赤ちゃんの洗剤と柔軟剤のはなし〜正しい知識と洗い方のコツを身に付けて赤ちゃんの肌を守ろう〜

赤ちゃんの洗剤・柔軟剤

通常の洗濯洗剤には、汚れを取るためにたくさんの成分が含まれています。しかし、赤ちゃんの肌に直接触れる衣類を洗うことを考えると、できるだけ肌に優しい洗剤を選びたいですよね。今回は赤ちゃん用の洗濯洗剤と柔軟剤のお話です。洗剤に使われている成分や赤ちゃん用洗剤の選び方・洗い方のコツについてまとめてみました。

洗濯洗剤の種類

普段私達が使用している洗濯洗剤には、実はたくさんの種類があり、肌に害がないものや害があるものなど種類によってさまざま成分が含まれています。

界面活性剤

水や油など、性質の異なるもの同士をなじませることができる界面活性剤は汚れを落とすために必要不可欠です。下記の2種類があります。

天然界面活性剤

天然界面活性剤とは、もともと自然界に存在する界面活性剤を指します。

  • リン脂質 … 細胞膜を構成
  • ペチプド … アミノ酸の化合物
  • レシチン … 食品を乳化する作用がある
  • ガゼイン … 乳製品に含まれるタンパク質の一種で、乳化作用がある
  • サポニン … コレステロール除去・血栓を防ぐ

例えば、サポニンが含まれる植物であるヘチマは、石けんの代用品としても活用されています。天然界面活性剤は洗浄力は低いですが、肌への影響は少ないのが特徴です。

合成界面活性剤

自然界にもともと合ったものではなく、成分を合成したり化合した界面活性剤を指します。ややこしくなりますが合成界面活性剤の中にも更に分類があり、天然由来の原料の天然系合成界面活性剤と、それ以外の石油系合成界面活性剤に分類されます。石油系合成界面活性剤は量産がしやすく、高い洗浄力もあるため洗濯洗剤の他に食器洗剤・シャンプーといった種類にも利用されています。

天然系合成界面活性剤
  • ラウリン酸Na(石けん系) … ココナッツオイルやヤシ油に含まれる成分
  • アシルグルタミン酸(アミノ酸系) … ヤシ油から生成される
  • ショ糖脂肪酸エステル(脂肪酸エステル系) … ショ糖と食用油脂肪を分解してできたもの
石油系合成界面活性剤
  • ラウリル硫酸Na
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミン(高級アルコール系)
  • α-オレフィンスルフォン酸Na(石油系)

石油系合成活性剤は高い洗浄力を備えている一方で、強い成分が含まれているので、肌を傷つけてしまう恐れがあります。洗剤やシャンプーで肌荒れが起きる人は、これらの成分が原因かもしれません。

漂白剤の種類

洗濯洗剤では落ちない汚れを取るのが漂白剤の仕事です。漂白剤は、化学反応によって衣類についたシミや汚れを分解し汚れを落ちやすくします。色落ちの心配のない白物に使用する塩素系と、洗濯用の漂白剤に使われる酸素系の2種類があります。更に、酵素系は粉末と液体の2タイプに分かれます。

  • 塩素系(液体)…アルカリ性、主成分は次亜塩素酸ナトリウム、非常に漂白力が強く白色の衣類に使用する。
  • 酸素系(粉末)…弱アルカリ性、主成分は過炭酸ナトリウム、液体の酸素系漂白剤よりも漂白力が強い。衣類をつけ置きしておくと効果がみられる。
  • 酸素系(液体)…弱酸性、主成分は過酸化水素、洗濯物と一緒に洗うことで効果が発揮される。

人の肌は弱酸性なので、弱酸性の酸素系(液体)を使うと、肌への負担も少なく漂白ができます。

柔軟剤

柔軟剤の役割は、洗濯洗剤や漂白剤を使って汚れを落とした衣類を、柔らかく仕上げほんのり香りを残すことです。仕上げの品です。赤ちゃんの衣類やタオルなどは、柔らかく仕上げて気持ちよく使ってほしいですよね。ただし、香り成分が肌に合わないという事例もあります。使う人の体質によってはアレルギー反応がみられることもあるので要注意です。

赤ちゃん用洗剤はどうやって選ぶの?

赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、ベビー服用の洗濯洗剤を選ぶポイントを紹介します。

  1. 天然界面活性剤が安心
  2. 無添加・無香料
  3. 洗剤が残りにくいタイプを選ぶ

赤ちゃんの肌を傷つけてしまう可能性が高い石油系合成界面活性剤は、湿疹ができている時期には避けた方が良いでしょう。衣類に残った洗剤が、肌を刺激してしまう恐れがあります。天然系合成界面活性剤であれば、洗浄力は多少落ちますが肌への負担も少なく安心です。ベビーソープと同様に直接肌に触れるものなので無添加・無香料のものを選んであげると、赤ちゃんにも安心です。

Dolci Bolle ナチュラルウォッシュ

赤ちゃんの肌がデリケートな場合は、Dolci Bolle ナチュラルウォッシュ がおすすめです。ベビーソープが有名な Dolci Bolle シリーズはとにかく洗剤の成分にこだわっていて、赤ちゃんの肌にも自然にも優しい天然由来成分100%の洗剤です。洗剤の成分はトウモロコシやヤシ油由来の洗浄成分を使っています。もちろん無添加にもこだわり、蛍光剤・漂白剤・着色剤・合成香料は一切使っていません。

更に特徴的なのは、洗浄成分に珪素(ケイ素)が含まれていることです。水溶性珪素濃縮溶液中のケイ酸Naは、選択補助剤として洗浄力を向上させてくれます。天然由来成分にこだわりつつも、見えない所で洗浄力を上げるための工夫が施されています。一般的な洗剤と比べるとお値段はやや高いですが、濃縮タイプなので見た目以上には長く使えますよ。

さらさ

P&Gから販売されている衣類用無添加洗剤です。蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加です。発売当時は大々的にテレビCMで宣伝していたので、知っている人も多いかもしれません。肌が敏感な夫のとらさんが一人暮らしをしていた時は、このさらさ一択だったそうです。我が家でも、このさらさには頻繁にお世話になっております。最近、P&Gの表記ではなく「アリエール」のブランド表記をするようになり、無添加を謳いながらも洗浄力が高い印象を与えようとするブランド戦略が垣間見えます。

但し、無添加を全面に出しているものの洗浄成分には合成界面活性剤を使っています。もちろん、他の洗浄力が強い洗剤と比較すると肌へのダメージは軽減されますが、天然由来成分100%では無いのでその点はご注意ください。

アラウベビー

無添加洗剤ブランドではさらさの他に「arau.(アラウ)」も有名ですが、このアラウから赤ちゃん用の洗濯洗剤のアラウベビーシリーズが販売されています。アラウベビーの洗濯用せっけんは、合成界面活性剤・蛍光剤・漂白剤・合成香料・着色料・保存料が全て無添加で、柔軟剤をいれなくてもいくらかはふっくらと仕上がるように、ラベンダー&スペアミントの天然精油を配合しています。また、手洗いの事を考えママの手に優しいアロエエキスも配合しています。お値段も無添加&天然由来の洗濯洗剤としてはリーズナブルなので、赤ちゃんの肌のために安心・安全な成分を求めるママにはおすすめの洗剤です。但し、洗浄力は一般的な洗剤と比較すると弱いと感じるかもしれません。

赤ちゃん用タオルや衣類もふっくら仕上げたい

肌へのダメージが少ない洗剤を使いたい一方で、赤ちゃんの使用するバスタオルや衣類がゴワゴワだとちょっと可愛そうですよね。ふっくら柔らかく仕上げるためにも柔軟剤を使用したい!というママもいるでしょう。そんなときは赤ちゃん用の柔軟剤がおすすめです。洗濯洗剤でも紹介したさらさやアラウベビーは、敏感肌や赤ちゃんの肌にも優しい柔軟剤を販売しています。大人でも使えるので、洗濯洗剤と合わせて使ってもいいですね。

ベビー服洗い方のコツ

大人用衣類と分ける

大人と比べて肌の抵抗力が低い赤ちゃんは、石油系合成界面活性剤や漂白剤・柔軟剤を使用すると肌があれやすい傾向にあります。なので、赤ちゃんの衣類と大人用の衣類を分けて洗うことをおすすめします。赤ちゃんの衣類だけを洗濯するのがもったいないという気持ちもわかります。数日分まとめて洗うのも一つの方法ですが、離乳食やミルクの汚れはこびりつくとなかなか落ちないので早めに洗いたいので、我が家では面倒ですが毎日2回に分けて洗濯しています。

すすぎをしっかり

すすぎの回数が少ない早洗いコースは時間も水量も節約できてますが、赤ちゃんの衣類を洗う時は通常コースでの洗濯がおすすめです。早洗コースは、汚れが落ちきらなかったり洗剤が繊維の隙間に残ってしまったりするからです。大人のように肌が強ければ刺激を感じませんが、肌が弱い赤ちゃんは少しの洗剤の残りでも敏感で、すぐに身体に湿疹ができたりします。

洗濯ケーススタディ・我が家の場合
我が家の場合は、娘の衣類・バスタオルとタオル類を赤ちゃん用洗剤と酸素系(液体)で通常コースで洗濯します。その後、時間差で大人の衣類やバスマットといった汚れを落としておきたい物を石油系合成界面活性剤と柔軟剤を入れて早洗いコースで洗濯します。合計2回で洗濯していますが、使い分けることで娘の湿疹もなくなりましたし今後もその方法で選択する予定です。たまに、夫のとらさんも気を利かせて手伝ってくれますよ。

赤ちゃん用洗剤はいつまで使うべき?

だいたい生後1年ほどで、肌の抵抗力もついてくるので大人と同じ洗剤を使用しても問題ないようです。ただし、生まれつき肌が弱い赤ちゃんや、アトピー性皮膚炎など皮膚の持病のある赤ちゃんには、そのまま赤ちゃん用洗剤を使用し続けたほうが安心です。食事の汚れや、外出時についた汚れは赤ちゃん用洗剤だけでは落とせません。弱酸性で肌への負担も少ない酸素系(液体)漂白剤などを上手く活用しましょう。

ひつじから一言
洗濯洗剤一つとっても、赤ちゃんにとっては大切なことです。洗剤に使われている特定成分に反応して湿疹を起こしてしまう人もいるので、慎重に選びたいところですね。少し手間がかかりますが、最初の1年は赤ちゃん用洗濯洗剤を使って赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。