新生児が泣く原因と対策泣き止み対策

新生児の赤ちゃんが泣く原因と泣き止み効果があった対処方法

赤ちゃんといつも一緒にいると、可愛いだけではなく大変なことも多いと思います。特に、赤ちゃんが号泣した時は大変。赤ちゃんがなぜ泣いているのか分からないと、お世話をするパパもママも困りますよね。赤ちゃんが泣く原因にはいろいろ考えられますが、どんなときに泣くのかを考えてみましょう。今回の記事では、新生児の赤ちゃんが泣く原因と実際にやってみて効果のあった泣き止み対策方法をまとめてみました。

生後3ヶ月頃0歳〜1歳の赤ちゃん

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベント(お食い初めで百日祝い)

今回の記事では、生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベントについてご説明します。生まれて3ヶ月経つと、赤ちゃんも次第に朝と夜の区別がついて早寝早起きになってきます。この頃の一大イベントと言えば「お食い初め」です。赤ちゃんが食べ物に一生困らないようにと願いを込めて行う儀式ですが、最近では本格的なお食い初めはせずに写真スタジオでのお食い初め用のセットを使って撮影で済ますパパ・ママも増えています。

予防接種のはなし予防接種

生後2ヶ月以降に受ける赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんが生後2ヶ月になったら、予防接種を受けることができます。こんなに小さいうちから注射を打ってしまって大丈夫なの?と心配なママもいるかもしれません。しかしながら、予防接種を受けることによってまだ免疫力の少ない赤ちゃんにとって本来であれば重症化し入院や生命にかかわる病気を回避することができるので、とても大事なことなのです。それぞれのワクチンは受けることができる期間が決まっているため、事前にスケジュールをしっかりと立てましょう。

オムツのはなしオムツ

体重だけでは判断できない赤ちゃんのオムツの選び方

今回は赤ちゃんのオムツについて書きたいと思います。布と紙、それぞれのメリット・デメリットなどもまとめてみました。また、国内だけでも赤ちゃんの紙オムツを取り扱うメーカーはいくつかあるので、新米ママの場合、どのメーカーのオムツを使えばよいか迷ってしまうかもしれません。サイズ表記は体重だけを基準に記載されていることが多いですが、赤ちゃんの体型によっては記載体重に満たない場合でもサイズアップを検討した方が良いこともあります。我が家の実例を踏まえながら、紙オムツ選び…

ベビーカーのはなし赤ちゃんとのお出かけ・旅行

新米ママ・パパに伝えたい!おすすめ軽量コンパクトB型ベビーカーの話

ひつじに弱いとら、パパープルタイガーです。じゆうきママではベビーカーネタでライターデビューを飾ります。新米ママ・パパにとって「どのタイプのベビーカーを、いつ買うか?」は一度は考える悩みかと思います。我が家も例に漏れず色々と悩みましたが、最終的には生まれてから7ヶ月待ってコンパクトで超軽量タイプのB型ベビーカーを購入するという選択をしました。結果的にはこの選択が非常に良かったので、今回はB型ベビーカーについて耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。

生後2ヶ月頃の赤ちゃん0歳〜1歳の赤ちゃん

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子と用意しておいて良かったグッズ

今回は生後2ヶ月頃の赤ちゃんとの生活について書きたいと思います。私の場合は、1ヶ月健診やお宮参りも終わり、このタイミングでいよいよ夫の待つ自宅へ戻ることになりました。生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子や、自宅に事前に用意しておいて良かったグッズを紹介します。

赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃の行事0歳〜1歳の赤ちゃん

生後1ヶ月頃の赤ちゃんの特徴と生まれて1ヶ月頃の行事(1ヶ月健診・お宮参り・出産内祝い)

今回は赤ちゃんが生まれてから1ヶ月頃のイベント「1ヶ月健診」「お宮参り」「出産内祝い」を中心にお話します。赤ちゃんにとっての初めての大々的な外出イベントが「1ヶ月健診」や「お宮参り」になる方も多いでしょう。出産祝いのお返しにあたる内祝いは、贈り物の金額や時期を間違えると失礼にあたるので気をつけましょう。

退院後すぐに役立つグッズ育児おすすめグッズ

産後に退院してからすぐに役立つママと赤ちゃんのおすすめグッズ

ママと赤ちゃんが退院したら、いよいよ赤ちゃんとの生活がスタートです。今回の記事では、我が家で実際に使って良かったものや先輩ママ太鼓判のグッズを紹介します。退院したその日からすぐに使えるものをピックアップしました。赤ちゃん用のグッズについては、新生児から使えるものを中心にご紹介しています。

出産後の手続きともらえるお金出産の助成金・給付金

出産後に必要な手続きと申請できる助成金・給付金

出産後にどのような手続きが必要かすぐにリストアップできますか?出産後に申請できる助成金も、いくつか種類があります。できれば臨月に入る前に、産後にどのような手続きをしなければいけないのかを事前によく確認しておきましょう。特に里帰り出産の場合、ママはしばらく身動きがとれないのでパパや家族の協力が必要です。ママが赤ちゃんを産んで入院している間、実はパパはやるべき事が多いのです。

出産入院中の生活出産入院

出産入院中のママの生活

赤ちゃんを産んだ後、ママは約5日ほど出産入院をします。「出産入院の5日で一体何をするの?」「どんな生活を過ごすのだろう?」と、具体的に入院中の生活を想像できない方も多いかもしれません。今回の記事では自分の記憶を思い返しながら、出産入院中の生活を振り返ってみます。「産後すぐの入院ではこんなことするんだ!」と少しでもイメージを膨らませてもらえれば幸いです。

いざ出産出産体験記

出産予定日超過の初産ママ、いざ出産!

個人的な話で参考になるかわかりませんが、私のお産体験についてお話したいと思います。出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が訪れずイライラが募る中、夫とは陣痛促進剤のことが原因で口論に。そんなもやもやとした日々を過ごしながら、いよいよ明日は入院して計画分娩というタイミングで、痛みは突然訪れたのです。

出産の知識出産の知識

正しい出産の知識を身につけるために母親学級に参加しよう

「自分は普通分娩でうめるのかな?」「それとも、帝王切開?」「陣痛促進剤は使うの?」…などなど、特に経験したことが無い方にとって出産は「?」が多い話だと思います。はてなの数だけ不安な気持ちも増えてくるものですが、出産についての正しい知識を身に付けることで、その不安を解消することができるかもしれません。そして、ネットの情報だけではどうしてもイメージしにくい事が多いので、ぜひ近くの自治体が開催している母親学級に足を運んでみましょう。

出産入院グッズ出産入院

産後のママが使って便利だった出産時に用意しておきたい入院グッズ

産後の出産入院は一般的に5日前後とされています。近くに家があり家族が入院中の病院まで荷物を持ってきてくれるのであれば良いですが、なかなかそうはいかない人も多いかと思います。そこで今回は、先輩ママや私自身があって良かった!と思った出産入院グッズを紹介したいと思います。私自身が出産時に使っていたものや、先輩ママたちのおすすめもまとめています。

陣痛の話妊娠・出産

いざ始まって頭の中が真っ白になる前に知っておきたい陣痛のはなし

陣痛がきたら出産まであと少し!陣痛は赤ちゃんが出てくる合図です。実際に陣痛が始まると、除々に痛みが増していって頭の中が真っ白になり、正常な判断ができなくなります。特に初めてママになる方は、陣痛が始まる前の心に余裕がある時に、陣痛について詳しく知っておきましょう。この記事では、私自身の体験も含めながら陣痛についてまとめています。

臨月の過ごし方臨月

「陣痛まだかな…」と不安な気持ちを抱えるママへ送る臨月の過ごし方

臨月に入り、赤ちゃんと会えるまであと1ヶ月。「そろそろかな〜」「まだまだかな~」とママにとっては待ち遠しい時間でもあり、同時に「いつ陣痛が始まるんだろう?」という不安な時期でもありますよね。そんな不安を少しでも解消できればと思い、私自身が臨月の経験・陣痛が来るために実践したことをまとめてみました。