動き回る赤ちゃんがいても安心な冬の暖房機器はどれ?手軽に導入するならセラミックヒーターがおすすめ!

赤ちゃんと暖房器具

1歳を過ぎで動き回るようになった赤ちゃんは、目新しいものにすぐ手を出してきます。電気ストーブなどの暖房機器もその一つでしょう。ただ心配なのが、それらに触って火傷をしないかということです。かといって寒い冬に暖房機器がないのはかなり厳しいですよね。今回は、そんな動き回る赤ちゃんがいても比較的安心な暖房機器のお話です。

ひつじのおすすめ暖房機器

直接触ることがないエアコンは強い味方!

赤ちゃん自身が手に触れないということから、火傷の心配がないのがエアコンです。冬の寒い時期には欠かせないエアコンですが、あまり温度が高くなりすぎると大人よりも体温の高い赤ちゃんは暑い思いをすることになります。室温は適正温度と言われる27℃ぐらいに設定しておきましょう。いたずらされないためにもエアコンのリモコンは手に届かない場所に置いておくことをおすすめします。乾燥対策として、加湿器や濡れタオルなどを室内にかけておくと部屋の湿度も保たれます。

床暖房

残念ながら我が家にはありませんが、夫の実家についているので冬にお泊まりに行った際によく利用させてもらっています。寒い朝に付けておき、温まった頃にスイッチを切るだけで日中足元が温かく過ごせます。引っ越す際にはぜひ取り入れたい暖房機器です。導入コストは高めなので、これから家を建てる人や購入する人向けの暖房機器ですね。

床暖房よりも低コストな電気カーペット

床暖房を取り入れるよりも、低コストなのが電気カーペットです。コンセントをつなぐだけで、カーペットの上がかなり温かくなります。私の実家にも置いてあり、冬はカーペットの上で絵本を読んであげたりしていました。デメリットは、その場から動くと暖かさが激減することです。

大人が大好きなこたつにも注意!
こたつテーブルを使う時に注意したいのが、赤ちゃんがこたつの中に潜り込んでヒーター部分に触れないかということです。いたずら好きな子どもは、かくれんぼも大好きでしょう。うっかりヒーター部分に触れてしまうということもあるので要注意です。また、長時間こたつの中にいると酸素不足になりかねません。頭を入れてはいけないということを教えてあげましょう。

買う前に気を付けたい暖房機器いろいろ

そもそもヒーターとストーブってどう違うの?

家電店を見て回ると、暖房機器のコーナーにはヒーターとストーブが並んでいます。そもそも、この2つってどう違うの?同じ温める機会なんだから、全部一緒じゃないの?と不思議に思う人も少なくないでしょう。私もその1人です。

  • ヒーター:ガスや石油などの熱源が直接表面に出ることなく電気で間接的に暖める
  • ストーブ:ガスや石油などの燃料を燃やして暖める

ヒーターは熱源が直接表面に出ないといういうこともありやけどの心配も少なく、温める範囲もストーブに比べると広範囲に渡ります。ただ、その暖かさはストーブよりも弱く感じます。(メーカーによっては、より暖かいものもあるようです。)

赤ちゃんがいる家ならばヒーターがおすすめ

上記の事から、直接触れてしまって火傷などのケガを負いにくいのはヒーターのようです。詳細は後で書いていますが、手軽に導入できて赤ちゃんがケガをしにくいヒーターということであれば、セラミックヒーターが最も良い選択肢だと思います。Amazonでは「セラミックヒーター」や「ハロゲンヒーター」が売れ筋ですね。ヒーターにも色んな種類があるので、代表的なものについてまとめてみました。

ヒーターの分類と整理

ヒーターの関係

◯◯ヒーターと色々なヒーターがありますが、どのような違いがあるのかイマイチ分かりづらかったので表に整理してみました。ヒーターは大きく分けると「ファンヒーター」「遠赤外線ヒーター」「その他のヒーター」の3つに分類できます。

ファンヒーターは部屋全体を暖めるためのヒーターです。内部の熱を送風し、部屋全体に行き渡らせる仕組みがあります。発熱のために何を使っているかで、セラミックファンヒーターなど更に細かい分類が異なります。「ファン」の部分は略されることも多く、セラミックヒーターと記載されている場合は、厳密にはセラミックファンヒーターのことを指します。ガスや石油は前述の通り一般的にはストーブと言われることの方が多いですが、「ガスファンヒーター」などヒーターと表記されるケースもあるので、上記の表では一応ファンヒーターの分類に含めています。遠赤外線ヒーターは部屋ではなく人を暖めるためのヒーターです。これまたややこしいですが、電気ストーブと呼ばれることもあります。送風機能はなく、発熱体が直接近くの空気を暖めます。発熱体の種類で名前が変わります。その他にも、じわじわと部屋を暖めるオイルヒーターやパネルヒーターなどがあります。これらは、発熱体の周りにある空気をじわじわと暖めて部屋全体を暖かくするヒーターです。オイルヒーターやパネルヒーターは赤ちゃんがケガをしにくいという点では良いですが、値段が高いものが多く即暖性能に欠けるので、今回は紹介の対象から外しました。

セラミックヒーター

セラミックヒーターはヒーターの中でも人気の高い商品です。スイッチを付けてから起動までの立ち上がりが早く、すぐに暖かくなります。小型化が進んでおり、脱衣所やトイレなど寒いけど早く使いたいといった場所ををすぐに温めてくれます。赤ちゃんとのお風呂で、脱衣所が寒いといったママにおすすめです。ただ、長時間使用するとかなり電気代がかかってくるので、短時間で離れる場所に置いておくのが良いと思います。長時間室内を温める場合には、エアコンを使用して室内を温めておくのが良いでしょう。セラミックヒーターとエアコンを使い分けて電気代を節約しているママも多いようです。

我が家でも今年の冬、北側の冷える部屋用に夫のとらさんがセラミックヒーターを購入しました。平日の夜、家に帰ってきて、すでに私や娘が寝た後に部屋で作業をすることが多いようですが、すぐに部屋全体が暖かくなって良い!と、とても満足しています。(でも、電気代はちょっと心配です…)

とらの感想
どのセラミックヒーターを買うか慎重に吟味しましたが、最終的には「Fochea」というブランドのコンパクトなセラミックファンヒーターを購入しました。シャープやパナソニックなど加湿機能もついたハイスペックなセラミックヒーターも悩みましたが、どれも値段が高くて二の足を踏みました。ひつじさんからは「つけっぱなお」の愛称で親しまれているとらは、一度スイッチをつけたら消さない恐れがあるので、タイマー機能やセンサー機能は外せないなと。そんな考えを持って探していたら、キラリと見つけてしまったのがこのFocheaのヒーターです。お値段は6,000円程度と比較的お手頃で、それでいて人感センサー(人がいないことを検知して自動でオフする機能)や自動電源オフ機能が付いています。そして何より、軽くてコンパクトなボディなのにここまで強力に暖まるのか!と、基本の暖房機能にとっても満足しています。基本は600wで使っていますが、1200wにした時の即暖力が半端無いです。4〜8畳程度の部屋用のセラミックヒーターを探していた方は、是非選択肢の1つとしてご検討ください。あ、電気代の件は気をつけます。

ハロゲンヒーター

遠赤外線ヒーターの一種です。発熱体であるハロゲンランプから発せられる熱によって温めます。400W、800W、1000W、1200Wなど熱量を調整できるのも特徴的です。これは…ひつじも使用していたことはありますが、やはり部屋自体を温めるのには適していません。じっとしている人に対して熱を送るイメージなので、動き回る赤ちゃん相手だと熱を送る間に標的である赤ちゃんがいなくなってしまうので、赤ちゃんを温めてあげたいというママには残念ながら不向きでしょう。

我が家にも、とらさんが一人暮らしの時に使っていたデザイン家電のハロゲンヒーター(正確には、リフレクトヒーター)があります。ブラウン管テレビのような見た目の中には高効率反射板を使用していて、その反射板のおかげで400Wの消費電力でも1000W相当の暖かさを実現できるそうです。200W・400Wのどちらかを選べます。消費電力が少ない点は、毎月の電気代を抑えることができるのでとても嬉しいですね!今年の冬は娘が動き回って触ると危ないので日中は使っていませんが、夜に夫がリビングで足元を暖めるために、たまに使っているようです。

遠赤外線ヒーターは赤ちゃんが触ると危険!
ハロゲンヒーターなどの遠赤外線ヒーターは発熱体が表面に露出しているものが多く、赤ちゃんが触れて火傷をしてしまう恐れがあります。最近のハロゲンヒーターは発熱体に触れにくい構造にして安全性を担保していますが、赤ちゃんが動き回っているところでは使わない方が無難でしょう。

寒い冬に欠かせない加湿器

寒い冬は部屋の湿度も低くなりがちです。部屋の温度にもよりますが、だいたい50%前後の湿度であれば、ウィルスの繁殖を抑えられるようです。

空気清浄機能付きの加湿器がおすすめ

部屋の中には外から運ばれてきたバイ菌がいます。赤ちゃんのためにも、空気清浄機をつかって少しでも部屋の空気を綺麗にしてあげたいですね。春先になると花粉という強敵も登場します。赤ちゃんが花粉症にならないためにも、室内の花粉除去のために吸気清浄機を使うのも良いでしょう。

加湿器の代わりに…

高性能な加湿器は決して安い家電ではないので、手軽にできる加湿といえば室内に洗濯物を干すことでしょう。夜のうちに干しておき、洗濯物を乾燥させつつも室内を加湿できる電気代も余分にかからないお得な方法です。我が家では、ちょうど秋頃からマンションのベランダの改修工事があり室内干しをしていました。日中部屋干しで乾ききらなかった洗濯物も、翌朝にはしっかり乾いていたので冬でもこの方法で加湿しています。

ひつじから一言
冷え性ひつじと名乗っているぐらい寒いのが苦手なひつじは、暖房機器選びに余念がありません。余念がなさすぎて、リビング用のヒーターは未だに購入できていません(笑) この冬の暖房機器選び、みなさんも一緒に探してみませんか。