赤ちゃんの夜泣きは個人差がある!夜泣き対策、みんなはどうしてるの?

190426_夜泣き_728x448

下の子が生後5ヶ月を過ぎた頃、それは再び始まりました。そう、それは悪魔の夜泣きです。それも私の睡眠を蝕むように午前2時から数時間おきに始まるのです。おかげで日中睡魔に襲われることもしばしばです。あまりに大変でどうしたら赤ちゃんの夜泣きは収まるのかという疑問も浮かんできました。今回はそんな下の子の夜泣きについてのお話です。

赤ちゃんの夜泣きって?

夜泣きはする子としない子がいる

夜泣き

赤ちゃんの夜泣きはすることしない子がいます!これは上の子がそうでしたが、生後時半年頃からは夜中に1度起きたぐらいであとはぐっすり朝まで眠ってくれたからです。

個人差がある!育児って子どもの数だけ個人差があるんですよね。夜泣きもそうです。夜泣きもする子としない子がいるんです。我が家の場合はどうやら上の子は夜泣きをしない体質、下の子は夜泣きをする体質のようです。

赤ちゃんの睡眠リズム

1歳ぐらいまでの赤ちゃんの睡眠リズムはなかなか定まらないものです。朝起きて午前中遊んで寝て、お昼を食べて寝て、いつもはお昼寝するのに全然寝ない?ということもあるかもしれません。

夜もお昼寝のそれと一緒で、いつもは寝てくれるのに今日はだめだな…と悩むママも多いと思います。赤ちゃんの体内時計はまだまだ未発達です。そして浅い眠りの時に目が冷めてしまい不機嫌になって起きてしまうということもしばしば。ですが少しづつ、本当に少しづつですが睡眠リズムは徐々に整ってきます。

いつまで続くのかは赤ちゃん次第としか言えませんが、終わりなき戦いではないので一緒に戦いましょう。。。

下の子の夜泣きで上の子は起きない場合が多い

子育てママたちの最も心配なことが、一度寝かしつけた上の子が下の子の夜泣きで起きてしまうことかもしれません。実はこれ、我が家にとっては余計な心配でした。下の子が生まれて数ヶ月、泣き声で上の子が起きたことは一度もありません。

上の子の年齢や体質にもよりますが、3歳の娘は一度寝たら朝までぐっすり寝るタイプなのでこれに関しては心配ありませんでした。

ただフォロワーさんたちのお子さんの中には、上の子が敏感で下の子が泣くたびに起きてしまうという声もありました。

夜泣き対策でできることは?

具体的な対策はあるの?

赤ちゃんが毎日毎日夜泣いて全然ゆっくり休めない…というママも多いと思います。私も対策はないのかと悩む毎日でした。しかし育児書や育児メディアを見ても、夜泣きはゆくゆくは収まるので今は我慢という書き方しかありません。

支援センターなどでも、よく泣くのは赤ちゃんが元気な証拠。無理をしない程度にママも相手をしましょうというようなアドバイスをもらいました。夜泣き対策というよりは、夜泣きとどう向き合うかを考える必要があるのかなと思います。

赤ちゃんの夜泣きと向かい合ってみよう

パパ、ちょっと手伝って

パパに頼む

毎日毎日赤ちゃんの夜泣きと向き合うと、さすがにママも疲れてしまいます。それが仕事をしながらだったらなおさらですよね。ママにとってつらい夜泣きの時期、パパの協力ができるだけ必要です。

夜遅くにパパが帰ってくるのであれば帰ってきて余裕があるときはミルクを作ったりおむつを替えてあげる、仕事がお休みの前日はパパが夜泣きの担当をするなどちょっとでもママの負担を減らしてあげてください。

母乳育児でおっぱいをあげられなくても、ちょっとの抱っこで満足する赤ちゃんもいます。

日中休めるときに休む

お仕事をされてる場合は難しいですが、日中休めるときは赤ちゃんのお昼寝のペースに合わせてママも身体を休めてください。私も今2回目の育休中ですが、息子の夜泣きがひどく日中身体を休められるときに休めています。

仕事を復職するまでに収まれば良いなぁと希望を持っています。

だいたいはおっぱいで落ち着かせる

授乳

我が家の場合は夜泣きがあれば、まず抱っこしておっぱいをあげることで多少緩和されます。おなかがいっぱいになれば寝てしまうので、そこは新生児の頃から変わらないようです。

おっぱいを飲んで満足して、布団に寝かせるときに背中スイッチが反応して起きてしまう…ということもありますが、そういうときはとんとんしてあげると多少落ち着きます。

明け方だったら思い切って起こす

体力に余裕はないのですが、起きた時間が朝の5時近くであれば一回起こして遊ばせて疲れてもう一度寝かせます。その場合は息子が眠くなる時間帯に娘や夫が起き出すので多少うるさくなることを覚悟します…

ただこれは寒い冬にやると風邪を引くので、春や夏など時期をみて実行するようにしています。

アロマを使ってみる

マタニティアロマセラピストが実践している精油をブレンドしているベビースリープ。大人でも疲れているときにアロマを使うとリラックスできると言われています。子どもにもその効果があるのではと使われているのがこのベビースリープです。

心を落ち着かせてくれ、安らぎを与えてくれる赤ちゃんにも使える3種類の精油を配合しています。一般的なディフューザーを使った芳香浴はもちろん、赤ちゃんとの添い寝時にママのパジャマや枕に一滴垂らして使用するのもおすすめされています。

ブレンドされている精油の優しい香りは赤ちゃんだけでなく、赤ちゃんと一緒に過ごす時間が長いママにもそっと寄り添ってくれるということで、リラックスしたいママにもおすすめされているようです。

ひつじから一言
今回は息子の夜泣きに疲れ果て、どうしたら夜泣きが収まるのかいろいろリサーチした結果をまとめてみました。そしてこういう風にやっているよというフォロワーさんたちの声もまとめさせてもらっています。

1歳を前に息子の夜泣きは収まるのでしょうか…

190426_夜泣き_728x448

お気軽にコメントください

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA