離乳食の最終ステップ「3回食」

離乳食の最終ステップ「3回食」

生後9ヶ月頃から11ヶ月頃を目安に、今まで1日2回だった離乳食を1日3回へと移行していきます。この時期の離乳食については、各メディアや育児書などでは「離乳食後期」として取り扱っています。2回食でもいっぱいいっぱいなのに3回食にしても大丈夫かしら…と不安なママもいるでしょう。今回は3回食を始めるタイミングや量、食材についての注意について書いていきます。我が家の体験談についても書いているので、参考にしてみてください。

3回食を開始するタイミングとあげる時間・量

3回食はいつからはじめるの?

2回食をはじめて3~4ヶ月経ち、1食の食べむらがなくなってきた頃にはじめます。保健所や小児科などで行われている離乳食相談では、下記の特徴が見られたら3回食にステップアップするように指導がありました。

  • 1回の食事でこども茶碗1杯分を食べられる
  • 舌や上あごを使って歯ぐきで、柔らかいものがつぶせる

その他に食べることに興味を持てているかというのも大事なポイントのようです。2回食にしてから何ヶ月後といった決まりはないので、赤ちゃんの様子を見ながら進めましょう。

離乳食をあげる時間

朝昼晩の3回、なるべく食事の間を3~4時間目安に空けるようにします。この時はまだ大人と同じ時間に無理に合わせなくても大丈夫です。朝起きて母乳かミルク、10時頃にご飯、12時におやつ、14時にご飯、18時にご飯、最後の寝かし付けに授乳するリズムが一般的のようです。しかし、夕方は晩ごはんの支度で忙しいママも多いと思うので、タイミングを見計らってあげてください。娘も昼寝の時間と重なると、日によって1時間ぐらいずれることがありました。あまり遅い時間にあげてしまうと赤ちゃんが寝る時間も遅くなってしまうので、遅くても夜7時~8時ぐらいには食べ終わるようにしてあげましょう。

一回の食事の量

おかゆや野菜を含めて全部でこども茶碗1杯分ぐらいが目安です。それ以上食べるようであれば、欲しがる分食べさせても問題ありません。この時期は1回の食事での栄養を、離乳食から約60~70%をとるようにします。おかゆをなかなか食べない赤ちゃんは、じゃがいもやさつまいもなどをおやきにしてあげると、自分から手で持って食べようとします。ただし、おやきは丸飲みすると喉につまりやすいので注意してあげてください。

  • 穀類(おかゆなど):8090g
  • 野菜またはフルーツ:30~40g
  • 魚、肉など:15g
  • 豆腐など:45g
  • 乳製品:80g
  • 卵を与える場合は全卵1/2個

柔らかさは「ふわふわ」から「コロコロ」へ

おかゆは全がゆまたは5倍がゆにします。全がゆは大人が食べるおかゆと同じですが、若干お米を柔らかめにしてあげると食べやすいようです。5倍がゆは米と水の割合を1:5にして炊いたものです。今まで細かく刻んだり、すりおろしやつぶしていた食材も、せん切りや小さな一口サイズに切り、少しずつ食感を残すようにします。丸飲みをしないように、歯ぐきで挟めるぐらいの大きさが理想です。目安としては野菜や魚は5〜8mm角ぐらいの大きさです。

柔らかさの目安は今までお豆腐ぐらいの「ふわふわ」だったものを、指でおすとつぶれるバナナ状の「コロコロ」になると覚えましょう。

3回食の頃の離乳食メニュー

この時期は体を作るために必要なカルシウムや鉄分が不足しがちです。それらを意識したメニューを作ってあげると、赤ちゃんの成長にも役立ちます。ほうれん草や納豆、高野豆腐には鉄分が多く含まれており、比較的調理もしやすいので我が家でも重宝しています。レバーなど調理をするのに抵抗がある食材には、市販の離乳食で試してみるのもいい方法ですね。赤ちゃんが美味しそうに食べる姿をみると、たくさん食べさせてあげたいと思いますよ。いろんな食材を少しずつ試してみましょう。

食べられる食材が増える

以前紹介した2回食に加えて、下記のものも食べられます。

離乳食のステップアップ「2回食」

2016.06.08

穀類で追加できるもの

  • スパゲッティー
  • マカロニ
  • そうめん
  • 無糖のコーンフレーク
  • オートミール

お米やパンに加えて、これらのものが食べられるようになります。スパゲッティーやそうめんは、塩分がついているので塩抜きしましょう。食べる際はのどに詰まらないように細かく刻んであげます。

小麦アレルギーに要注意!
小麦はアレルギーが出やすい食品のひとつです。一口ずつ様子を見てあげましょう。コーンフレークやオートミールは赤ちゃん用の粉ミルクで煮てあげると食べやすいようです。

野菜類は食べ方を工夫する

普段大人が食べる食事と同じように、食卓で並ぶ野菜のほとんどが食べられます。ゴボウなどのアクが多い野菜はしっかりアク抜きし、トマトなど茹でても皮が残るものはむいてあげましょう。女性に人気のアボガドは油分が多いので、食事に取り入れるときは少量がおすすめです。リンゴやミカン・ブドウなども食べられますが、同じく皮をむいて、のどに詰まらせないように注意が必要です。

茹でた野菜をスティック状にして赤ちゃんに渡すと、手づかみで食べようとします。床が汚れるから手づかみさせたくない…というママも多いでしょう。しかし、手づかみで物を食べる赤ちゃんは、スプーンやフォークを使って自分で食べるようになるのも早いと言われています。テーブルの下に新聞紙やビニールシートを敷き、思い切って食べさせてあげるのもいいですね。

卵の白身にはより多くのタンパク質が含まれています。この時期は卵1個そのまま使うのではなく、半分程度にしとどめ、加熱してから与えるようにしてください。生卵の場合、少量でも小麦同様にアレルギーを起こしやすいので注意が必要です。卵のカラなどは赤ちゃんが興味を持たないように手が届かない場所に捨てましょう。

調味料は少量で

塩や醤油、味噌なども調理の過程で使用できますが、なるべく少量、できれば使わないことをおすすめします。離乳食では調味料を使った濃い味ではなく、野菜や魚から出る出汁で味付けし、薄味にしてあげましょう。あまり濃い味付けが続くと、薄味にした時に食べなくなるので気を付けてくださいね。

赤ちゃんの様子を見ながら柔軟に
こちらで紹介した食材はあくまでも一例に過ぎません。保健所などの離乳食相談や、健康診断での問診の機会を利用し、実際に栄養士の方に相談してみましょう。レシピサイトでも、簡単に作れる料理がたくさんあり勉強になりますよ。

ステップアップは赤ちゃんの様子を見ながら

個人差はあって当たり前

赤ちゃんは成長とともに、食事のリズムも量も大人に近づいてきます。離乳食の進み具合は赤ちゃんによって個人差が出やすいものの一つです。月齢が上がったからといって、すぐに3回食にする必要はありません。娘も9ヶ月の頃は食べる量がお茶碗半分に満たなかったので、3回食を見送っていました。なかなか次のステップに進まないという時は、一旦食材の柔らかさを戻したり、量を減らして調整してみましょう。スプーンや食器を別のものにして、環境を変えてみてもいいですね。

1人で悩まず相談しよう

あまり離乳食が進まない…なかなか食べてくれない…と不安なママも多いと思います。メニューの調理方法もいまいち良くわからないといった悩みも出てくるでしょう。(私も魚をさばいたり出来ないので、いつも切り身を買ったりスーパーでさばいてもらいます)困った時は1人で悩まず、自治体の保健所へ相談したり、小児科の離乳食相談・育児学級などに参加してみるといアドバイスがもらえますよ。

3回食に移行する頃の赤ちゃんは、離乳食を始めた頃に比べると確実にステップアップしています。周りの赤ちゃんと比較せずに、赤ちゃんのペースでゆっくり進めていきましょう。

ひつじから一言
遊びながら食べる赤ちゃん、気付くとイスやテーブルがべちゃべちゃ…なんてこともあります。娘もお椀を掴んで投げようとしたり、スプーンを落としたりで食後の片付けが面倒でした。片付けをスムーズにするために、テーブルの下に新聞紙を敷いたり、離乳食用のエプロンをつけたるママが多いようです。ママの服もできれば汚れても平気な服にして、食べ散らかす赤ちゃんに備えましょう。間違っても離乳食をあげるときにおしゃれ着はやめておいたほうがいいですよ。