CATEGORY 予防接種

インフルエンザワクチン予防接種

インフルエンザワクチン(予防接種)は受ける派・受けない派?摂取するメリット・デメリットのまとめ

気温が下がり、湿度も下がると風邪が流行りがちです。冬に気を付けたい感染症といえばインフルエンザですよね。保育園や幼稚園など子どもがたくさん集まる場所は絶対と言っていいほど伝染るそうです。インフルエンザの予防接種については、毎年医療機関や会社などで案内が出るかと思います。しかし、必ずしもみんなが受けるわけではありません。インフルエンザワクチンを摂取するメリット・デメリットなどをまとめてみました。

1歳の赤ちゃんが受けられる予防接種予防接種

1歳を迎えた赤ちゃんが受ける予防接種

0歳で受ける予防接種は種類も回数もたくさんあるため、毎週病院に行っていた時期もあるかと思います。赤ちゃんの体調次第では、スケジュールがずれることもあるので、連れて行くママはとても大変ですよね。0歳で受ける予防接種が終わってほっとしていても、1歳の誕生日を迎えたらまた数種類を受けなければいけません。今回は1歳の時に受ける予防接種のお話です。

予防接種のはなし予防接種

生後2ヶ月以降に受ける赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんが生後2ヶ月になったら、予防接種を受けることができます。こんなに小さいうちから注射を打ってしまって大丈夫なの?と心配なママもいるかもしれません。しかしながら、予防接種を受けることによってまだ免疫力の少ない赤ちゃんにとって本来であれば重症化し入院や生命にかかわる病気を回避することができるので、とても大事なことなのです。それぞれのワクチンは受けることができる期間が決まっているため、事前にスケジュールをしっかりと立てましょう。