赤ちゃんへの薬の飲ませ方

赤ちゃんへの薬の飲ませ方

赤ちゃんが風邪を引いたり病気にかかったりしたら、飲み薬を飲ませる機会も増えてきますよね。大人の場合は処方された薬を飲むことは簡単ですが、赤ちゃんの場合にはそうはきません。無理やり飲ませようとすると、嫌がって吐き出したりすることもあります。私も娘が風を引いた時に、なかなか飲んでくれなくて悩まされました。今回は赤ちゃんの薬に関する話です。

赤ちゃんの飲み薬

赤ちゃんの飲み薬には粉末状のもの(粉薬)シロップ状のものがあります。大人が服用する分には、あまり苦味は感じませんが赤ちゃんにとってはまぁ苦くて美味しくはないものです。

どちらの形状にしろ、飲ませるママは一苦労です…。

薬の飲ませ方

粉末薬

ペースト状にする

小児科でも勧められた方法です。一度で飲み込めるように少しの水で少しペースト状にします。ひとかたまりにした後、赤ちゃんの上顎めがけて口の中に入れます。

お水をぐいっと飲ませる

口の中に入れた後は、お水白湯を飲ませます。薬が一気に飲めるので、わりとスムーズに飲み込めます。ただし、タイミングが悪いと咳と一緒に吐き出してしまうこともあるので気を付けてください。

ミルクとは混ぜない
薬の苦味が苦手な赤ちゃんでも、ミルクと混ぜて飲ませることはNGです。薬の苦味のために、ミルクを飲まなくなることがあるからです。同様に主食であるおかゆやうどんなどにも混ぜないようにしましょう。

シロップ

量を守る

目盛がついた蓋を使用して1回分の量を計ります。この時、面倒だからといって目分量で計るのはNGです。赤ちゃんの病気の回復に関わることなので適量を守りましょう。

スプーンを使う

離乳食用のスプーンなど、赤ちゃんが口に入れても痛くないものを使用します。嫌がった時には、休憩を挟んで根気よくあげましょう。

スポイトを利用する

スポイトを利用し、シロップを少しずつ飲ませる方法もあります。口の奥に直接的に入れられるので、よく吐き出してしまう赤ちゃんにはおすすめだそうです。児童館で会うママも試してみたところ、嫌がる隙を与えずに服用できたと言っていました。ただし、使用後の洗浄や乾燥が面倒なので、私は使用しませんでした。

哺乳瓶の乳首を使う

普段からミルクを飲んでいる赤ちゃんには、哺乳瓶用の乳首を使うとスムーズに飲ませられます。普段ミルクを飲むものとは別に、薬専用があれば衛生面でも安心です。

蓋は使わない
シロップの蓋でそのまま飲ませるのは衛生的にNGです。なるべくおちょこのような小さいお皿に入れて飲ませます。

先輩ママおすすめの一品「おくすり飲めたね」

児童館で会うママ達に娘に薬を飲ませるのを相談したところ、おすすめしてもらった一品が龍角散の「おくすり飲めたね」です。授乳期の赤ちゃんも服用できるので、わりとぐずらず飲んでくれるようです。これを使っておけばもっとスムーズに飲ませられたのかも…と軽く後悔しています。次回もし服用する機会があったら試してみます。

我が家の飲み薬体験記

生後11ヶ月頃、夜中に喉が詰まってしまったのか「ゴホッゲホッ」と大きな咳をしていました。今までに聞いたことがない音だったので、私も夫もびっくり。しかし、その日はかかりつけの小児科が定休日だったため、やむを得なく自宅待機していました。翌日小児科に行ったところ、37.5度の熱と鼻水といった症状まで出てきて、風邪と診断されたのです。夏場、冷房の効いた部屋と真夏の暑さの外への行き来に身体がまいってしまったのかもしれないと言われました。

それからはエアコンの除湿機能ではなく29度の冷房設定にし、空気清浄機と扇風機を駆使して娘の喉に気を使っていました。もちろん、処方された薬も飲ませましたが、まぁ飲むのを嫌がりました。抗生物質などの粉薬や痛み止めなどのシロップを1日2回飲ませるのですが、首を振って嫌がって大変だったのを覚えています。

ひつじから一言
まだ小さい赤ちゃんは、薬を飲むの一苦労。早く良くなってほしいけど、無理矢理飲ませるのには抵抗が…と思っていましたが、いつまでも長引かせるにはいかないので強行突破のみです。パパがいれば協力してもらって乗り切りましょう。