動き回る赤ちゃんにおすすめしたいケガ防止グッズ

動き回る赤ちゃんのためのケガ防止グッズ

寝返りをうち、ずりばいやハイハイを始めた赤ちゃんはやがてつかまり立ちを始めます。動くことができるようになり、好奇心旺盛でいろんなものに手を出すようになってママもヒヤッとすることが多くなるのではないでしょうか。なかなか「ダメ!」の意味も分かってくれず、イライラしてしまいますよね。今回は、そんな動き回る赤ちゃんを事故から守るためのおすすめケガ防止グッズを紹介します。

赤ちゃんが動くようになる前に対策を

部屋の環境をチェック

部屋のどんなところが危険なのか、あらかじめママとパパとでチェックしましょう。例えば家具などの角、ガラスなどが落下しないかなど、赤ちゃんが手を伸ばしそうなところは早めに物をどかしておくことをおすすめします。

動き回ってからでは遅い?

ものをつかむ、つかんだものを口にする、よじ登る…動き出した赤ちゃんは、室内での事故とくに転倒誤飲が起こりやすくなります。成長の早さは赤ちゃんそれぞれで、いつハイハイやつかまり立ちを始めるかはわかりません。まだまだ大丈夫と思っていても、明日からやりだすなんてこともあり得るのです。そうなった時に、お部屋の中が散乱していたり家具が倒れそうになっていたら危ないですよね。

動きまわる赤ちゃんを事故から守るおすすめケガ防止グッズ

事前にできる対策としては、万が一転んだりぶつけたりしときに大惨事にならないようにお部屋の環境を整えておくことです。ケガ防止グッズの中には100円ショップで揃えられるものもあるので、コストも抑えられますよ。我が家でも活用しているグッズも含めて紹介します。

コーナーガード、テープ

家具の角に頭をぶつけないようにコーナーガードをつけましょう。長さが必要な時はテープタイプも販売されています。我が家ではテレビラックの他、食器棚やタンスなどに貼っています。

ドアストッパー

風で飛ばされて扉がバタン!と閉められたときに赤ちゃんにぶつかってしまうなんてことも。自分で扉を開け閉めして遊ぶ赤ちゃんもいるので、付けておくと安心ですね。

コンセントカバー

濡れた手で触ると感電する恐れがあります。赤ちゃんがいたずらしないようにつけることをおすすめします。

テレビの転倒防止グッズ

我が家には夫のおかげでかなり大きめのテレビが娘の遊び場付近に陣取っています。耐震も兼ねて転倒防止のため、裏側に固定ポールを取り付けました。

ちなみに、夫がテレビを買った経緯は以下の記事で紹介しています。

育児疲れのママに参考にして欲しい産後ストレス解消法(パパ目線編)

2016.05.26

扇風機のネット

夏になると、扇風機に興味を持つ赤ちゃんもいるのではないでしょうか。スイッチや首振り機能のついた扇風機は赤ちゃんにとって目新しいらしく、すぐに遊ぼうとします。指を挟まれないように、ネットがあると便利ですよ。

その他夏に関する赤ちゃんのお悩みはこちらです。

季節ごとの赤ちゃんのお悩み対策 ~春・夏編~

2016.08.19

ベビーゲート

とくに一軒家のお住まいの方におすすめで、2階の階段から赤ちゃんが落ちないようにつけてあげましょう。実家では甥っ子の時から取り付けていて、今でも娘と遊びに行く時には大活躍です。歩けなくても赤ちゃんは階段をのぼることができます。階段の昇り降りに興味を持ち始めたら、万が一足を踏み外したりしても、しっかり支えてあげられるように必ず大人が赤ちゃんよりも下の段にいるようにします。頭から落ちてしまうのは大変危険です。昇るときでも下がるときでも、しっかり体ごと支えてあげましょう。マンションではキッチンなど火を使う場所にベビーゲートを付けておくと、油ハネや火傷の心配もなく安心です。

あくまで一例をご紹介したので、この他にもお部屋に合わせて設置しておくと良いと思います。赤ちゃんは予測不可能な動きをするので、ママもヒヤヒヤとイライラが止まらないでしょう…。赤ちゃんの室内の事故はパパママがちょっと目を離した隙に起こっています。なるべく事故に繋がらないように事前に準備してあげましょう。

注意していてもケガをしてしまうときもある

我が家の娘もやらかしました…

ちょっと目を離したすきに、何をやらかすのか予測できないのが子どもです。家の中でのケガを予防するために色々と準備していても、まさか!と思うようなことがあります。我が家も娘が1歳2ヶ月の頃に、ちょっと足を滑らせて上唇小帯を切ったことがありました。

上唇小帯を切ると出血がすごい

切った直後は出血がものすごいうえに、号泣し続けてこどもをあやすのも大変でした。とりあえず口をゆすぎ、何処が切れてしまったのかを確認し、かかりつけの小児科に電話。しかし、かかりつけの小児科に電話しても、受付時間外で留守電対応という間の悪さ。しかたがないので区の医師会に電話をかけたところ、こちらはこちらで夜間のみの対応と突っぱねられ…。途方に暮れながら別の小児科に電話したら口の中は専門外で対応してもらえず、最終的に歯科医師会に問い合わせて近所の小児歯科と口腔外科も対応してくれる歯医者を紹介してもらいました。

歯医者さんで消毒してもらい、様子見に…

その後は紹介された近所の歯医者さんに連れて行き消毒等の処置を行ってもらいましたが、一連のことにものすごく疲労感を感じました…。聞いた話によると、よほど深い傷でなければ縫うことはないようです。だいたい消毒をして、数日後にもう一度消毒をして様子をみることで落ち着きました。さいわいその後も以上がなく、今では傷口も塞がってめだたなくなりました。ケガをしてしまった時は、ケガの場所によって対処してもらう病院が異なります。あらかじめ、近所の病院の場所を確認しておくことをおすすめします。

唇小帯とは
唇小帯(じょうしんしょうたい)とは、上唇の裏側から上前歯の歯茎へ伸びる筋のことです。子どもの頃はこの筋が太く、ちょっとしたはずみで切れることがあります。切れてしまったら、娘のように出血がしばらくは止まりません。そしてものすごく痛いようで、号泣も止まりません。切れた時は、かかりつけの小児科か歯医者に連絡をして処置してもらいましょう。だいたいは消毒だけで処置は終わり、処方箋などはとくに出されません。痛みも一時的な用で、数時間ほどするといつもどおり遊んでいました。一度切れてしまっても再びくっつく子もいるので、小さいうちは転んで何度か上唇小帯を切ってしまう子がいるようです。

予防接種・乳児健診の病院はどう選ぶ?赤ちゃんと病院の話

2016.09.28
ひつじから一言
夫に似て寝相の悪い娘は、布団からはみ出しそうになることが多々あり、枕やクッションなどで対策しています。寝相の悪い夫と娘を一緒の布団で寝かせると、お互い潰し合いそうでヒヤヒヤします…。なので当分、親子川の字でのおやすみタイムはお預けです。