育児中ママの手荒れケア 〜忙しいママにおすすめのハンドクリーム編〜

育児中ママの手荒れケア

冬になると気になるのが、手のカサカサです。子育てをしていると手を洗う機会が思いの外多く、手が荒れてしまったというママもたくさんいます。手荒れがひどくなると、皮膚がひび割れやあかぎれの状態になり水につけるだけで痛い思いをします。今回は、育児による手荒れの原因や手の保湿ケアについてまとめてみました。育児で2度めの冬を迎える私がおすすめするハンドクリームと、周りの先輩ママおすすめのハンドクリームについても紹介します。これから何を購入しようか迷っている人に参考にしてもらえるとうれしいです。

育児中に起きやすい手荒れの原因たち

いつもの生活で、起きたら洗顔というように育児もこれをする前には手を洗う、これをしたら手を洗う…という場面が出てきます。一体どんなことをしてママの手が荒れていくのか、パパにもぜひチェックしてもらいたいです。願わくばこれを読んだ世のパパたちがママの負担を減らしたい!と自ら育児を率先してやってくれますように。

ミルク作りと哺乳瓶洗浄

おむつ交換と同じくミルクを飲む回数が多いのが新生児の頃の赤ちゃんの特徴です。哺乳瓶はきちんと洗浄しないと、バイキンが付いたままの状態で赤ちゃんがミルクを飲むことになってしまいます。ミルクを飲むたびに洗って消毒してまた洗って…1日に何回かやらねばいけないのです。

オムツ交換

とくに新生児のままが気を付けたいのがオムツ替えです。新生児の頃は1日15回以上オムツ交換をするなんてこともあるので、その都度手をあらってケアをするのはけっこう大変です。

洗濯

赤ちゃんの服やタオルなどは「また汚れたの??」と言いたくなるほど汚れます。食べこぼしがあったり、ウンチ漏れしたり…汚れるのは仕方がないのですが、汚れを軽く落としてから洗濯しないといけないので、必然的にママの手は水に触るわけです。

洗濯を干すときも、濡れた洗濯物を触るので冬場は手がかじかむこともあるでしょう。洗剤が直接肌に触れると刺激が強すぎて、余計に手荒れがひどくなるママもいます。

食器洗い

食べ物を食べたら、使った食器を洗いますよね。パパが居るときであれば、優しいパパが食器を洗ってくれるかもしれません。しかし、仕事でいない時は赤ちゃんの離乳食の食器やママ自身の食器を洗う必要があります。おやつを食べ始める頃に慣れば、おやつを作るために使う調理器具も洗わなくてはいけません。

食器洗浄機があればらくですが、どの家庭にも必ずしもあるものではないので、食器洗いに悩まされるママはたくさんいるのです。

 他にも冬は手荒れの原因がいろいろ
この他にも外出から戻ったら手を洗う、食事の前に手を洗う…など基本的なことでも手が水に触れます。冬に手があれやすいのは、温度が低く乾燥しているため、通常汗と皮脂によってできる皮脂膜がなかなか生じにくいため、手の保湿がままならないからです。その結果、夏よりも手の水分や油分が失われ、皮膚が乾燥し傷つきやすくなります。

育児中に手荒れが治らない原因

ハンドクリームを塗るタイミングがない

ハンドクリームの主な効果は、手の保湿です。できれえば手を洗ったあとのタイミングに塗ると、保湿効果も期待できます。

ただ、育児中は頻繁に手が濡れる場面が多いので、いつハンドクリーム塗ればいいのかわからないというママもいるかもしれません。赤ちゃんが泣きわめいている最中に、落ち着いて手のケアができるママはなかなかいないですよね。

育児中はなかなか皮膚科に行けない…

いつも赤ちゃんの面倒を見ているママは、ゆっくり皮膚科で診察してもらう余裕もないかもしれません。誰かに預けたり、保育園などの一時保育を利用する方法もありますが、診察したいタイミングではなかなか予約が取れないことのほうが多いですよね。

そうなると、手荒れはさらに悪化してしまうのです。ひび割れができた場合には、放置すると治りが遅くなるので早めに皮膚科で診察してもらいましょう。

外出時は手が乾燥しやすい

外出先は家にいるよりも手が乾燥しやすいので、いつも持ち歩くカバンの中に外出用のハンドクリームを入れておくと安心です。

手がカサカサして上手くスマートフォンが操作できなかったり、手帳などの髪が上手くめくれなかったり…意外と手が乾燥していると面倒なことが多いのです。外出先に持ち合わせていなくて、買ってしまったという経験を持つ人も多いでしょう。

次のページでは、手荒れがひどくなった時の対策とおすすめのハンドクリームを紹介します!