出産後に必要な手続きと申請できる助成金・給付金

出産後の手続きともらえるお金

出産後にどのような手続きが必要かすぐにリストアップできますか?出産後に申請できる助成金も、いくつか種類があります。できれば臨月に入る前に、産後にどのような手続きをしなければいけないのかを事前によく確認しておきましょう。特に里帰り出産の場合、ママはしばらく身動きがとれないのでパパや家族の協力が必要です。ママが赤ちゃんを産んで入院している間、実はパパはやるべき事が多いのです。

出産後に必要な手続き

出生届

出生届は生後14日以内に住民票のある市区町村、または里帰り先の市区町村に提出します。提出者の身分証明証・印鑑、母子手帳が必要です。ちなみに児童手当の申請や医療費助成などの手続きは、パパ・ママの住民票のある市区町村でしか対応できません。そのため、住民票のある市区町村で、出生届の申請→児童手当申請→子ども医療費助成申請といった流れで行うのが効率的ですよ。

出生届には、新しくこの世に生を授かった赤ちゃんの名前を記入して提出します。赤ちゃんの名前は、一生モノです。パパとママの想いを込めてつけてあげてください。

健康保険への加入

パパのみ、または、ママのみが働いている場合は、その勤務先へ申請すればOKです。パパとママが両方とも働いている場合は、どちらかが所属する勤務先へ申請します。注意点としては、勤務先に寄って申請期限や提出物が異なるので、事前に確認が必要です。 後述する子ども医療費助成と保険証は必須アイテムです。なるべく早めに申請しましょう。

出産後に申請できる助成金・給付金

児童手当

児童手当は住民票のある市区町村へ申請します。申請した翌月から支給対象になりますが、毎月支払われるわけではなく数カ月おきにまとめて振り込まれます

  • 3歳未満:月額15,000円(年額18万円)
  • 3~12歳:月額10,000円(年額12万円)
  • 中学生:月額10,000円(年額12万円)

年間で見ると、結構大きな数字ですね…。

申請が遅くなっても、遡って請求することはできないので注意が必要です。

子ども医療費助成

一般的に中学校卒業前(15歳到達後最初の3月31日)の子どもの通院・入院した際の医療費を助成する制度ですが、自治体によって対象年齢が異なる場合があります。赤ちゃんは突然熱を出したり嘔吐しても、市販の薬が使えないので小児科へ行かなければいけません。中には高額な薬や治療を受けなければいけない場合もあるので、医療助成はとても助かりますよ。申請時に必要な物は、各自治体のホームページを確認してください。申請後には乳幼児糖医療受給者証を受け取ります。小児科を受診する際に、保険証とセットで必ず必要になるので、失くさないようにしましょう。

出産育児一時金

妊娠4ヵ月(85日)以上のママが出産したとき、赤ちゃん1人に対して42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40.4万円)の支給があります。現在では、出産育児一時金の請求と受取りを妊婦に代わって医療機関が行う「直接支払制度」が基本です。こちらの場合、ママが健保へ申請する必要がありません。但し、小規模な医療機関の場合には妊婦自身が手続きを行う「受取代理制度」を選択するケースもあります。

産科医療補償制度とは?
分娩に関連して重度脳性麻痺となった赤ちゃんが速やかに補償を受けられるようにするためにつくられた、分娩を取り扱う医療機関等が加入する制度です。この掛金(平成27年1月以降の出産分では1.6万円)は通常、出産費用として医療機関からの請求に含まれていますが、出産育児一時金の一部として戻ってくる仕組みです。医療機関がこの制度に加入していない場合は、戻ってくる金額に含まれないため、金額に1.6万円分の差ができるというわけです。

出産手当金

産休中のママで出産後も働く方を対象に、勤務先の健康保険組合から休暇前の給料の2/3が支給されます。出産手当金申請書、印鑑、健康保険証、振込先口座の写し、母子手帳の出生欄の写しなどが必要です。産休前に勤務先へ事前確認しておくとスムーズですよ。

勤務先の出産祝い金

パパ・ママが所属する企業からお祝い金が出る場合があります。詳細は、勤務先に問い合わせてみましょう。

その他もらえるお金

上記は一般的なものを記載しましたが、この他にも、パパやママの条件によってはもらえる助成金・給付金があります。詳細は、自治体や勤務先の内容を確認しましょう。必要書類を忘れていたり、申請期限を過ぎてしまい、給付金をもらうことができなかった…というケースもあるので、注意してくださいね。

ひつじから一言
赤ちゃんが生まれてから、何かと出費が多くなります。我が家の場合、オムツの消費が激しく1日に15回も交換する日もありました…。また、これは無駄な買い物をしてしまったという話ですが、秋産まれの娘のために夫はおしりふきを温めるおしりふきウォーマーを購入しました。しかし、私がオムツ交換をする際に、コンセントにささったウォーマーをわざわざ取りに行くのがめんどうだったので、あえなく数回で使用停止に…(夫の残念そうな顔は、いまでも覚えています)。育児休業中は、収入源が産休前よりも少なくなるので、助成金・給付金の制度は賢く利用しましょう。