子どもが風邪で発熱した時の対処方法・小児科を受診する判断とタイミング

赤ちゃんが風邪をひいたら

季節の変わり目は大人でも風邪を引く人が多く、それは子どもも同じです。子どもが風邪を引いた時には注意が必要です。とくに自分で調子が悪いと言えない小さい子の場合、様子を注意深くみる必要があります。今回はそんな子どもが風邪を引いた時についてのお話です。発熱した時の対処方法や、小児科を受診するかどうかの判断ポイントについて書いています。

発熱したときの家での過ごし方

発熱に気付いたら

子どもが熱を出したとき、家の中でどう過ごせばいいか迷ったりしますよね。発熱していることに気付いたら、まず体温を計ります。37.5℃以上の体温は保育園などで預かってもらえないので、ママやパパは仕事を休むかおじいちゃんおばあちゃんに相談して調整をしましょう。そして体温を計ると同時に下記のことをチェックしましょう。

  • 洋服を着せすぎていないか
  • 室内の温度は暑すぎないか

解熱の方法

熱が出て暫くの間は寒く感じることがあります。(大人でも悪寒を感じるといいますね)そのため、温かくして過ごすようにしましょう。熱が上がりきると、今度は涼しくして熱を下げてあげます。布団を無理矢理かけると、かえって暑苦しくなることがあるので、薄い毛布などを軽くかけてあげましょう。熱を下げるために体を冷やすといっても、どの部分を冷やすのが効果的なのでそうか。小児科の先生に聞いたところ、首や脇の下と行った太い血管が通っている部分を冷やしてあげるのが良いようです。

おでこを冷やす時は要注意!
おでこには太い血管は通っていないので、冷やしてもあまり解熱効果はないようです。月齢が小さいうちは、おでこに貼るのには注意が必要です。おでこに貼ることで、目を離したすきに位置がずれて口や鼻を覆ってしまいあわや窒息事故といったケースもあるからです。他にも、興味本位で口に入れて誤飲してしまうこともあるので、まだ判断がつかない年齢の子どもにはおでこに貼るのは控えたほうが良さそうですね。

小児科を受診するタイミング

熱が出てすぐに小児科を受診しなくても、家で安静にしているうちに熱が下がっているということもあります。それでも、下記の症状が出ている時にはなるべく早く小児科に行きましょう。夜間の場合、救急を利用しましょう。

  • 呼吸の乱れが激しい
  • ぐったりしている
  • 水分補給ができていない

じゆうきママでは、関連してこんなお話があります。合わせて参考にしてみてください。

薬の飲ませ方について

赤ちゃんへの薬の飲ませ方

2016.10.05

風邪の初期症状である咳や鼻水の症状について

気をつけたい赤ちゃんの症状 ~咳(せき)編~

2016.09.30

気をつけたい赤ちゃんの症状 ~鼻水編~

2016.10.03

我が家の娘も…

保育園に通うようになって、最初の頃、週末になると度々発熱によるお迎え要請が…。そんなひつじのつぶやきはこちらです…

そして最終的に一家全員体調を崩すという…。保育園に預けて助かることもある反面、困ることもあるというのは肝に銘じておきます。

ひつじから一言
子どもが風邪をひくと、その家族も風邪が感染することがあります。逆に他の家族から子どもに風邪をうつさないようにするためにも、手洗いうがいはしっかりしたいですね。我が家の娘も保育園での新しい生活で疲れがたまったのか、はたまた気温の寒暖差にやられたか、保育園で風邪をもらってきたのか鼻水が止まらず、発熱してしまいました。会社を休んで小児科へいき、処方箋をもらって薬を飲んで昼寝をしたらだいぶ熱は下がったので良かったのですが…

赤ちゃんが風邪をひいたら

お気軽にコメントください

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA