気をつけたい赤ちゃんの症状 ~鼻水編~

気をつけたい赤ちゃんの症状(鼻水編)

以前に赤ちゃんと咳の話を書きましたが、実は鼻水も注意したい症状の一つです。大人の場合には、ティッシュで鼻をかんで対処できますが、赤ちゃんは自分でティッシュをつかめても、鼻をかむことはできません。今回は鼻水の原因や注意したい病気を紹介します。

鼻水の原因

赤ちゃんの鼻は高さもなく、鼻の穴も大人と比べると小さいため、少しの刺激にも敏感に反応し鼻水が出てきます。例えば、夏場だと冷房のきいたスーパーに入った時や、気温差のある場所に行く時にくしゃみをして鼻水が出てくることもあります。

実は赤ちゃんには鼻毛がないのをご存知でしょうか。この鼻毛、大きくなってからは手入れが面倒ですが、私達の鼻にウィルスやハウスダスト・ほこりなどを取り込まないようにちゃんと仕事をしているのです。赤ちゃんにはこのフィルター代わりの鼻毛がないため、直接的に吸い込みやすくなります。そうすると、鼻から吸い込んだウィルスやほこりなどが鼻の粘膜を刺激して鼻水が出てきます。ペットの毛などにも反応する場合があるので、家でペットを飼っている際にはこまめに掃除をしましょう。

鼻水の種類

鼻水ってみんな一緒じゃないの?と思うかもしれませんが、気を付けて見てみると2種類に分別できます。透明でサラサラなものと、色味みがかかってドロっとしたものです。この透明でサラサラなものは、風邪の引き始めや花粉症などのアレルギー反応によって見られます。色味がかかったものはウィルスに関するものです。黄色みがかかったものは、体内の白血球がウィルスの死骸と一緒になって出てきたものと考えられています。

鼻水に関する病気にかかったら

注意したい鼻水に関する病気

中耳炎

風邪がきっかけで鼻水が長引いてしまった時、急性中耳炎を引き起こすケースがあります。中耳炎とは、鼻水の原因である鼻腔の炎症により、菌が耳管を通して耳に入ってしまう状態のことを指します。中耳炎になると、うみが鼓膜を圧迫してしまい痛みを伴うため、赤ちゃんの機嫌がすこぶる悪くなります。中にはずっとぐずったり大泣きしたり様々です。泣きながら耳を触ったり、耳の穴から少し黄色みのある液体が出てきた時は中耳炎の可能性が高いので、耳鼻科で診断してもらいうことをおすすめします。小さい頃は、風邪になると中耳炎になりやすいと言われています。鼻水が多いなという時は中耳炎を疑っておきましょう。

花粉症

赤ちゃんでも花粉症になるの?と不思議に思うかもしれませんが、今は赤ちゃんでも花粉症になる可能性が高いと言われています。スギ花粉で言えば、日本人の4人に1人が花粉症であると言われているため、赤ちゃんも例外ではないのです。透明でサラサラな鼻水がしばらく続く時は、耳鼻科を受診してみましょう。スギ以外にもヒノキなどが影響している場合もあるので、花粉シーズンは衣類を部屋干しをしてあげたり、布団クリーナーや空気清浄機でお部屋に花粉が飛ばないようにしてあげましょう。

副鼻腔炎

鼻の奥にある空洞(副鼻腔)がウィルスや菌に感染してしまい、うみが溜まる病気を副鼻腔炎といいます。黄緑色の鼻水が出たり、咳が出て痰が絡んでしまう、口呼吸をしているなどの症状がみられます。微熱が続くこともあるので、これらの症状が出たら耳鼻科を受診しましょう。

耳鼻科と小児科どっちを受診する?

「赤ちゃんの鼻水が出てるけれども、耳鼻科と小児科のどちらを受信すれば良いのかわからない。」「出来れば一度の診察で済ませたい…」というのはママの悩むところですよね。娘が風邪を引いた時、小児科の先生にズバリ質問してきました。(先生は一瞬目が点になっていましたが。笑)

耳鼻科を受診する場合

  • 鼻水や鼻詰まりの症状がある
  • 耳を引っ掻いたり痛がっている

小児科を受診する場合

  • 咳・発熱・湿疹など鼻水以外の症状が出ている時

小児科を受診したけど、なかなか症状が良くならない時には耳鼻科に行くことをおすすめされました。どちらに行こうか迷っているというママがいれば参考にしてみてください。

鼻水対策

鼻水が止まらなかった時、鼻水を吸引するために鼻水吸引器が様々なメーカーから発売されています。基本的には、赤ちゃんの鼻に管をセットし、大人がチューブを吸って鼻水を吸引します。我が家はピジョン製の鼻水吸引器を使っていました。

中には、電動のものもあるようです。鼻詰まりが気になるときには利用してみるのもいいですよ。

ひつじから一言
身体の機能がまだまだ成長途中の赤ちゃんは、一度体調を崩してしまうとトラブルが続きます。いつも以上に泣き喚くことがあるかもしれませんが、優しく接してあげましょう。風邪の時は大人もひと肌が恋しくなるものです。赤ちゃんにもいつも以上に優しくしてあげてください。