子ども朝ごはん(朝食)のおすすめとコツ:栄養面ではパン食よりシリアル!

子供 朝食

忙しい朝、家族の朝食を用意するのはなかなか大変だったりしますよね。とくに幼稚園や保育園に通う子どもの朝ごはんの支度は毎朝どうしよう…と悩むママも多いでしょう。私も復職して、朝はバタバタ大変なイメージしかありません。そんなとき、子どもの朝ごはんどうしようか…と悩むこともありました。今回は我が家でも好評な、子ども向けのおすすめ朝ごはんのお話です。

子どもにとっての朝ごはん

朝食はとっても大事

朝ごはん

農林水産省のによると、朝ごはんは子ども大人を問わず食べるよう推奨されています。朝食を抜くと、脳のエネルギーが不足して集中力や記憶力の低下などに繋がります。成長期真っ最中の子どもにとってもそれは同じです。娘の通う保育園でも朝食を毎日取るよう推奨されています。

日中の行動にも影響が

朝食を抜いて学校や職場に行くと、なんとなくイライラしたり、集中力が出なくて、勉強や仕事がはかどらないことがあるでしょう。小さいこどもも、朝ごはんを食べないと午前中そわそわしたり、動きが鈍かったりすることがあるようです。

朝ごはんは元気の素

女の子元気

これは脳のエネルギーのもととなるブドウ糖が不足していることが原因とされています。

しかし、このブドウ糖は体内にストックしておくことが出来ないのですぐ不足してしまいます。朝起きたばかりの脳はエネルギーがほとんどない状態です。このエネルギーを補うために朝ごはんをしっかり食べる必要があるのです。

つまり、こどもにとっても朝ごはんは元気の素といえるのです。

子ども向けおすすめ朝ごはん

いくら毎日朝食を食べていても、その内容に栄養の偏りがある場合には注意が必要です。2〜3歳頃は食べられるものも増え、いろんな食品を食べさせたい時期でもあります。子どもが向けの朝ごはん(主食)をご紹介します。

お米は食べやすくおにぎりに

おにぎり

ご飯は好きだけど、朝起きたばかりじゃなかなか食欲が出ないという子どもも多いでしょう。そんなときは小さくおにぎりにしてあげるともぐもぐ食べてくれますよ。

100円ショップ(ダイソー)で購入した簡単おにぎりパックは、子どもと楽しくおにぎりを作ることができます。私がフリフリしていると、娘もやりたがり、一緒にフリフリしています。

体調が悪いときはおかゆで

おかゆ

大人でも体調が悪いときに固形物を食べるのはつらかったりしますよね。

子どもも同じで、ちょっと体調が悪そうなときはおかゆなど軟らかめのごはんにしてあげるとおすすめです。

娘は卵がゆが好きで、おだしやめんつゆ・ふりかけなどいろいろと味をアレンジすると食いつきが良かったりします。

食パンは小さくカットまたはジャムなどで

食パン

食パンはパサパサしてあまり進まない…という場合、そのままではなく小さくカットしたり味付けをしたりするのがおすすめです。

娘の場合はパンの耳が好きのようで、朝食では私がトーストした食パンの耳をねだります(笑)また、保育園ではジャムサンドにしたりチーズやハムを挟んだサンドイッチが提供されています。

その他のパンでは、表面がパリパリと香ばしいクロワッサンなどが食いつきが良かったりします。※近所のパン屋さんで帰るミニバタークロワッサンはお気に入りのようです。

パンケーキ

パンケーキ

ホットケーキミックスと牛乳を混ぜて、フライパンで焼くだけで完成するパンケーキ。小さめに焼いてあげればそのまま手づかみで食べられるので子どもも食べやすいですよ。

バナナやきなこなどを入れてあげると味のレパートリーも広がります。ホットケーキミックスのお話はこちらをご覧ください。

赤ちゃんのおすすめおやつ 〜万能ホットケーキミックスの話〜

2017.06.05

シリアルやフルーツグラノーラ

シリアル

シリアルは、コーン・小麦・オーツ麦・米(玄米)といった自然の穀類を焼き上げて加工したものです。

グラノーラはシリアル食品の一つであり、麦などの穀物と、ココナッツなどをシロップや食物油と混ぜ合わせてオーブンで焼いたものなので、ほんのり甘みがあるのが特徴です。

ご飯やパンなどに飽きてしまったら、シリアルやフルーツグラノーラを試してみましょう。大人用のおすすめフルーツグラノーラはこちらで紹介しています。

忙しい育児中ママの朝食に!栄養たっぷりフルーツグラノーラの話

2016.09.21

我が家のおすすめシリアル・フルーツグラノーラ

もともと私が手軽に栄養が摂れるということで食べていた、フルーツグラノーラ。

私が食べているものに興味をもつ娘はそれをいつでも狙っており、朝ごはんのラインナップに入ることになりました。

栄養面で言えば、パン食よりもビタミン・ミネラルなどの栄養が豊富なので、子供向けの朝ごはんとしてもピッタリです。

ココくんのチョコワ

サクサクした触感が特徴のチョコリングです。全粒オーツ麦と小麦で出来たシリアルをダブルココア製法で仕上げており、そのままでも牛乳をかけても美味しく食べられます。

原材料には砂糖、小麦粉、全粒オーツ麦粉、チョコレート、コーンスターチ、ココア、食塩、炭酸Ca、香料、ビタミンC、鉄、ビタミンA、ビタミンE、ナイアシン、ビタミンD、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、(原材料の一部に乳成分・大豆を含む)が含まれています。

カルシウムや鉄分、その他ビタミンなどが豊富に含まれているので栄養バランスはバッチリですね。その美味しさに夫も夢中なのか、よく夫も食べています。

ケロッグ・フルーツグラノラ ハーフ

自分用に買った朝食のフルーツグラノラも、気づけば娘の朝ごはんに…(笑)

低脂肪の穀物とフルーツを厳選し、調理油を極力カットしたことによって脂質を通常タイプの半分以下に抑えています。

一般的なパン食よりも、ビタミン(ビタミンB、ビタミンEなど)・ミネラル(鉄、カルシウム)が豊富に摂れるので、育ち盛りの子供にはおすすめの朝食です。

子供用だけに買うのであれば、低脂肪のでなく普通のタイプでも良いかもしれませんね。低脂肪タイプなら、脂肪が気になる母親とも一緒に食べれます(笑)

やっぱり脂肪の摂取量はみな気にしているようで、通常タイプのフルグラよりもハーフタイプの方が売上がいいみたいです。

食べないときは一口だけでも…

子どものために張り切ってご飯を作っても、その日の気分やコンディションによって受け付けないということもあるかもしれません。

我が家の娘も、どうも食事に集中しきれないときがあり、朝ごはんそっちのけで遊んでしまうこともあります。

親としては食べてほしい、でも…

できれば全部食べてほしいという親の気持ちが無視されることもしばしばあります。たまに怒鳴ってしまい、「食べないなら明日から作らないよ!」と怒ることもありました。もう食べなそうなとおもったらあきらめてもいいと思います。イライラするのもいやなので、食べなそうだなと思ったら片付けるようにしました。

残すのはもったいないな…と思う場合は、食事の量を少なめにして食卓に並べてみましょう。

ひつじから一言
今回は小さな子ども向けの朝食についてのお話でした。ご飯、パン、シリアルやグラノーラなどの主食ラインナップを紹介してみたので、たまにはこんなのもアリかな〜と参考にしてもらえればと思います。

そう言えば、私が復職してから娘の朝のお世話については夫が担当しています。朝ごはんの玉子焼きも頑張って作っており、娘からも「おとうさん〜、たまご焼き作って〜」っとねだられています。