実際に使ってみてよかった産後のための出産入院グッズ

出産入院グッズ

産後の出産入院は一般的に5日前後とされています。近くに家があり家族が入院中の病院まで荷物を持ってきてくれるのであれば良いですが、なかなかそうはいかない人も多いかと思います。そこで今回は、先輩ママや私自身があって良かった!と思った出産入院グッズを紹介したいと思います。

ママと赤ちゃんが出産入院に必要なグッズ

臨月に入ると、かかりつけの産院で入院時に必要なものを教えてもらいます。産後の出産入院グッズには、自分で準備が必要なもの産院から支給されるものの2種類があります。

自分で準備が必要な出産入院グッズ

以下は、私が入院指導で指示されたものです。

ママ用の出産入院グッズ

  • 母子手帳
  • 印鑑
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 預かり金
  • 前開きのパジャマ
  • 腹帯
  • 産褥ショーツ2~3枚
  • 授乳用ブラジャー4~5枚
  • 授乳用ガーゼ数枚
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 洗面用具
  • コップ
  • ティッシュペーパー
  • 夜用ナプキン
  • スリッパ
  • 退院時の服

授乳のため、パジャマは前開きのものが必要です。また、退院時の服は忘れやすいので要注意。事前に準備しておくと後から家族に持ってきてもらう手間がなくなります。こうして書き出してみると、赤ちゃん用よりもママ用のグッズの方がたくさん必要なことが分かりますね。

忘れがちですが、産後はバストのサイズが2〜3アップします。この兆候は産前から現れるので、授乳用ブラジャーをマタニティ用と併用しているママが多いようです。私も妊娠後期からずっと授乳用ブラジャーを使っていました。通常のブラジャーは乳腺を傷つけたり授乳をしにくい構造になっているため、授乳ブラジャーはできる限り用意しておきましょう。授乳ブラジャーや授乳服などは、インターネットショッピングで購入すると家まで配送してくれるので便利です。

授乳服とマタニティ服のミルクティー

通販派におすすめ!妊娠から出産後も幅広く使える授乳服やシューズをお買い得価格で

授乳服・マタニティウェアのスィートマミー

ネットショップ大賞金賞受賞!ワンランク上のマタニティウェアをお買い得価格で

赤ちゃん用の出産入院グッズ

  • 退院時の着替え
  • おくるみ

入院中は、産院のベビー服を着用しているため、赤ちゃんの衣類に関しては退院時の着替えとおくるみの2つだけでした。後から児童館などで会ったママに聞いたところ、ほとんどの病院で入院中の赤ちゃんの衣類は産院で用意されています。退院時の服装だけ用意すれば十分です。加えて、おしゃれなベビードレスを用意するのも、記念になるので可愛いですね。

産院で支給される出産入院グッズ

以下は、私が入院した病院で支給されたものです。

  • 母乳パット
  • 産褥ショーツ1枚
  • 悪露用のナプキン
  • 消毒用ガーゼ
  • 粉ミルク
  • 赤ちゃんのオムツ(新生児用)
  • おしりふき

あくまで私が入院した病院の話なので、実際に病院から何が支給されるかは、自分が入院する病院に確認してください。入院前に母親学級などで事前指導があるので、そこで説明される場合が多いです。また、オムツは足りなくなる場合があるので、退院後も使えるように事前に用意しておいたほうが良いでしょう。

実際に使ってみてよかった出産入院グッズ

以下では、私が実際に使ってみてとても役に立った出産入院グッズを紹介します。お菓子や飲み物も含まれているので、入院グッズと書くと少し意味合いが異なるかもしれませんが…あまり体裁はこだわらずに、自分の体験から「これは役に立った!」と思うものをご紹介します。

ストロー付きの飲み物またはペットボトル

産後は歩けなくなるほどの痛みが続くので、ベットサイドに置いて倒れても安心なストロー付き飲み物がオススメです。お産の最中もかなり汗をかき、喉が乾くのでペットボトルにストローを挿して飲んでいました。病院の自販機でも飲み物は販売していますが、もしも入院する病院の個室に冷蔵庫があれば、事前に用意した自分が飲みたいものを冷やしておくのが良いでしょう。

乳酸菌飲料

赤ちゃんを出産した直後は、肛門や腸にも負担がかかり便秘になりやすいと言われています。かといって、市販の便秘薬を飲むことは出来ないので、身体に優しい乳酸菌を摂ることで便秘を回避するのがオススメです。また、病院によっては出産後の内診で座薬を処方してくれますので、相談してみましょう。私はもともと貧血気味で鉄分が不足しがちな体質なので、入院中は鉄分入りのラブレを飲んでいました。

むくみ防止靴下

産後は血流の変化によって足がむくんでしまうという人が多いので、普段からむくみやすいという人は持っていると安心ですよ。私の姉もむくみやすく、産後しばらくは履いていたみたいです。私の場合、ふくらはぎを覆うひざ下までのタイプのメディキュットを使っていました。

携帯電話(スマートフォン)・充電器

母子同室の際に、赤ちゃんとの写真やムービーを撮影できます。最近ではスマートフォンのカメラで撮影する方が多いと思うので、忘れずに持って行きましょう。初めての抱っこや 赤ちゃんの寝顔を、家族や友人にメールで送ることも出来るので楽しいですよ。充電器は忘れやすいので要注意です。入院期間は5日前後あるので、1〜2度は充電が必要になります。

音楽プレーヤー

入院中は赤ちゃんと同室になり、なかなか寝付けずにイライラしてしまいがちです。気休めに、リラックス効果の高い曲やお気に入りの曲を聴いてリラックスというのも良いでしょう。私のお気に入りは「極上CAFE」というCDです。近所のツタヤで借りてきたCDですが、大当たりでした。洋楽ですが定番曲がセレクトされており、一度は聞いたことがある曲が多いかもしれません。

おやつ

産後はとにかくお腹が空きます。さっき食べたばかりなのにもうお腹がなっている…なんてことも。しかし入院食は時間が決まっていて、さらに量も多いので食べきれずに残してしまうこともありました。おやつばかり食べて栄養が偏るのは良くないですが、食べ過ぎない程度に、適度に準備しておいたほうが良いでしょう。

アイスや生クリームなどの乳製品は要注意!
アイスや生クリームといった乳製品は母乳の分泌を増やしてしまい、おっぱいが詰まる「乳腺炎」になりやすいので注意がひつようです。フルーツ・ほしいもといった、なるべく栄養価のある旬な食べ物がおすすめです。

乳腺炎については、こちらの母乳に関するお話で説明しています。

母乳をはじめとする産後のママの身体に起こる変化

2016.05.27
ひつじから一言
入院中は赤ちゃんのお世話で十分な睡眠も取れず、不安になり情緒不安定になるかもしれません。家族や看護師さん、身近な人とコミュニケーションをとり、心を落ち着かせてみてください。きっと赤ちゃんの寝顔も可愛いと思える余裕がうまれますよ。