赤ちゃんへのタバコの煙の影響

赤ちゃんへのたばこの煙の影響

赤ちゃんとお散歩していると、喫煙所の側を通らなければいけない時や、歩きタバコをしている人の側を通らざるを得ない時がありますよね。子育てママにとって、赤ちゃんに害があるものは近づけたくないというのが本音でしょう。今回は、赤ちゃんへのタバコの煙の影響について書きますです。妊娠中や授乳期のタバコについても触れています。

タバコの煙に含まれる有害物質

タバコの煙には発がん性物質が含まれており、その数はなんと60種類にも及びます。そして、化学物質は4,000種類以上と言われています。化学物質と言ってもピンと来ないかもしれませんが、排気ガスや殺虫剤、ペンキ塗料に含まれている物質といえば体に悪いんだなというのが伝わるでしょうか。依存性の高いニコチンは、一度依存してしまうとなかなかやめられない麻薬に似た怖い成分です。

妊娠中の喫煙

妊娠中の喫煙は、早産や流産のリスクが高まります。タバコの煙に含まれるニコチンは血管を縮める作用があるため、胎児を守るために大切な子宮や胎盤に充分な量の血液を送れなくなってしまいます。また、煙に含まれている一酸化炭素は胎盤の働きを妨げ、胎児の発育を遅らせるだけでなく、先天性発達障害に陥るケースもでています。生まれてからも、低体重児になる確率も高く、死亡してしまうこともあるようです。

授乳中の喫煙

ママの体内に入ったものがそのまま母乳の成分になるように、喫煙するとタバコの煙の成分も母乳として赤ちゃんに吸収されます。赤ちゃんは身体がまだ未発達なので、母乳に含まれたニコチンを体内に排出できずに溜めこんでしまい、やがてニコチン中毒になります。ニコチン中毒の状態になった赤ちゃんは、眠れない、不機嫌、嘔吐や下痢の症状が現れます。喫煙しているママと一緒に生活している子どもは、早くから喫煙を開始する傾向が高いとも言わわれています。

子どもと受動喫煙

タバコの煙は、空気によって流れてきます。そのため、鼻・耳・喉といった空気の通り道になる部分は、タバコの煙の影響を受けやすい部分です。子どもに与える受動喫煙の健康被害としては、気管支炎・肺機能の低下・中耳炎と言った症状がみられます。子どもの体内に入ったタバコの煙は、脳の働きを鈍くさせたり成長を妨げます。言語能力が低い、注意力がないといった子どもになるようです。

喫煙する家族に注意

赤ちゃんと同じ家でタバコを吸う家族がいる場合、赤ちゃんにはデメリットしかありません。妊娠中にママの側でタバコを吸った場合、当然お腹の中の赤ちゃんにも受動喫煙の影響が出てきます。タバコの煙に含まれるニコチンが胎児の成長を妨げ、乳幼児突然死症候群(SIDS)になる確率が喫煙しない家族に比べて5倍も高くなります。喫煙者がいる家庭で育つと、子ども自身が喫煙していなくても将来肺がんになるリスクが2倍ほど高くなると言われています。赤ちゃんの将来のためにも、出産のタイミングでタバコとの付き合い方を考える家族が増えて欲しいです。

カーテンやクッションなどにも…

換気扇の下やベランダで喫煙していても、その煙は目に見えないだけで室内に付着しています。カーテンやクッション、カーペットにはタバコの煙に含まれる有害物質が固着しているのです。それらに赤ちゃんが手を伸ばし触っているところを想像してください。ちょっと寒気がしますよね…。万が一、赤ちゃんと生活している部屋でお客様がタバコを吸いたいと言い出しても全力で阻止しましょう!

ひつじから一言
ママ・パパが吸っていなくても、同居している他の家族が喫煙しているだけで赤ちゃんへの様々な病気のリスクが高まります。外出時も、できれば喫煙所のそばを避けたり工夫したいところです。我が家では私も夫もタバコを吸わないので、ニオイにすごく敏感です。お隣さんがベランダで吸っていると、風向きによってこちらに煙が来るのがすごく嫌でした。赤ちゃんの着ている服や、使うタオルに臭いが付いてしまったら…と考え、一時期室内干しにしているぐらいでした。今はもう引っ越されたようですが、煙は他の人に無関係という概念を改めてほしいです。