気をつけたい赤ちゃんの症状 ~咳(せき)編~

気をつけたい赤ちゃんの症状(咳編)

赤ちゃんが咳をしていると、ママはとても不安な気持ちになると思います。しかも、それが夜寝ている時突然だったら余計に心配になりますよね。夜中だから病院に連れて行きたくても行けないし…。今回は、気を付けたい赤ちゃんの症状シリーズ第1弾として、赤ちゃんの咳(せき)について書いていきます。

赤ちゃんの咳(せき)

赤ちゃんの咳は長引いてしまうのも一つの特徴です。長引くと他の家族も風邪を引いてしまうということもあるでしょう。咳の原因を知って、しっかり対策を行いましょう。

咳の原因

赤ちゃんによって様々ですが、ウィルスなどの細菌・ほこりやダニなどのハウスダスト・花粉・痰などが咳の原因だと考えられています。赤ちゃんの気道は大人のものに比べて細く抵抗力が低いため、これらの咳の原因が気道に入ると炎症を起こしやすく咳が長引く傾向があります。薬を飲んでも数日は咳が続くことがしばしばです。

咳の種類

咳とは気道内の異物や分泌物を除去するための肺の反応の一つです。赤ちゃんが咳をしていたら、どういう咳が出ているのか注目してください。

乾性咳嗽(かんせいがいそう)

痰が絡まない「コンコン」と軽い咳のことを指します。風邪の初期症状でよく見られます。

湿性咳嗽(しつせいがいそう)

乾性が痰が絡まない咳に対し、湿性は痰が絡んだような「ゴホゴホ」という咳を指します。

注意したい咳(せき)に関する病気

肺炎

細菌やウィルスが肺に到達し肺胞が炎症を起こします。肺炎のときは38℃以上の高熱と痰の絡んだ激しい咳がでます。細菌やウィルス性の場合、マイコプラズマ肺炎やインフルエンザ菌・肺炎球菌感染症などの原因が挙げられます。風邪や気管支炎から症状が悪化して肺炎になるケースも多いので、初期の段階でしっかり治しておくことが大切です。

百日せき

赤ちゃんに推奨される予防接種の一つに含まれるワクチンで予防できる病気です。(四種混合として、ジブテリア・破傷風・ポリオと一緒に摂取します)症状が出はじめたときは、風邪のように鼻水や軽い咳が出ます。その後「コンコン」短い咳が長く続き、やがて咳が止まらないため息ができずに顔が真っ赤になってしまいます。席が出ている時には、目が血走ったり口の中から出血することもあるようです。生後3ヶ月以下で発症した場合、そのまま息が止まってしまい、亡くなるケースもあります。大人でも完治するまでに100日ぐらいかかることから、百日せきと言われています。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスによって発症するインフルエンザは風邪の一つと言われており、初期症状の段階で咳が出ます。肺炎との合併症も見られ、免疫の低い乳幼児や高齢者は注意が必要です。とくに冬の乾燥した時期に流行しやすく、毎年予防接種が推奨されています。予防接種に関しては下記でまとめているので、合わせてご覧ください。

生後2ヶ月以降に受ける赤ちゃんの予防接種

2016.05.17

1歳を迎えた赤ちゃんが受ける予防接種

2016.09.07

赤ちゃんのせき対策

喉へ異物を送り込まないようにするために、部屋の空気を清潔にすることが1番です。喉が乾燥すると咳がでやすくなるので、部屋の湿度が下がり過ぎないように注意しましょう。空気清浄機や加湿器を使って部屋の環境を整えることが咳対策と言えます。また、痰が絡んでいる場合には、こまめに水分補給をし喉を潤しておくことが大切です。乾燥すると痰は粘り気を含み、余計に咳が止まらなくなるからです。その他に、赤ちゃんの背中をトントン叩いてあげたりすると楽になるようです。

  • 空気清浄を行う
  • 湿度を保つ
  • 背中をトントン

赤ちゃんの咳がひどくなったら…

まず小児科へ行きましょう。放っておくと、症状が悪化し肺炎や喘息などの重い病気を引き起こす可能性があります。長引かせてしまうと同居しているパパ・ママ、兄弟姉妹がいる場合にはそちらにも咳の症状が出ることがあります。保育園に通っている場合は、他の子のことも考えて休ませて安静にすることをおすすめします。

体温計で熱を計ろう

熱が出たら、大人も体温計を使って熱を計ります。赤ちゃんも同じで、予防接種の前や体調不良・病気になっときに熱を計ります。大人と同じで脇の下に入れてしばらく待てば良いと簡単に思われがちですが、実はこのしばらく待つというのが結構な重労働になる時も…。

赤ちゃんの熱を計るのは大変!
大人と違ってじっとしていられない赤ちゃんは、熱を計るのも一大事です。脇の下に入れるだけで暴れてしまう赤ちゃんもいます。手足を自由に動かせない状況が、赤ちゃんにとってはイヤイヤの原因なのでしょう。動き回れるようになった赤ちゃんほどこの傾向が高いです…。

おすすめの赤ちゃん用体温計

 

けんおんくん

電子体温計 MC-682 けんおんくん

赤ちゃんのために作られた体温計です。脇の下に入れて約15秒で完了するのでとても簡単です。大人用の体温計とは違い、先端が柔らかく曲がるゴムになっているので赤ちゃんの肌を傷つけることもありません。娘の出産祝いに夫の会社の方から頂き、風邪を引いた時に使ったところ、とても使いやすくて感動しました。まだ試していませんが、暗いところでも計れるバックライト機能が搭載しているようなので、夜中の検温も電気を付けずに行えます。

ひつじから一言
娘も生後11ヶ月頃に夜中にゴホゴホッという咳が止まらなくなり、私も夫も不安になったのを覚えています。翌日、病院に行き薬を処方してもらいましたが、完治するまで数日かかりました。咳をして苦しそうな赤ちゃんを見て心配になると思いますが、できるだけ早く病院に連れて行き経過を観察しましょう。