赤ちゃんの歯とはじめてのハミガキについての話

赤ちゃんの歯磨き

ベビーコーナーを見ていると、赤ちゃん用の歯ブラシを目にします。でも「赤ちゃん歯が生えたらすぐにハミガキをするの?」「いつからハミガキすればいいの?」という疑問を持つママも多いでしょう。今回は赤ちゃんの歯とはじめてのハミガキについてのお話です。歯科衛生士さんに聞いたお話なども、合わせて紹介します。

赤ちゃんにとってはじめてのハミガキ

乳歯が生えるのはいつから?

赤ちゃんの乳歯は早いと4ヶ月頃から下の歯が生えはじめ、授乳中にママのおっぱいを噛んでしまうなんてことも。中には生まれた時から生えていたという赤ちゃんもいます。だいたい6~9ヶ月頃に上の歯も生えてくるようです。しかし個人差があるので、なかなか生えてこなくても心配ないですよ。

歯磨きを始めるタイミング

上の歯が4本ぐらい揃い始めたら、始めましょう。それまではハミガキはしなくていいの?と思うママもいるでしょう。赤ちゃんはよだれがたくさん出るため、歯が揃うまではよだれで充分なのです。歯が生えはじめたら、離乳食の後にハミガキをして慣れさせるのもいいですね。

どんな歯ブラシを使えばいいの?

歯ブラシは毛先がブラシになっているタイプを選びましょう。喉につかえないようにストッパーが付いているタイプだと安心ですよ。

仕上げ磨き

赤ちゃんはまだ自分1人ではハミガキできません。ママが仕上げをしてあげる必要があります。歯科衛生士さんいわく、ハミガキを始めたばかりの頃は歯ブラシに慣れなくて泣いてしまう赤ちゃんがほとんどだそうです。慣れるまではママの膝の上に寝かせてハミガキしてあげましょう。

ミュータンス菌には要注意!
赤ちゃんの頃からきちんと歯を磨いていたのに、虫歯になっていた…なんてことを良く聞きます。そんな声を巷でよく耳にします。じつは虫歯の原因のほとんどは「ミュータンス菌」という虫歯菌が関係しています。生まれたての赤ちゃんの口の中にはこのミュータンス菌は存在しません。ミュータンス菌はママや周りの人の唾液が、口移しや同じスプーンを使ったりすることで感染してしまうのです。将来、虫歯だらけにならないためにもパパやおじいちゃんが赤ちゃんにチューしようとしたら、全力で阻止しましょう!!

赤ちゃんの頃から歯磨きの習慣をしっかりつけよう

大人にとっても大事なハミガキ。乳歯が虫歯だらけになって、治療に耐えるのも可哀想ですよね。赤ちゃんの頃からハミガキの習慣があれば虫歯のリスクもだいぶ減ります。予防接種と同じように、大人にできる対策は出来る限り実行してあげましょう。もし不安なことがあれば、保健所で行われる赤ちゃんの健康診断では、歯科衛生士さんが出張で来てくれることが多いので実際に聞いてみるのも良いですね。

ひつじから一言
我が家の娘は8ヶ月頃から上の歯が揃い始めたので、ハミガキを始めました。離乳食で泣き叫んだあとに、歯ブラシをおしゃぶりのように使ってご機嫌だったのを覚えています。最後の仕上げ磨きで、もう一度泣き叫ぶことになるのですが…笑