赤ちゃんの服選びの話 〜 通販ならどこ?ブランド・サイズ・フリマアプリなど〜

赤ちゃんの服選び

すぐにサイズアップする赤ちゃん、それに合わせて服を揃えるのは大変ですよね。とは言え、いつも同じ服を着せるのには抵抗がある…ミルクや離乳食で汚れたら着替えさせる服がない…ということもあるでしょう。今回は、私も苦労した赤ちゃんの洋服のお話です。

先輩ママはベビー服をどうやって手に入れているの?

自分たちで購入するか、それともおさがりをもらえるかは、兄弟姉妹がいるか・知人に子育て中の人がいるかでの状況は違いますよね。私も、知人に女の子を育てている人がいなくて、洋服は購入することが多かったのです。おさがりがもらえないママ向けに、子供服をどうやって購入しているのかを紹介します。いただきものや実際に購入したブランドを挙げているので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの服を新品で購入する場合

やっぱり赤ちゃんには新しい服を着せたい!というママもいますよね。だけど、ベビー服ブランドがたくさんありすぎて迷ってしまうということもあるでしょう。実際に購入してみたり、頂いたりしたときの個人的な感想を含めて紹介します。

お店(実店舗)で購入する場合

ラルフローレン、ミキハウス

ベビー服ではかなり高額なブランドです。セールであればかなりお安く購入できます。夫の職場から頂いた出産祝いでは、冬用コート1着25,000円やフード付きカバーオール1着20,000円〜を頂いたときにはもう高額すぎて失神するかと思いました。その分、肌触りや品質はかなりグレードが高いです。肌着や普段用の服であれば、5,000円ぐらいから購入できますが、我が家では高額すぎて手が出しづらいブランドです。

赤ちゃん本舗

大型店舗で展開しているため、品揃えがたくさんあります。出産祝いで赤ちゃん本舗の商品券をいただき、娘のロンパースやよだれかけなどを購入しました。セール品はサイズによりますが1着1,000円〜2,000円で購入できます。

ユニクロ、GAP、無印良品

リーズナブルで、かつおしゃれなデザインが多いブランドです。ユニクロは赤ちゃん用のエアリズムを夏場に重宝していました。GAPや無印良品はセール中に夫の母が購入してくれました。シンプルのなかにおしゃれな感じがあって、女の子用の服も充実しています。

西松屋、しまむら

コストをなるべく抑えたい!という場合はこちらの2店舗がおすすめですよ。西松屋はセール中であれば1着500円以下で購入できます。しまむらも比較的低価格で購入できますが、西松屋よりは高いです。どちらも何度か着るとほつれが気になってくるという難点はありますが、まぁ安いから仕方がないという印象です。赤ちゃんはサイズがすぐに大きくなるので、来年用にワンサイズ大きいものを購入しておくのもいいですね。

ちなみに、しまむらにはハリスツイードとのコラボがあって、ベビー用品・子供用品でも取扱いがあります!靴やバッグがとても可愛いので、娘がもう少し成長したら買ってしまいそうです…。

「高いので勝負服用 > 安いから大量買できる」 で比較すると…
ラルフローレン、ミキハウス > 赤ちゃん本舗 > ユニクロ、GAP、無印良品 > 西松屋、しまむら

通販で購入する場合

お店まで遠かったり、なかなか外で購入するのが難しいという場合、通販もおすすめですよ。一定金額以上を購入すれば送料無料となるケースも多く、セールを狙えばとてもお買い得に購入ができます。

ベルメゾン

私の姉もよく利用しているベルメゾンは、使いやすいを意識した商品が多い印象です。ベビー服も機能性を重視しているので、ニッセンにくらべると価格はやや高めですが、種類もたくさんあって選ぶのが楽しくなります。男の子向けのラインナップも多いので、おしゃれさせたいママにとっては要チェックです。デザインは、どちらかと言えば派手ではなくシンプルで飽きが来ないものが多いですね。

ニッセン

大手通販メーカーの一つであるニッセンは、ベビー服の品揃えもたくさんあります。ニッセンの方が、ベルメゾンよりも安いです。ベビー服・肌着・パンツ・スタイ・カバーオールなど一通りのものがリーズナブルに揃っていて、セール中を狙って購入すればかなりお得に購入できます。

Amazon

Amazonでもベビー服の取扱いがありますが、アパレル専門では無いこともあって種類は少ない印象ですね。秋から冬にかけて重宝するモコモコの動物着ぐるみは、Amazonで安く購入することができますよ。動物のラインナップはその年によって微妙に異なり、その年の干支の動物のぬいぐるみ(ひつじ、さるなど)+王道な動物(うさぎ、くまなど)となっていることが多いみたいです。我が家でも新生児サイズと80サイズで2回購入しています。

楽天

楽天にはたくさんのショップが出店していて、ベビー服も取扱いがたくさんあります。楽天モールの中に様々な店舗が出店しているので雑多な印象を受けますが、ベビー服に限って言えばAmazonよりも種類が多くて安い印象があります。お店によって当たり・はずれがあるので、これ!と言ったお気に入りが無い場合は、レビューやランキングを参考にしながら買いたいショップを探すのが良いでしょう。キャンペーンも頻繁に行っており、ポイントが溜まりやすいのは嬉しいですね。

中古で賢く手に入れよう!

とは言え、毎シーズン服を揃えていたら、子供服といえどかなりの出費になります。来年着れないのであればあまりお金をかけたくないというのも子育てママの本音でしょう。中古品であれば、定価の半分以下の価格で購入できます。

バザー

自治体が主催していたり、保育園や幼稚園で行われる事が多いバザーには、掘り出し物がたくさんあります。実際に手にとって商品の状態を確かめられるだけでなく、値段交渉も可能な場合があります。

メルカリ(フリマアプリ)

汚れやシミがないもの、1〜2回しか着用してないものなど意外と未使用品に近いものが出品されているメリカリです。フリマアプリで業界No.1ということもあり、ベビー服の品揃えも豊富です。アウターなどの冬物は定価で購入するとかなりの出費になるので、こちらを利用するのもいいですね。

古着屋

子供服専門の古着屋というものがあります。但し、バザーやメルカリに比べると店舗の大きさによって品数が制限されてしまうので、目ぼしい物を見つけるのは難しいかもしれません。

ひつじから一言
今回は私が利用したことがあるお店や、いただいたことのある衣類を取り扱っているお店を中心にまとめてみました。1歳の娘は現在80〜90cmの服を着せています。たぶん80cmに関しては来年はもう着せられないので、今シーズンでお別れだと思いながら服を購入したものです。今回のお話は、ご家庭に合わせた服選びとしての参考にしてもらえるとうれしいです。

ちなみに、赤ちゃんの洋服(70〜80サイズ)やロンパースとカバーオールの違いについては、生後8ヶ月の赤ちゃんのお話でまとめています。

生後8ヶ月頃の赤ちゃんの特徴

2016.06.13