赤ちゃんの血液型は変わる?検査はいつが良い?赤ちゃんの血液型検査の話

赤ちゃんの血液型

赤ちゃんに自我が芽生え始めると、それぞれの赤ちゃんに個性が出始めます。そして、パパそっくりなことをしたりママそっくりなことをしたりと性格のようなものも出てくるでしょう。そうなってくると気になるものの一つが「血液型」だと思います。今回は、赤ちゃんの血液型についてまとめました。

生まれたばかりの赤ちゃんの血液型は変わる?!

生まれたばかりの赤ちゃんの血液型を検査してくれる産院もあれば、実施しない産院もあります。通常血液型を調べる場合、ABO血液型検査が行われます。しかし新生児の血液には、赤血球の抗原と血清の抗体が作られていないので、仮に検査したとしても検査結果が適正ではない可能性があります。抗原や抗体の強さが新生児の頃と成長する中で変化するので、検査を実施しない産院が増えているようですね。

 ABO血液型検査とは
血液を採取し、赤血球にどの抗原があるのかを調べて血液型を決定します。A型であればA抗原、B型はB抗原、AB型にはAとBどちらの抗原もありますが、O型にはどの抗原もありません。また血清の中には、赤血球のなかの抗原に反応する抗体があります。A型はB抗原に反応する抗B、B型はA抗原に反応する抗A、AB型にはどの抗体もなく、O型は抗Aと抗Bがあります。赤血球の抗原と血清の抗体がどのタイプによって血液型を判別されます。

赤ちゃんの血液型はどうやって調べればいい?

赤ちゃんの血液型は、どこで調べたり、いつごろ調べるのかをまとめてみました。

どこに行ったら調べられる?

内科や小児科などで赤ちゃんのABO血液型検査を受けることが出来ます。病院によって差はありますが、だいたい平均で1,000〜3,000円程度で受けられるようです。私の姉が当時4歳の長男の血液型検査を総合病院でしたところ、2,500円だったそうです。

ABO血液型検査は保険適用外

血液検査は保険適用外のため、費用はすべて自己負担になってしまいます。「血液検査をお願いします」というと、血液の成分や病気の疑いがないか細かい検査を含めた金額を言われることがあるので、「子どもの血液型を調べたいので検査をしたい」と目的をはっきりと伝えることが大切です。

いつごろ正確な血液型が判明するの?

血液型は上記の赤血球の抗原と血清の抗体がどのタイプによって判断されますが、その抗原が作られ強くなるのにおよそ1年ほどかかります。個人差はありますが、抗体が同じように強くなるまでに3〜4年ほどかかると言われています。その頃を目安に、血液検査を実施すると正確な血液型が判明します。幼稚園や小学校入園のタイミングで検査するママが多いようです。ただし、持病がある赤ちゃんの場合は、医師の判断により治療に合わせて血液検査を実施します。この時期の怪我や病気の治療の際に実施した血液検査の結果が、その後成長した後に調べた結果と違くても問題ありません。

検査のタイミングはそれぞれの家庭で

子どもが4歳になってからすぐに調べたり、16歳になって献血に行って初めて自分の血液型をしったという人もいて様々です。幼稚園や小学校の入園・入学の提出書類などに血液型の記入欄がある場合には、事前に調べる必要があります。逆に、大きな事故や病気似合わなければ、無理して調べる必要がないとも言われています。子どもの血液型を調べるタイミングはそれぞれの家庭によって違うので、焦らずタイミングを決めましょう。

Rhプラス・Rhマイナスのどちらかを把握しておく

血液型の話をしているとRhプラス、Rhマイナスという言葉を耳にすると思います。赤血球の抗原にD抗原が含まれているかどうかで名称が違うのです。D抗原を持つものをRhプラス、持っていないものをRhマイナスと呼びます。日本人ではRhマイナスは200人に1人と言われておリ、Rhプラスの人に比べて血液型適合者が少ないので、献血によって輸血用の血液が集められています。

赤ちゃんの血液型まとめ

1980年代後半ごろまでは、殆どの産院で血液型検査が実施され、新生児のかかとに針を指し血液を摂取することで血液型を判断していました。先天性の病気がないかを判断するついでに血液型判断もしていたそうです。しかし、冒頭でもお話したように抗体の弱い赤ちゃんは成長するに従って血液型が変わることがあるのです。そのため、現在では産院のほとんどは血液検査を実施していません。どうしても早く調べたいという人でも、4歳前後まで待ってから血液検査を実施しましょう。

ひつじから一言
現在1歳の娘の血液型は、まだ調べていません。しかし我が家ではそれなりに楽しんでいるのです。「眠かったりお腹が減って怒るところはママに似てるね」とか「飽きっぽいところはパパに似てるね」とか言いながら娘の成長を楽しんでいるのです。血液型もその一つで、娘の動作をみながら血液型の話をして楽しんでいます。検査する年齢まではまだまだですが、それはそれで受け止めて毎日を過ごしています。