていました。たまに立って抱っこをせがむことがあったので、お腹の中の赤ちゃんに「これからお姉ちゃんだっこするね…ちょっと我慢してね…」など話しかけたりしたものです。

車や電車での移動

車に子どもを乗せる機会がある場合、チャイルドシートに慣れさせることをお忘れなく。お膝に乗せるのもありですが、高速などはチャイルドシートをつけることが義務付けられています。ママのお膝が大好きな子も、ちょっとずつ慣れさせておくと、産後も楽です。

3〜4歳ぐらいの子どもでしたら、簡易シートのようなチャイルドシートもあります。コストを少しでも抑えたいというママには、新品ではなくフリマアプリなど中古品も人気です。

電車や新幹線といった公共交通機関を利用する場合、一人分のイスの幅が狭いこともあります。子どもを膝に乗せるときは、子どもの足が隣の方に当たらないよう気をつけましょう。電車などで抱っこする際、娘は足を広げる癖があり、夫が抱っこしている際に一度隣のおじさんに怒られたことがあります。。

階段に気をつけて

大きなお腹だと階段の上り下りも一苦労でしょう。とくに降りる際は足元が見えづらいので気をつけてください。子どもと一緒に階段を降りる際も、手すりを使ってバランスを取りながら降りましょう。

駅の階段はもちろん、ショッピングセンターなどのエスカレーターも、踏み外さないよう気をつけて上り下りしてください。

出産・入院準備は臨月までに揃えておく

臨月とはいわゆる妊娠36週~39週のことです。出産予定日は通常は妊娠40週0日とされていますが、出産予定日当日に産まれてくる赤ちゃんは20人に1人と言われています。そのため、ほとんどの赤ちゃんは予定日の前後に生まれてくるのです。中には1週間以上早く生まれてくる赤ちゃんもいますし、2週間経ってもなかなか出てこない赤ちゃんもいます。

いつ入院してもいいように準備を

病院

いつ生まれてくるかわからない時期なので、出産の兆候がいつきてもおかしくありません。入院準備はなるべく早く完了させておくと安心です。下記のような症状が出たときは、産院に連絡して対処しましょう。

  • 出血(おしるし)
  • 破水
  • いつもより胎動が少ない
  • 30分以上お腹が張る(硬くなる)

もし陣痛がきたら?

臨月になったらいつ陣痛がきてもおかしくないと言われています。二人目以降の出産(経産婦)の場合は陣痛の間隔が15分になったら、初産の場合は10分間隔になったら産院に連絡するよう指導がありました。

ちなみに不規則な痛みや、強い痛みが続かないことを前駆陣痛といいます。出産につながらない陣痛なので、偽陣痛とも呼ばれています。お腹が痛いなぁと感じた場合は、前駆陣痛か本陣痛か見極めるために間隔をメモしておきましょう。

記録する自信がない…という場合にはアプリを使って陣痛の間隔を記録する方法もおすすめです。

二人目といってもいつ出てくるかわからない…

一人目の出産が予定日よりも早かった・遅れていたといって、必ずしも二人目も同じとは限りません。ママの体質にもよるそうですが臨月に入って予定日ちょうどに出てきたという赤ちゃんはほとんどいません。そしていざ陣痛が始まったら家にはなかなか戻れません。産院によって用意するべきものは異なります。案内を見て漏れがないかチェックしましょう。

フォロワーさんたちの二人目(三人目)の出産は予定日より早かったか、遅かったのか、それとも予定日ちょうどだったのかアンケートをとってみました。協力してくださった結果はこちらです!

産後よく使っていたグッズなどに関しては、こちらのお話でまとめています。

産後に退院してからすぐに役立つママと赤ちゃんのおすすめグッズ

2016.05.12

安産のために臨月のときに試したこと

一人目の出産は約4時間半、二人目の出産も短時間の安産だといいなと考えていたので、安産のために何がいいのかをいろいろ調べてみました。

世の中に出回っている安産情報の中には迷信・都市伝説的なものもありますが、私が試してみたものをピックアップしてみました。

ツボ押し

足には子宮の収縮などに効果的なツボがあり、そこを一日数回押すことで安産につながるとの情報を得て実践しました。ちょっと痛いぐらいがちょうどいいということだったので、暇な時ずっと押していた記憶があります。市販のお灸なども活用するママもいたようです。

子どもとおままごとをしている時、お風呂でちょっと時間があるときなどに「安産で〜安産で〜」と考えながら押していました。

ラズベリーリーフティーを飲む

お茶

マタニティ雑誌やサイトに必ずと言っていいほど紹介されているのがこのラズベリーリーフティーです。

ラズベリーリーフティーには、子宮口が柔らかくなる成分(フラガリン)が含まれていて、子宮の収縮を促す効果があると言われているためです。そのため、安産の効果を期待して妊娠後期から臨月にかけて飲むというママが多いようです。私は夜寝る前にコップ一杯分のラズベリーリーフティーを飲んでいました。

オーガニックタイプのものを利用するとママの身体にもお腹の赤ちゃんにも安心ですね。

身体を温める

真夏が臨月の妊婦さんのデメリットは暑い夏はついついエアコンの温度を下げて身体を冷やしがちです。冷えによって血の巡りが悪くなると赤ちゃんにも良くないと言われています。寒がりや冷え性の方は室内でも靴下を履いたり、可能であれば湯船に使って身体を温めましょう。

ホットの飲み物を飲むだけでも身体が温まりますよ!

スクワット

臨月のときに簡単にできる運動として人気なのがスクワットです。お金を使わずにできますし、どこでもできます。私は上の子と遊びながら、ゆっくりスクワットをしていました。階段の上り下りの機会がないので、体力をつけるためにスクワットだけはやろうと毎日10回✕3セットやっていました。

その他簡単な運動として、雑巾がけやウォーキングなどを推奨している育児書や育児サイトもありました。臨月のときに股関節を和らげたり身体を動かしておくことで出産のための体力アップにもつながるようです。

私の場合は一人目のときは一日1〜2時間ほど歩いたりしましたが、上の子どもがいてなかなかできないな…と思ったのでウォーキングはせずにスクワットなど簡単なことしかしませんでした。

ひつじから一言
さて、二人目の臨月編を書いてみました。上の子を連れて遊びに行ったり忙しい毎日を過ごしていた私です。そして大きいお腹での生活もあと少し、次回はいよいよ出産編です!無事生まれたのか、今回は安産だったのか難産だったのか…

2回目の波乱万丈の出産編をお届けします!乞うご期待〜

「陣痛まだかな...」と不安な気持ちを抱えるママへ送る臨月の過ごし方

2016.05.04

真夏が臨月のママに伝えたい注意点とおすすめグッズ

2016.07.13