雛人形や五月人形は誰がいつまでに用意する?赤ちゃんの初節句の話 〜桃の節句(ひな祭り)と端午の節句(子供の日)〜

赤ちゃんの初節句

3月3日のひな祭りは桃の節句、5月5日のこどもの日は端午の節句と女の子と男の子の日がそれぞれありますね。1歳を迎える前に、それぞれの家でお祝いする機会もあるかと思います。今回は、それぞれの日にどういったお祝いをするのかをまとめてみました。我が家には娘がいることもあり、ひな祭りのボリュームが多いですが…笑

初節句

赤ちゃんが誕生して初めて迎える節句のことを指します。古くから、赤ちゃんの健やかな成長を祝い、同時に魔除けを願う行事として行われてきました。女の子と男の子でお祝いする日が違うというのも特徴です。生後1ヶ月の頃のお宮参り、100日祝いといったイベントと同様に、赤ちゃんの成長を願う行事です。これは何番目に生まれたかは関係なく、生まれてきた赤ちゃんすべてをお祝いします。飾り付け云々ではなく、お祝いするという気持ちが大切です。地域によってお祝いの仕方が異なるので、親族が集まってお祝いする場合には、事前に何が必要かを確認しましょう。

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベント(お食い初めで百日祝い)

2016.05.18

飾り付けはいつまでにするのがいいの?

お雛様や兜人形を飾り付ける際には、1〜2週間前には飾り付けが完了しているのが良いでしょう。気付いたら明日が初節句だったということがないように、早めに用意してあげましょう。但し、桃の節句では3月3日が過ぎたら早めに片付けるように昔から言われています。片付けが遅れると結婚が遅れる…言い伝えだそうです。2月19〜20日頃の雨水の日に飾り付けをしてあげると良縁に恵まれるとも言われています。

ひな祭り

ひな祭りは「桃の節句」と言われ、3月3日にお祝いするのが一般的です。女の子のお祝い事として雛人形・桃の花を飾りひなあられや菱餅をお供えします。ちらし寿司や蛤のお吸い物が定番メニューですが、最近では子どもの好きなものを用意するママが多いようです。当日は雛人形や桃の花以外にも、100円ショップで購入したテープやアイテムなどで部屋を飾り付けるママも多いようですよ。

100円ショップを有効活用!育児おすすめグッズ

2016.12.16

誰が、いつ頃購入するの?

とくに決まりはありませんが、新年が過ぎた頃から各メーカーのカタログなどが揃い始め新作の発表などが行われます。注文してから約1週間で配送されるケースもありますが、人気商品であれば入荷待ちの状態が続き、ひな祭り1週間前に到着ということもあるようです。購入する場合、多くは嫁いできた・婿入りした実家から贈られるケースが一般的だと言われています。しかし近年ではパパ・ママ自身で購入したり、両家で折半して贈ったりと様々です。過度に気にしすぎて、世間の決まりに縛られる必要も無いと思います。もちろん、代々伝わる雛人形を受け継ぐ子もいます。誰がどうやって用意するのかは、両家でしっかり確認しておきましょう

雛人形のタイプ

いざ雛人形を用意しようと思っても、色んな種類があって迷ってしまいますよね。代表的な飾り付けで、雛人形のタイプを紹介します。

親王飾り

お内裏様とお雛様の人形が1つのペアになっています。収納ケースの上に、お人形や飾りを乗せる方法は収納飾りとして人気のタイプです。マンションなど収納場所や飾り場所に迷うママ達に評判がよく、値段も大きさによっては10万円を超えずに比較的リーズナブルに手に入ります。私も娘の初節句の時に親王飾りのタイプを購入しました。ただし、最新モデルやブランドによってはかなりの高額になるので要注意です…!

段飾り

5段、7段、8段タイプがあり、赤い布をかけて雛人形などを飾ります。親王・三人官女に加えて五人囃子、随臣、仕丁といった人形が飾られます。段数に寄って、装飾品が増えたり減ったりします。これだけの人形を収納するのも飾るのも一苦労なので、単身世帯の購入率は低そうですね。知り合いのママは、田舎のおじいちゃんばあちゃんの家で広々と飾ってお祝いしたそうです。自分たちで購入するとなると、正規の料金だとかなりの負担額になります。インターネットで調べてみましたが、昨年のモデルや、着物の素材、装飾品、製造メーカーにこだわらなければ5段飾りで15万円ぐらいが最低料金のようです。もちろん、こだわればこだわるほど値段は上がります…。

つるし雛

江戸時代の後期が発端と言われており、手作りの人形や飾りで子どもや孫のためにお祝いしたいという親心がきっかけのようです。ちなみに私の祖母(娘にとっては曾祖母)は手芸が得意で、以前つるし雛を作ったことがあり、実家に遊びに行った時にはつるし雛の前で写真を取りました。お人形の他にも、果物やてまり、花などが色鮮やかに吊るされていました。毎年ひな祭りが近づくと、地域によってはたくさんのつるし雛を飾ってお祝いすることもあります。

保存は人形用の防虫剤を忘れずに!
雛人形は熱や湿気に弱い人形です。そのほとんどが絹でできており、保存方法が悪いと翌年に飾り付けができないほど傷んでしまいます。とくに天気の悪い日は室内の湿気が多く、カビなどの原因になります。しまう時には、天気がよく空気がカラリと乾燥した日を選びましょう。

こどもの日

五節句の端午の節句と言われ、男の赤ちゃんが将来じょうぶにたくましく成長するのを願ってお祝いします。5日5日に家の中には鎧兜や武者人形を飾り、外には鯉のぼりを立てるのが一般的です。しまし、家の構造上鯉のぼりが建てられないケースも多いため兜人形だけの家庭もあります。他には菖蒲の花や柏餅をお供えします。

いつ頃購入するの?

5月5日の1〜2週間まえからの飾り付けを考えると、平均して3月初旬から4月中旬に購入するケースが多いようです。また、ママの実家から贈られる(購入する)のが普通だと言われていますが、最近ではパパの実家から贈ったり、折半したりと家庭によって様々です。桃の節句と同様、両家で誰が準備するかを相談・確認することが大切です。その他の親族や知人からは、鯉のぼりを贈ることが多いようです。

どんなものを飾るの?

兜人形の由来は?

日本の武家社会から生まれた習慣と言われています。戦の際に鎧や兜によって自分の身を守ることから、身の安全を願って飾られるようになりました。現在では交通事故や大きな病気から子どもを守ることを願って飾り付けられています。夫が子供の頃、家では桃太郎の人形を飾っていたそうです。

鯉のぼりは何のために飾るの?

江戸時代が始まりと言われており、出世を願う節句飾りです。鯉は、池や沼といった清流以外でも生息する生命力の強い魚です。どんな環境にも耐え抜き、立派な人になれるよう立身出世の願いを込めて飾られています。

菖蒲

5月ごろになると公園などにも姿を見せる菖蒲の花は、昔から悪鬼を払うとして端午の節句に飾られます。飾り方は家によって異なり、屋根や軒下、お風呂に入れたりと様々です。詳しくは一般社団法人日本人形協会のサイトで紹介しています。

どうやって買ってるの?

色んな種類の雛人形や兜、鯉のぼりがあるのはわかりましたが、それらをどうやって購入するのか悩むところです。人形店へ直接購入しに行くケース、インターネットから注文するケースもあるでしょう。おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれて、一緒に選びに行くという人もいるかもしれません。車がない私たち夫婦は、インターネットという強い味方を利用して娘の雛人形を購入しました。貯めたポイントが使える楽天市場やAmazonの他にも、人形専門店のショップから直接行入することもできますよ。

楽天市場

楽天ショップでは「人形屋ホンポ」が人気です。久月などの一度は聞いたことがあるような有名ブランドを取り揃えています。値段はピンきりですが、コンパクトな人形を選べばリーズナブルに購入ができます。

雛人形

兜人形

鯉のぼり

人形専門店のショップ

真多呂人形の雛人形

歴史ある伝統技術で造られた木目込み(きめこみ)の雛人形です。少しふっくらした気品のある優しい顔立ちの人形は、代々受け継がれた確かな腕を持った職人の手で掘られて作られたものです。由緒ある正統派の雛人形だけあって正直お値段は高めですが、その分、アフターサービスは充実しています。

  • 半世紀(50年間)保証サービス
  • 無料修理サービス(3回まで)

また、購入を迷っている方向けにも交換・返品サービスを無償で行ってくれます。

  • 30日間無料交換サービス
  • 30日間無料返品サービス

最近では「真多呂人形」を名乗る粗悪品がネットに出回っているようなので、購入する場合は公式ショップで買うのが懸命です。雛人形は子供が小さい内は毎年使う&場合によっては子・孫へと受け継がれていくものなので、アフターケアまで考えた良いものを選びたいですね。

木目込み人形とは?
木目込み人形とは、桐糊(桐の粉と糊を混ぜ合わせたもの)で土台のボディをつくり、そこに雛人形の一番下の服となる布地を入れ込んで着せ付ける人形のことです。この布地を入れ込む作業を「木目込む」と言い、木目込み人形と呼ばれるている所以となります。発祥は1740年頃と言われ、実に300年近い歴史を持っています。とある職人が京都にある上賀茂神社の祭事用柳箪(奉納箱)を作った際に、残った材料でこの木目込人形をつくったのが始まりだそうです。

我が家の雛人形

私が楽天ユーザーと言うこともあり、スポンサーの私の母から現金を頂戴して私が購入しました。上記で紹介した人形屋ホンポで2016年度新作の久月の雛人形を購入しました。雛人形の他に、おまけでひな祭りテイストのオルゴール付き写真立てやオリジナル名前プレートも付いてきました。

ブランドものでも比較的コストを抑えて購入できた点と、マンション住まいの我が家にも飾れるサイズの人形があったことが決め手でした。とは言っても、人形のサイズ感などは実際に見てみないとわからないので、近所のイオンモールやイトーヨーカドーに行ったりリサーチは欠かしませんでした。

ひつじから一言
初節句は、生まれた赤ちゃんが初めて迎える節句です。これからの成長を願うためにも、ちゃんとお祝いしてあげたいですね。娘の初節句のときも、慣れない手つきで雛人形を飾り付けたのを覚えています。(飾り付け中、自称不器用な夫は娘のお世話担当)まだ本人が6ヶ月頃でお被布を着せて写真を撮ったりするぐらいでしたが、記念になったかなと。もちろん、ケーキは食べられないので大人が美味しくいただきました…。