待機児童問題に負けないために!正しい保育園の知識

保育園の知識

今回は「保育園」について書きます。そもそも保育園とはどういった施設なのでしょうか。私も夫も育児初心者のため、認可・認可外・認証など色々な基準の言葉を目の前にして、最初は保育園と幼稚園の違いさえよく分かっていませんでした。そこで今回は保育園とは何かということを、幼稚園と比較しながらお話しします。

最近では子どもを保育園に入れるための「保活」という言葉もメディアに取り上げられるようになりました。というのも、保育園に入園させたくても定員が満員でなかなか入れないという「待機児童」の問題があるからです。東京近辺の大都市では特にその問題が大きく取り上げられています。育児休暇明けにさっそく仕事復帰したいのにー!というママにはショックな話題ですよね。

保育園に関する基礎知識

まずは対象年齢や時間など、保育園に関する基本的な知識について書いていきます。

保育園に入れる子の対象年齢

保育園に入園できる期間は0歳〜小学校入学前までです。前提条件として、保護者が仕事などで保育ができない場合に限られます。それに対し、幼稚園は3歳からと年齢があがります。

保育時間

両親が共働きの場合が多いので、保育園は出勤時間に合わせた7時半頃から預けられる場合が多いです。お迎えも一般的に17時以降に設定されています。延長制度の有無は保育園によって異なりますが、平均で10〜11時間預けられます。尚、幼稚園は9時〜14時でお昼寝なしのところが多いようです。ちなみに幼稚園にはカリキュラムの中に「教育」が含まれているので、ひらがなの学習時間などがあります。

費用

認可保育園は保護者の課税状況に応じて市区町村ごとに保育料を決定しますが、認可外保育園の場合は運営側が決定します。幼稚園は公立は市区町村、私立は運営側によって決められます。(認可と認可外の違いについては、後述します。)

管理部門

保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省です。厚生労働省は医療、公衆衛生、福祉、年金、雇用、労働を管轄しています。保護者の雇用条件が絡む保育園はこちらの管轄になります。文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、健常者スポーツの振興などを管轄にしているため、カリキュラムの中に「教育」を含む幼稚園についての業務を扱います。

職員の持つ資格

保育園に勤める保育士は保育士資格証明書、幼稚園の先生は幼稚園教諭免許状の取得が必要です。

保育園基準の正しい知識

保育園のことを調べていると「認可」「認可外」または「認証」などの言葉を耳にします。どんな違いがあるのでしょうか。下記で説明していきます。

認可保育園とは

認可保育園とは国が定めた基準を満たした保育園のことを言います。

主な基準としては…

  • 子どもの受け入れ人数
  • 設備の広さ
  • 保育士の数
  • 保育時間

などです。認可保育園の保育料は自治体によって異なりますが、保護者の収入および所得税を基準に定められているケースがほとんどです。自治体ホームページまたは窓口で確認してみましょう。「保活」中のママたちは、少しでも保育料が安くなる認可保育園への入園を目指します!しかし、地区によって倍率が高く入園できない場合があるのです。赤ちゃんを保育園に預ける予定のパパママは、まず情報収集から始めましょう。ちなみに東京などの都市圏では特に激戦と言われ、待機児童数が問題視されています。

認可外保育園とは

認可外の保育園は上記のような基準を満たしていない保育園です。「無認可保育園」と呼ばれることもあります。認可外の中にも種類が複数あり、東京都では「認証保育園」といわれる保育園もあります。都が独自に設けた基準を満たしている無認可保育園のことをそう呼びます。他には企業の敷地内にある事業所内保育園、小規模保育ルームなどがあります。多くは入園料が必要となり、認可保育園に比べると保育料が高くなるのが特徴です。

自分に合った保育園を

認可保育園に入園して、保育料を抑えられたけど送り迎えに片道30分もかかる…送り迎えの時間に間に合わないことが多い…などせっかく入れた保育園も家庭のスタイルに合わないこともしばしばあるようです。申し込む前に、自宅や駅からの距離・保育時間などの条件を事前にピックアップし、自分たちの家庭に合った保育園を探しましょう。

ひつじから一言
いかがでしたか?育児初心者の私たち夫婦は、まず情報収集から始めました。保育園に関する情報は自治体によって様々です。他のママや自治体窓口、または直接見学に行って相談しながら進めていきましょう。