新生児の頃の赤ちゃんとゲップの話

赤ちゃんとゲップの話

新生児の頃は、授乳が終わったら必ずゲップをさせるように産院で言われてきました。抱きかかえながら背中をトントンしても、なかなかゲップが出ないこともありました。なので、最初はなんでゲップさせるんだろう?と不思議に思っていたものです。よくよく理由を聞いてみたら、ゲップにもちゃんと意味がありました。今回は赤ちゃんのゲップに関するお話です。

赤ちゃんにとってのゲップの役割

授乳中は一気飲み状態

赤ちゃんは授乳している時には、口からではなくほとんど鼻から呼吸をしています。そのため、ほぼ一気飲みに近い状態で、母乳やミルクを飲んでいることになります。この一気飲み状態の際には、同時に空気も一緒に胃の中に送られます。

空気を出して消化吸収を助ける

母乳やミルクと一緒に送られた空気には注意が必要です。赤ちゃんの胃はまだ小さいため、飲み込んだ母乳(ミルク)と空気で胃の中がいっぱいになり逆流して吐き出してしまうこともあります。せっかく飲んだ母乳(ミルク)が吐き出されてしまうと、栄養が取れなくなってしまいますよね。母乳(ミルク)をしっかり消化吸収するために、赤ちゃんにはゲップが必要なのです。

赤ちゃんにゲップを出させる方法

とはいえ、自分でゲップを出すのが苦手な赤ちゃんもいます。産院で聞いたゲップの出し方や、先輩ママがゲップを出すためにやっていた方法を紹介します。

背中をトントン叩く

多くのママは、産院でこの方法を教わることでしょう。赤ちゃんを縦抱きにし、ママの肩の上に赤ちゃんの顔が乗るように抱っこします。背中を軽くトントンと叩き、赤ちゃんに刺激を与えてゲップを出しやすいようにします。赤ちゃんを抱き寄せる時にはママの肩にガーゼかタオルをかけておくと、赤ちゃんがゲップと一緒にミルクを出してしまっても服が汚れません。ただし、叩き方が強いとかえって刺激になりミルクを吐いていまうので、力加減には注意しましょう。トントン、と軽く叩くのがポイントです。

なかなか出ないときは赤ちゃんを前かがみに

抱き寄せて背中をトントンしてもなかなか出ない場合には、一度抱っこからおすわりの状態にして少し前かがみにさせてから背中をトントンしたり擦ったりしてあげます。ただし、首がすわっていない新生児の頃は赤ちゃんの身体をしっかり安定させて行いましょう。ママが抱き寄せてゲップが出せる子と、前かがみになったほうがゲップをしやすい子もいるので、いろいろ試してみてください。

横向きに寝かせる

まだ首がすわってないので、顔の向きだけ横にして寝かせます。そうすると、ゲップが出やすくなそうです。先輩ママいわく、ミルクも一緒に出てきてしまうことがあるので、顔の周りにタオルを用意しておくと安心みたいです。お布団に汚れがついてしまうと、洗うのが一苦労です。まだゲップに慣れない新生児のうちは、寝かせる時に頭の下にタオルを常備しておきたいですね。

ゲップをしないとどうなる?

息苦しさが続く

ゲップが出ない状態が続くと、気道のあたりが詰まり息苦しくなります。そのままにしておくと、お腹に空気が残りさらに圧迫されてしまいます。授乳の後は抱っこしてゲップと覚えておくと忘れません。できるだけ、生後6ヶ月頃までは大人がゲップの手伝いをしてあげましょう。

成長につれて自然と出せる

赤ちゃんの身体も少しずつ成長していきます。月齢が大きくなると、胃も発達し自力でゲップできるようになりますよ。娘も最初の頃はどうやってゲップをしていいか分からず苦労していましたが次第に慣れてゲップするようになりました。食後、歯を磨いた後に大きなゲップをすることもしばしばです。

娘の場合

新生児の頃は…

産後入院中の授乳指導の際に、授乳後にはゲップするよう指導されました。おそらく先ほど書いたように大体のママはそのように指導されることでしょう。しかし、娘はゲップが下手だったのか私のやり方が悪かったのか、なかなかゲップをしませんでした。むしろ、新生児の頃は授乳後お腹いっぱいになり、すぐ眠ってしまうので、ゲップさせるタイミングもなかったのです。じゃぁゲップなしでも良いかな…と思いそのまますやすや寝かせていたら、ミルクを吐き出してしまうこともありました。幸い気道に詰まることはなかったのですが、頭の下に敷いていたタオルをよく汚していたものです。入院生活中のお話はこちらをご覧ください。

出産入院中のママの生活

2016.05.09

月齢が進んでくると…

それでも何ヶ月か過ぎ、私達親子は次第にゲップを出すコツがわかってきました。背中をトントン叩くとゲップが出るようになったのです。トントン叩いたり、前かがみにしてみたり、はたまた横向きにさせてもでない時は出ないということを学習しました。なので、赤ちゃんのゲップが上手く出なくて悩んでいるママさん、焦らず気長に待ちましょう。赤ちゃんも月齢が進むに連れて、ゲップの仕方を覚えます。今はできなくても、慣れれば自然にできるようになりますよ。

 

ひつじから一言
赤ちゃんのゲップは、実はとても大切なことです。ゲップさせなきゃ!と背中を叩きすぎてもなかなか出てきません。不安になるかもしれませんが、のんびり気長にやりましょう。

赤ちゃんとゲップの話

お気軽にコメントください

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA