新米ママ・パパが一度は悩むベビーカーのB寄りな話

ベビーカーのはなし

ひつじに弱いとら、パパープルタイガーです。じゆうきママではベビーカーネタでライターデビューを飾ります。新米ママ・パパにとって「どのタイプのベビーカーを、いつ買うか?」は一度は考える悩みかと思います。我が家も例に漏れず色々と悩みましたが、最終的には生まれてから7ヶ月待って超軽量タイプのB型ベビーカーを購入するという選択をしました。結果的にはこの選択が非常に良かったので、今回はB型ベビーカーについて耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。

A型ベビーカーとB型ベビーカーの違いとメリット・デメリット

ベビーカーの良し悪しを語る前に、まずはベビーカーの基本知識についてお伝えします。どのベビーカーを買おうか悩んでいる人であれば既にご存知かもしれませんが、ベビーカーにはA型とB型の2種類があります。

A型ベビーカーとB型ベビーカー、それぞれの特徴

それぞれの特徴は以下の通りです。

A型のベビーカー

  • 使用可能となる月齢:生後1ヶ月〜
  • リクライニングの角度:深い(ものによって100度〜180度程度まで対応)
  • 価格: 比較的、高い
  • 大きさ: 大きくて頑丈、折りたためないものが多い
  • 重量: 重いものが多い(だいたい5kg前後)
  • 機能: 機能が豊富で、両対面あり

B型のベビーカー

  • 使用可能となる月齢 :7ヶ月~(腰がすわってから)
  • リクライニングの角度:浅い(少しだけ傾けられるが、基本は座っている姿勢)
  • 価格:比較的、安い
  • 大きさ:小型でコンパクトになるものが多い
  • 重量:軽いものが多い
  • 機能:シンプルな機能のみ、両対面なし

A型ベビーカーとB型ベビーカーのメリットとデメリット

A型・B型とは定義は日本のSG基準と言われる安全基準によって定められている規格です。そのため、A型・B型という表記を見るだけで、ある程度そのベビーカーの特徴が掴めます。

A型ベビーカーのメリット・デメリット

簡単に言ってしまうと、A型のメリットは安全性が高く、その分、赤ちゃんが生まれて間もない生後1ヶ月頃から使えます。赤ちゃんと向き合って、寝かせながら移動することもできます。反面、価格はどちらかと言えば高く、折りたためず重いものが多いです。

B型ベビーカーのメリット・デメリット

一方、B型ベビーカーはその逆です。メリットを挙げると、軽量でコンパクトに折りたためるものが多く、価格もリーズナブルです。その分、ベビーカーに伝わる揺れはA型に比べて大きく、安全性を配慮し、使えるのは生後7ヶ月頃の腰がすわってからとなります。リクライニング機能も少し背もたれが倒せる程度で、基本的には座った姿勢での移動となります。対面機能はありません。

もっと気になる方へ、規格の詳細は以下から確認できます。以下のリンクから「品目名:乳母車」のマニュアルをご確認ください。(一般的にはA型・B型と表記していますが、どうやら正式にはA形・B形と書くのが正しいみたいですね。)

SG基準・検査マニュアル(分類1 乳幼児用品)

ベビーカーを選ぶ際のポイント

ここからは、ベビーカー選びにおける抑えておきたいポイントを書いていきます。

まず、赤ちゃんが揺れに強いかどうかを確かめる

A型・B型を選ぶにあたって、と言うよりもそもそもベビーカーを使って大丈夫かどうかを確かめるにあたって、赤ちゃんの揺れに対する耐性はとても重要です。赤ちゃんが揺れに強いかどうかを事前に確かめましょう。我が家の場合、ベビーラック(バウンザー)で娘が揺れに対する耐性がある(むしろ好き)であることは確認できました。

尚、ベビーラックについては退院後すぐに役立ったグッズとして以下の記事でも紹介しています。当初寝かしつけるとき、このスイング機能にどれだけお世話になったことか…

実際に使ってみてよかった産後のための出産入院グッズ

2016.05.06

抱っこひもでいつまで乗りきれるか?を考える

もう1つの観点は、抱っこ紐だけでいつまで乗りきれるか?という観点です。赤ちゃんによりけりですが、新生児〜7ヶ月頃までは赤ちゃんの体重は、だいたい2.5kg〜8.5kgの間でしょうか。我が家の場合は、7ヶ月間抱っこひもで乗り切ったわけですが、まぁなんとかなりました。

抱っこ紐については、以下の記事で紹介しています。(我が家では、アップリカ社製の抱っこひもを使っています。)

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子と用意しておいて良かったグッズ

2016.05.14

妻曰く「ベビーカーを使うと、たばこの火や突然飛び出してくる自転車が怖い!」とのことで、最初はベビーカーという選択肢は我が家にはありませんでした。がしかし、さすがに半年くらい経って、娘の身体もしっかりしてきたし、ベビーカーを買おうか!という流れになりました。実際、7ヶ月のタイミングでB型ベビーカーを買ってみて「何て楽なんだ!」と思ったのも事実です。生まれてすぐ、先に買うか?それとも、7ヶ月待って買うか?の選択はとても悩ましいと話だと思います。

B型ベビーカーを買うなら、とにかく軽いものにこだわるべし

一言にB型と言っても、さまざまなタイプのベビーカーが発売されています。B型ベビーカーの道を選んだのであれば、オススメしたいのはとにかく軽さにこだわることです。我が家では、重さが3キロ以下のアップリカ社製の軽量ベビーカー「マジカルエアー」を購入しましたが、この買い物は大正解でした。

我が家は安さ重視で型落ちモデル(2015年)のネイビー&レッドのカラーを購入しましたが、

この記事執筆時点での新しいタイプ(2016年)も既に出ています。

とにかく軽いので、娘がぐずって、ベビーカーから降りて抱っこモードに入る時でも片手でらくらく持ち運びができます。(平面の場所であれば、ローラーも転がせるので更に楽ちんです。)

ベビーカーを使ってみての感想ですが、赤ちゃんは思ったほど長くは静かにしてベビーカーに乗っていてくれません。(そのまま寝てしまうと、話は別なのですが。)また、ベビーカーの望ましい使用時間もA型は2時間、B型は1時間とされているので、ベビーカーに乗っていない時間のことを考えても「軽さ」はとても重要な要素だと思います。

 「AB兼用型」は昔の呼び方
A型でもB型のように折りたためるベビーカーのことを、昔はAB兼用型と呼んでいたようですが、今はこの呼名はありません。2004年のSG基準改正によって、全てA型に統合されています。
 バギーという選択肢もあるけれど…
B型ベビーカーよりも更に軽さを追求した選択肢として「バギー」があります。バギーも生後7ヶ月から使えて、B型のベビーカーをもっと軽くしたようなものです。但し、見た目的にも装甲的にもかなり「脆い」ので、生後7ヶ月の赤ちゃんに使うのは、主観ですが危険だと思っています。歩ける子供の補助用、くらいで捉えるのが良いのではないでしょうか。ちなみに「ベビーカー」というのは和製英語で、アメリカでは乳母車のことを「ベビーバギー」と呼びます。(こっちはもっと馴染みが無いですが、その他の国では「ストローラー」と呼ぶそうです。)

日差しよけのUVケープと組み合わせて娘の美肌を守る

日差しの強い日は、ベビーカーに日差しよけのためのUVケープをつけて将来の娘の美肌を守っています。妻は日差しにとても敏感な性格なので、5月からはUVケープ&帽子で紫外線ケアはバッチリです。UVケープはAmazonでベストセラーとなっていたエイテックのUVケープ(グレイのしましま模様)を購入しました。ネイビーカラーのベビーカーとは色の相性が良く、見た目もとても気に入っています。ベビーカーにも日差しよけはついていましたが、アップリカのマジカルエアーの場合はちょっと心もとない感じでした。ベビーカーの種類にもよるとは思いますが、女の子の場合は、夏に使う場合は合わせて別で対策をした方が良いかもしれません。

 

レンタルよりも新品・中古品を買ってフリマアプリで売る方がお得

赤ちゃんにもよりますが、ベビーカーを使う期間はだいたい2〜3年程度です。多くのベビーカーには4歳程度まで使えるという記載がありますが、実際には2〜3歳で卒業する子が多いようです。そうなってくると、わざわざ買わないでレンタルした方が良いのでは?という考えが頭をよぎると思いますが、実際のところ、レンタルもそれなりにお金がかかります。最初はお試しで、という考えで業者のレンタルを選ぼうとする方は多いですが、短い期間であればあるほど割高な価格設定なので、試してみて、じゃあ購入しよう!となると、お試しレンタル費用と購入金額を合わせて、全体でかなりのお金がかかってしまいます。

もしも、お知り合いの方がベビーカーを持っていて試すことができる環境があるのであれば、まずは少しだけ貸してもらって試してみる事をオススメします。周りにそのような方がいなくても、我が家の娘ように揺れに強いと確信を持っているようなケースでは、思い切って購入してしまって良いと思います。我が家では新品を購入しましたが、良い中古品が見つかれば、そちらでも良いと思います。

というのも、今の時代はメルカリなどのフリマアプリヤフオクなどのオークションを使えば、別のママ・パパへ買ったベビーカーを売ることができるからです。(アップリカのマジカルエアーは人気の高いベビーカーなので、メルカリやヤフオクでも比較的高い値段でやりとりされています。)最近はフリマアプリがとても流行っていますね。スマホで写真を数枚とって説明を書けばすぐ出品できるので、初めての方はその気軽さに驚くと思います。誰でも簡単にWEB上のフリーマケットに参加できるとは、良い時代になりました。

メルカリ

フリマでかんたんショッピング

ベビーカー以外にも、フリマアプリを使えば他の赤ちゃん関連用品も売り買いすることができます。売る側だけでなく、買う側でも上手に使えばお得に買い物ができます。フリマアプリをやったことがないという方は、とても簡単にはじめられるので是非この機会に試してみてはいかがでしょうか。運とタイミングが良ければ、気になっていたベビーカーをとてもお買い得な値段でゲットできるかもしれません。

とらから一言
以上、我が家のB型ベビーカー購入記を綴らせてもらいました。ベビーカーでお悩みの方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

パパープルタイガー

娘を愛してやまないIT系週末開発パパ。家では自由気ままにやりたいことをやりすぎて、しょっちゅう怒られている。とらなのにひつじに弱い。じゆうきママでは主にデザイン・システム面を担当。たまにライターとしても登場する。