育児中ママの身体の悩み ~ちゃんと治したい腰痛編~

育児の痛み(腰痛)

育児中の身体の悩みシリーズ第3弾はズバリ「腰痛」です。もともと腰痛に悩まされていたママが、子育て中に腰を痛めてしまったという話もよく聞きます。私自身も娘が大きくなるにつれて、抱っこする時に腰がいたいと感じる機会が増えてきました。そんな育児中の腰痛の悩みについてまとめてみました。先輩ママや保育士さんのアドバイスも書いてあるので、腰痛が心配な人は参考にしてみてください。

腰痛とは

文字通り腰の辺りが痛くなることを指します。腰痛の原因は、腰椎という腰の部分にブロックのように積まれている骨が関係しています。この腰椎に負担がかかってしまうと、腰回りが痛いと感じるようになるのです。症状が悪化すると椎間板ヘルニアに発展するケースもあります。

育児中の腰痛の原因

授乳時の姿勢

授乳中はいつの間にか猫背になってしまい、腰に負担を与えてしまいます。特に夜泣きした時の意識がもうろうとしている時が危険です。無意識で思い切り猫背になっているからです。姿勢を正すためにも、授乳クッションを使って、位置を調整しましょう。

私の場合は、わざわざ授乳クッションを買うのが面倒だったので、枕やクッションを使って代用していました。

抱っこ

どんどん大きくなる赤ちゃんを抱っこする時、手や腕の力で抱っこしているといつの間にか腰が痛くなってきます。私もよく腕だけで持ち上げて抱っこしていたので、腰がいたいと感じることが増えていました。保育士さんに相談したところ、腕の力だけで抱き上げようとすると変な風に力が入ってしまい、腰にかなりの負担がかかるそうです。まず膝を曲げて姿勢を落としてから抱っこする習慣を付けておくと、自然に腰への負担も減ってくるようです。赤ちゃんとの身体を密着させたまま抱っこすると、より負担が減るようです。何百人と抱っこしてきたプロの話なので、説得力があり早速実践したところ心なしか緩和された気がしました。

中腰

赤ちゃんと同じ目線になろうとすると、腰をかがめることが多くなります。実はこの中腰の姿勢は、上半身を腰だけで支えているため腰への負担がいつも以上にかかっている状態です。ベビーベッドや高さがあるところでオムツ替えをしたり、かがんだまま赤ちゃんのお世話をしているといつの間にか腰が痛くなっていたというケースもあります。腰を痛めないためにも、膝を使うことを意識しましょう。

ストレス

育児やその他のことが原因で、ストレスが溜まり心身ともに疲れることから腰痛になる人もいるようです。血液の流れが悪化し肩こりがひどくなるように、腰に痛みがいってしまうケースも…。育児中はストレスがどうしても溜まる一方なので、意識して、積極的にイライラを解消していくしかないです。

夫婦で乗り越える!育児ママのイライラ解消法

2016.08.26

育児疲れのママに参考にして欲しい産後ストレス解消法

2016.05.25

自宅でできる腰痛対策

腰の部分を温める

うつ伏せになりながら温めたタオルを腰に置き、腰を温めると痛みが引いてきます。しかし、なかなか寝ない赤ちゃんの側でそんなことしている時間がないというママもいるでしょう。そんな時はめぐりズムなどの蒸気の温熱シートがおすすめです。貼って数分で40度近く温かくなり5~6時間ほど持続するので朝までぐっすり眠れます。

コルセット

産後の骨盤矯正用に購入したコルセットを使うママもいるようです。骨盤の歪みが取れると、腰の痛みも緩和されてると言われています。もしも産後コルセットを購入済みであれば、別途、新しくコルセットを購入しなくても良いでしょう。心配な人は、一度整形外科を受診したり、保健所などの子育てセンターでコルセットなどについて相談してみてください。

お医者さんのがっちりコルセット

3重の強力ベルトががっちり支えて驚くほど腰が楽になる

産後ダイエットの話は、以下で書いています。

産後ダイエットの話 ~産後ダイエットは妊娠中からはじまっている!!編~

2016.06.27

産後ダイエットの話 ~産後太りの原因編~

2016.06.29

産後ダイエットの話 ~実践編~

2016.07.01

マッサージ

パパに協力してもらい、マッサージをしてもらいましょう。もし赤ちゃんが大きくなって時間があるようでしたらマッサージの専門店にいってみるのもいいですね。我が家も娘が寝静まったあとに夫に協力してもらいマッサージしてもらっています。

ぎっくり腰には要注意!

ぎっくり腰とは別名「急性腰痛症」といい、重いものを持ち上げた時や腰をねじった時の衝撃で痛みを感じます。具体的には、腰の骨や骨の間にある椎間板、筋肉、靭帯のいずれかが損傷して痛むことを指します。数日~1週間ほど安静にしていれば治るようですが、育児中には難しい相談ですよね。そんな、できるだけ避けたい「ぎっくり腰」になってしまった事例の代表例としては、赤ちゃんを抱っこして持ち上げる時にぎっくり腰になってしまったケースがほとんどです。その他には、布団を干そうとしたり買い物で重い荷物を運んでいる時などになってしまう人もいるようです。重いものはなるべくパパに運んでもらいたいものですね。

ひつじから一言
腱鞘炎、片頭痛と続き、産後の腰の痛みも私を平和な日々から遠ざけている原因の一つです。とくに腰の痛みは妊娠生活から悩まされていました。妊娠中の大きなお腹を支えるのもどうやら腰に負担になっていたらしく、妊娠中から腰痛がひどかったのを覚えています。実家にあるマッサージチェアや夫のマッサージにがいつも助けられています。