トイレトレーニングはいつから?おまるは使う?〜トイレトレーニング導入編〜

赤ちゃんのトイレトレーニング

子どもが大きくなると、気になるのが「トイレ」の問題です。トイレトレーニング略して「トイトレ」として、子育てママや保育園でも実施されています。今回はトイレトレーニング導入編として、気になるトイトレの開始時期や、おまるを使うのかなどについてまとめてみました。我が家の娘も、そろそろかな…とおまるの購入などを検討中しています。これからトイレトレーニングを…と考えているママは参考にしてみてください。トイレトレーニングの進め方については、改めてご紹介します。

トイレトレーニングのタイミング

保育園と自宅では開始時期が異なる

保育園などでは1歳〜1歳半ぐらいからトイレトレーニングを開始するところが多いようです。もちろん、自宅でも1歳過ぎから開始するママもいますが、多くは2歳過ぎからを目安にトイレトレーニングを始めるようです。今までオムツにそのまましていたオシッコやウンチを、トイレでできるようにトレーングしていきます。いきなりレベルの高いことを進めるのは子どもにとってもストレスが溜まることです。少しずつ慣らしていくことで、子どもにとってもストレスなく進められるようです。

開始の合図は?

いつトイレトレーニングを始めればいいか迷うママも多いでしょう。育児書などでは下記の2つポイントが紹介されています。

言葉や体の発育

オムツを外すためには、子どもが自分でオシッコやウンチをしたいと伝えることができるかが大切です。オシッコが溜まる膀胱が発達すると、間隔が2〜3時間おきになります。膀胱が発達したかどうかは、オムツが何時濡れたのか・1回のオシッコ量が増えたかをチェックすることでわかります。オシッコが出やすいタイミングとしては、朝起きたあとや昼寝のあと、食事の後やお風呂の前など子どもによってさまざまです。トイレに誘うタイミングもママがトイレに行く時に誘ってみたりいろいろ試してみましょう。また、オシッコのことを「ちっち」「シーシー」と言うようにママに伝えられるかも判断のポイントです。

言葉や行動の理解力

最初はオシッコやウンチはトイレでするもの、ママや大人の言葉を理解できるかもポイントの一つです。子どもがトイレに自分で行けるようになるのをサポートするのがトイレトレーニングです。トイレにいきなり連れて行ったり、おまるに無理矢理のせてしまうと嫌がってトイレトレーニングが進まないということもあります。大人がトイレに行く際に、子供と一緒に連れて行くのも良いでしょう。トイレに行く意味や行動を理解できるぐらい発達しているのかも開始するかどうかの判断基準のようです。

ひつじのコメント
冬場は厚着になるためオムツの状態が判断しにくいので、薄着になる夏場に開始するママが多いみたいですよ。

トイレトレーニングに「おまる」は有効?

子どもにトイレを教えるために有効なグッズがおまるでしょう。赤ちゃんの腰がしっかりしはじめてから、トイレに慣れるためにおまるを用意するママも多いようです。子どもをおまるに座らせて「ここでオシッコするんだよ」と教えてあげるのもトイレトレーニングにつながります。おまるをいつごろから使用しているかTwitterでフォロワーさんにアンケートをとってみたところ、このような結果になりました。

アンケート結果を見ると、およそ6割の方がトイレトレーニングにおまるを使っていて、1歳〜2歳の間で用意し始めるママが多いようですね。一方で、おまるは使わなかったという人も4割程度います。ただし、おまるを使わなかった場合でも、補助便座など、何かしらのトイレトレーニンググッズは使っているママが大半でした。

人気のおまるあれこれ

アカチャンホンポや西松屋といったベビー用品専門店や、楽天やAmazonなどで人気のおまるを紹介します。

ベビーレーベル おまるでステップ

腰がしっかりする6ヶ月頃からおまるとして使用できます。3つのステップで使い分けができます。最初はおまるとして使いはじめ、慣れてきたら取っ手つきの補助便座とステップ(踏み台)として使えます。トレーニングの最終段階は取っ手なしの補助便座+ステップ(踏み台)として、子どもの成長に合わせて機能をステップアップします。

  • 6ヶ月〜:取っ手付きおまる
  • 1歳半〜:取っ手あり補助便座とステップ(踏み台)
  • 2歳頃〜:取っ手なしの補助便座とステップ(踏み台)

アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付き

子どもに人気のアンパンマンがおまるになりました!なんとこのアンパンマン、ボタンをおすと音がなるんですよ。ボタンは全部で3つあり、アンパンマンのおしゃべりが3種類、音楽が3曲、トイレを流す水の音がします。一部のママからは遊んでしまってすっかりおもちゃになってしまったという声も聞きますが、楽しくトレーニングするという意味では良い口コミも多いです。

  • 6ヶ月〜:取っ手付き型おまる
  • 10ヶ月〜:洋式イス型おまる
  • 1歳半〜:取っ手付き型補助便座
  • 2歳頃〜:洋式イス型補助便座
  • トレーニングが完了したら踏み台として使える

トイレトレーニングで使いたいグッズ

おまるを買うのは場所も取るし…というママも多いかもしれません。おまる以外に実際にトイレトレーニングで使っているグッズを紹介します。

補助便座

大人の便座にいきなり赤ちゃんの小さなおしりをのせるのは危険です。子ども用の補助便座を用意しておきましょう。おまるにはだいたい補助便座機能がついているものが多いので、おまるを購入してそのまま補助便座として使用している家庭もあります。

踏み台

便座と同じく、大人のトイレのサイズはかなり大きいもの。ウンチのときにいきむためにも、足を置く踏み台があると安心です。踏み台は一つ用意しておくと、トイレ以外にも洗面台などにも使えます。

トレーングパンツ

トレーニングパンツとは、オムツに比べて吸水力が少ないため、オシッコによって濡れた感じや不快感をかんじやすいように作られています。普通のパンツに移行する前の練習として使うので、トレーニングをはじめたばかりの頃はあまり使用しないようです。

絵本

言葉が発達して、トイレの意味も理解できるようになった子ども向けに、絵本を読んで伝えるというのも一つの方法です。2歳以降向けの絵本がほとんどです。

どんな絵本が人気?1歳半頃の赤ちゃんが興味を持つ絵本

2017.03.10
ひつじから一言
今回は娘のためのおまる購入を意識しはじめたことがきっかけで、トイレトレーニングについてのお話を書いてみました。実際に娘のオムツが外れたかどうかは、後日別のお話でにまとめたいと思います。