赤ちゃんのおすすめおやつ 〜栄養たっぷり!そのままでも食べれるバナナの話〜

赤ちゃんのおやつ バナナ

バナナは赤ちゃんのおやつとして人気な食品の一つです。バナナは歯ごたえもあって食べごたえもあるので、腹持ちが良いということで我が家でも重宝しています。実際1歳を過ぎたうちの娘も大好きで、1日置きぐらいに多い時は毎日食べています。そんなバナナに含まれた栄養、一体どんなものがあるのでしょうか?離乳食相談や栄養相談の時に聞いたお話などもまとめました。赤ちゃんのおやつ第3弾は、バナナの話です。

バナナの栄養素

ビタミンやミネラルが豊富

バナナはフルーツなので、ビタミンやミネラルが含まれています。主なビタミンはビタミンB6、ビタミンC、ミネラルではカリウムやマグネシウムなどが含まれています。水溶性ビタミンのビタミンB6は、皮膚や粘膜の健康維持効果も期待できます。消化吸収も良く食物繊維も含まれているため、便秘改善効果も期待されています。

バナナの甘さは天然成分!

黄色いバナナは甘くて子どもでも食べやすいですよね。バナナの甘さは天然成分であるショ糖・果糖・ブドウ糖・フラクトオリゴ糖からできています。ショ糖や果糖は食べてからゆっくりとエネルギーに変換されるので、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。ブドウ糖はアミノ酸になり、すぐにエネルギーに変換されます。また、難消化性オリゴ糖の一種であるフラクトオリゴ糖は腸内のビフィズス菌のエサになり、腸内環境を整えてお通じも良くしてくれます。バナナに含まれるさまざまな糖が身体のために活動しているのです。

実は低カロリーなバナナ

カロリーも1本90gあたり84kcalとかなり低カロリーです。下記の朝食に代表される食品と比べるとだいぶカロリーが抑えられることから、ダイエット時の朝食として活用している人もいます。

朝食に食べられる主食の100gあたりのカロリー

  • 白米 … 168kcal
  • 食パン … 264kcal
  • コーンフレーク … 384kcal(牛乳は含めない)
  • とらの大好物おもち … 235kcal

バナナはいつから食べられるの?

最初は加熱して

生まれたばかりの赤ちゃんは、バナナを生でそのまま食べることができません。離乳食初期の段階でバナナを試す時には、まず加熱します。生後7ヶ月頃からは、そのまま与えてOKだそうです。

2回食は食事として

2回食の頃はおやつとしてではなく、食事として与えます。野菜・フルーツの摂取量の目安は20〜30gです。だいたいバナナ1本が約90gなので、1/3ぐらいが目安ということになります。たくさん食べてくれる赤ちゃんであれば、欲しがるだけ与えても大丈夫です。ただし、バナナは甘くて食べやすいので与えすぎるとご飯やおかゆなどの食事を食べなくなることもあります。いろんな食品をバランス良く与えましょう…と言いたいところですが、赤ちゃんは気分屋です。食べない時は何をやっても食べないので、食べられるものを与えてみてください。

離乳食のステップアップ「2回食」

2016.06.08

3回食以降は食事かおやつとして

3回食の頃は30〜40gが1回の食事での野菜やフルーツの目安量です。3回食が始まると、おやつとしてバナナを与える機会もあります。食事の時には別の野菜やフルーツを与え、そのままでも甘いバナナは食べやすいおやつとして与えるのがおすすめです。食事の量は赤ちゃんによって個人差がありますが、離乳食後期〜完了期になると1本食べられる子もいます。ただし、丸飲みしないように小さく切って与えましょう。

離乳食の最終ステップ「3回食」気になるスタート時期、量や献立は?

2016.07.04

いろんな食べ方がある

離乳食の進行状況によって、バナナもいろんな調理の仕方があります。最初はペースト状につぶして与えていたものも、離乳食のステップが進むに連れて5mmサイズのいちょう切りにしたり、1cmサイズにしたり…。大きさだけではなく、柔らかさも進行状況によってペースト状にしたり、舌でつぶせるぐらいにしたり、歯ぐきでつぶせるぐらいにしたりとさまざまです。

バナナとの相性の良い食品

きなこ

栄養士さんから聞いたレシピですが、バナナを5mmサイズに切って、きなこをまぶします。(月齢が小さい赤ちゃんには電子レンジで30秒ほど温めてあげると柔らかくなります)お好みでヨーグルトを入れるのも美味しいです。娘が離乳食中期頃に試しましたが、結構食べてくれました。大豆からできたきなこは栄養がたっぷりで食物性タンパク質も同時に摂取できます。

ヨーグルト

オリゴ糖をいれてあげるとほんのり甘さがプラスされます。バナナをおやつに半分ぐらい食べられるようになった9ヶ月頃に、バナナも同じ食べ方だと飽きるかな?と思って、プレーンヨーグルトと混ぜて食べさせたところバクバク食いつきました。きっと、バナナが好きなんでしょうね。

赤ちゃんのおすすめおやつ 〜ヨーグルトやチーズなどの乳製品とカルシウム編〜

2017.01.27

ホットケーキミックス

バナナがちょっと熟しすぎた時に試した、バナナとホットケーキミックスを使ったクックパッドのレシピです。つぶしたバナナとホットケーキミックス、卵、豆乳(粉ミルクでも可)を混ぜて炊飯機で待つだけのお手軽パンケーキは結構美味しいです。小分けしておけばお出かけしたときのおやつにもなります。熱を通すとバナナの甘味が増すので、大人でも美味しく食べられます。クックパッドのレシピには毎回助けられています…。

余った粉ミルク

これまたクックパッドのレシピで見つけたものですが、余った粉ミルクを使ってバナナプリンもできるみたいです。バナナをつぶして、粉ミルクと卵に混ぜるだけなので楽ちんですね。

月齢が大きくなればいろんな調理法が試せる!

月齢が大きくなれば、食べられる食材も増えてくるのでバナナを使ったいろんなおやつや料理が試せます。2〜3歳ぐらいになればほぼ大人と同じ食事になるので、その頃の赤ちゃんのおやつもいろいろ試してみましょう。

ひつじから一言
今や娘のおやつとして欠かせなくなったバナナ。何気なく与えていたのですが、離乳食相談でバナナの栄養について聞いて今更ながら驚いています。大人も少し体調を崩したときや、食欲が無いときにもバナナで元気になれそうですね。