見過ぎは悪影響!テレビ用ベビーガードで近すぎを防ぐ!赤ちゃんとテレビの話

赤ちゃんとテレビ

赤ちゃんがいろんなものに興味を持つようになると、音や映像が動くテレビにも興味を持つでしょう。赤ちゃん向けのテレビ番組も多数ありますが、あまりテレビを見せすぎるのは良くないと考えられています。今回は赤ちゃんとテレビに関してのお話です。保健所のスタッフさんから聞いたお話なども参考に、まとめてみました。

テレビを見過ぎるとこんな悪影響が…

パパやママがテレビを付けていると、テレビをじっと見つめる赤ちゃんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんは大人と違い、テレビの内容を理解するというよりも、テレビが放つ光や音、色に興味を持ちます。赤ちゃん向けのテレビ番組は、賑やかな音楽がなったりと赤ちゃんの興味を引くような内容になっているのもそのためです。大人の真似をするようになると、テレビのチャンネルを自分で変えたりする動作も見られます。ママやパパと一緒に多少見る分にはもちろん問題はありませんが、赤ちゃんがテレビを見過ぎていると、以下で紹介するような無視できない影響が出てきます。

言葉の発達が遅れる

2歳未満の赤ちゃんがテレビを長時間見ていると、日常会話に必要な言葉を話す時期が遅れると言われています。1日8時間以上テレビを観ている赤ちゃんは、言葉の発達が遅れる可能性が高いようです。

コミュニケーション力に影響

パパやママとお話するのとは違い、テレビは一方的に音や映像が流れているだけなのでコミュニケーションを取ることができません。赤ちゃんがテレビを見て話しかけても応えてくれませんよね。自分が話した言葉に反応がないと、それをやめてしまう子どももいます。赤ちゃん言語発達やコミュニケーション能力を養うためにも、テレビをつけたままにせず、きちんと目を合わせてお話する時間を大切にしましょう。

将来的な視力への不安

テレビを至近距離で毎日観ていると大人でも視力が下がるように、赤ちゃんでも将来的に視力が下がる可能性があります。赤ちゃんの視力は、生後1ヶ月頃で0.02、半年で0.2、1歳半で0.4、4歳頃で1.0ぐらいに発達します。至近距離で観るクセがつくと、視力が低下しはじめる時期も早まるでしょう。視力が下がるのは遺伝の影響が大きいとは言われていますが、早い時期からの視力低下を予防するためにも環境は整えてあげたいですね。

赤ちゃんとテレビを見るときのルールを作る

朝や夕方の忙しいときには、子どもが家事の邪魔をしないようにテレビを付けるというママも多いでしょう。長時間のテレビ視聴による子どもの視力への悪影響を考えると、あまり見せすぎもよくないな…。と考えると思います。そんなときのために、テレビを見るときのルールを作っておくと安心です。

赤ちゃんにテレビはどのぐらいの時間観せて良い?

私の場合、掃除や洗濯・食事の支度などで忙しい時には、ついテレビを付けてそちらに集中させようとします。数分ですが、娘の動きがストップし、テレビに集中するので、こちらの作業がはかどるからです。しかし、テレビの見過ぎには気を付けなくてはいけません。長時間テレビを見せ続けることで、赤ちゃんへの悪影響が出るからです。保健所のスタッフさんのお話だと、だいたい1日1〜2時間ぐらいにして、ずっとテレビを付けておくのはNGだそうです。

赤ちゃん向け番組はママ・パパと一緒に観る

赤ちゃん向け番組も、内容が赤ちゃん向けなだけで歌や音・映像が一方的に流れているのは変わりません。赤ちゃんを1人にさせず、パパやママと一緒に観るようにしましょう。たとえば、歌が流れているときには一緒に歌ってみたり、ダンスであれば赤ちゃんの手足を動かしてあげたりすると赤ちゃんも楽しみますし、コミュニケーションの一環になります。

パパ・ママがテレビに集中し過ぎる事が無いように…

テレビはママの育児ストレス解消道具としても欠かせない存在でしょう。私もhuluを駆使して見逃したドラマや映画を観ています。しかし、ママが真剣に観ているうちに、赤ちゃんは1人ぼっち…ということにならないように気を付けてくださいね。夫のトラさんは、テレビに集中するあまり、娘がいつの間にかこんなことしていた!なんてことが多々ありました。事故につながらないためにもテレビを観ながらでも赤ちゃんの存在は確認しておきましょう。

育児疲れのママに参考にして欲しい産後ストレス解消法

2016.05.25

育児疲れのママに参考にして欲しい産後ストレス解消法(パパ目線編)

2016.05.26

テレビ用のベビーガード(ベビーゲート)で近くで見過ぎを防ぐ!

ベビーガードと言えば、一般的には赤ちゃんがモノに触れないように防ぐために使います。ですが副次的効果として、テレビの周りにベビーガードを設置することで赤ちゃんがテレビのすぐ近くでテレビを見るのを防ぐ効果もあります。ジョイントできる組み立て式のベビーゲートにしておくと、他の場所でも使いまわしができるのでおすすめです。赤ちゃんがテレビを付けるとすぐ近くに寄って行ってしまって困っている場合は、検討してみてください。

良い影響か悪い影響かはパパやママの教育次第!

赤ちゃんはテレビからの映像や音により、視覚や聴覚を刺激されて興味を持ちます。使い方を間違えると、赤ちゃんの心の発達や、言葉の発達にも支障をきたします。テレビをつけていると楽だから、まぁいいか…ではなく観る時間を決めて、子育ての道具として楽しく使いこなしましょう。ママが触れ合いながら一緒にテレビを観るだけでも、だいぶ違うようですよ。

ひつじから一言
うちの娘は最近おかあさんといっしょが大好きです。一緒に座って見る時は、抱っこしながら娘の手足を動かしてみたり、話しかけながら観るようにしています。一緒に観ると楽しいのか、笑うこともしばしば…。長時間観せすぎないことを意識していきたいと思います。