赤ちゃんのおすすめおやつ 〜お手軽フルーツパウチパック編〜

赤ちゃんのおやつ フルーツパウチ

1歳を過ぎると、離乳食が始まった頃よりも食べられる食品も増えます。食事のあとにもう少し食べたいという機会も増えてくるでしょう。我が家の娘も一人前にちょい足しを求めてきます。そんなあと一品という時におすすめなのがフルーツパウチパックです。生のフルーツと違い、冷蔵保存が可能なのもメリットのひとつでしょう。今回は赤ちゃんのおやつとしておすすめなフルーツパウチパックのお話です。

フルーツパウチパックって何?

食品を長期保存するために、パウチパックに入れて保存します。密閉されたパウチパックに入れることで、食品の品質を保ち長時間の保存が可能です。パウチパックの賞味期限は平均して1年ぐらいなので、災害時などに用意する非常用バックの中に入れておくのも安心ですね。食べやすい大きさにカットされているので、包丁を使わずに手軽に食べることができます

甘味料に注意

フルーツの甘味に加えて、甘味料が含まれていることがほとんどです。この甘味料、オリゴ糖などの天然由来のもの以外にスクラロースといった人口甘味料も含まれています。なので甘くて美味しいといっても、食べ過ぎはよくありません。

缶詰との違い

食品の保存として有名なのが缶詰です。賞味期限が平均3年前後と、缶詰の方がパウチパックに比べると長いのがメリットですね。ただし、処分するの場合は缶としてきちんと分別して捨てる必要があるのは、少し面倒な点です。すぐに使い切るなら、パウチパックの方が手軽でおすすめです。

どんなフルーツパウチがあるの?

娘のおやつに使っているパウチパックを紹介します。風邪を引いて、食欲がない時にもおすすめです。

はごろもフーズ

はごろものパウチパックが一番お世話になっています。メインは娘のおやつとして、余ったらひつじのヨーグルトのトッピングになります。

甘みあっさり みかん(パウチ)

1袋(総量180g・固形フルーツ90g)あたりの液汁含む栄養成分
  • カロリー(液汁含む):96kcal
  • たんぱく質:0.5g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:23.4g
  • ナトリウム:2mg
  • カリウム:83mg
  • ビタミンC:100mg

甘みあっさり 白桃(パウチ)

1袋(総量180g・固形フルーツ90g)あたりの液汁含む栄養成分
  • カロリー(液汁含む):98kcal
  • たんぱく質:0.5g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:23.9g
  • ナトリウム:0mg
  • カリウム:77mg
  • ビタミンC:100mg

コンビニのプライベートブランド

コンビニで気軽に購入できるフルーツのパウチパック。よく行くコンビニで売られているものを紹介します。

セブンプレミアム

みかん

1袋(180g)あたり88kcalです。シロップの中にガラクトオリゴ糖が含まれているので、フルーツ自体も甘みがあります。大粒なので満足感もありますよ。

白桃

1袋(180g)あたり91kcalです。うちの娘は「ももも」という絵本が好きなこともあり、ももだよ〜といってあげると嬉しそうに食べます。セブンプレミアムの白桃は、みかん同様大粒なので2〜3切れ食べて満足してくれます。

1歳前後の赤ちゃんにおすすめのジュレ

フルーツパウチパックとは少し違いますが、フルーツが入ったジュレも赤ちゃんのおやつにおすすめです。

森永製菓

フルーツでおいしいやさいジュレ 赤いの野菜とくだもの

4種の果実(りんご、ぶどう、レモン)、と4種の野菜(にんじん、トマト、有色甘藷、赤ピーマン、ラディッシュ)がジュレになっています。ちゅうちゅう飲めるので、娘のおやつによく利用していました。

フルーツパウチパックのおすすめの食べ方は?

そのままでも美味しい

甘いシロップに漬けられているフルーツは、そのまま食べてももちろん美味しいです。丸飲みしないように一口サイズにカットしてあげましょう。食事がなかなか喉を通らないときでも、甘いフルーツであれば食べられることもあります。体調が悪い時に試してみてもいいでしょう。シロップには糖が大量に含まれているので、丸呑みするのはおすすめできません。

ヨーグルト一緒に

砂糖不使用のプレーンヨーグルトと一緒にフルーツを合わせるのは、大人が食べても美味しいですよ。ヨーグルトについては他のお話でもいろいろ書いているので、合わせて参考にしてください。

赤ちゃんのおすすめおやつ 〜ヨーグルトやチーズなどの乳製品とカルシウム編〜

2017.01.27

育児中ママへのおすすめおやつ ~ヨーグルト編~

2016.09.26

フルーツサンド

クラッカーに水切りヨーグルトと一緒にフルーツをサンドするだけでフルーツサンドの完成です!手軽にできますし、子どものおやつとしても大活躍してくれますよ。

ミルクゼリーに添えて

牛乳とゼラチンで作ったゼリーに甘いフルーツを添えると、色鮮やかになりますし、ビタミンの栄養も摂取できます。小さいカップで作ってあげれば、食事の後もう少し食べたい時に大活躍です。

ひつじから一言
缶詰のフルーツは、缶切りがないと開けられないということもありなかなか購入しませんでした。しかし、パウチパックのフルーツは、ハサミで簡単に開封できますし、ひと入れずつカットされているので食べやすいこともありたまに購入しています。オリゴ糖が含まれているので、砂糖よりもカロリーが低いというのがまたおやつとして選びやすいポイントです。