お腹マッサージや綿棒で対策!新生児から1歳過ぎの赤ちゃんの便秘解消方法

赤ちゃんの便秘の話

赤ちゃんにとっても便秘はやっかいなのです。1日に何回もウンチをする子もいれば、2〜3日に1回まとめて出るという子もいるでしょう。今回は新生児から1歳過ぎの赤ちゃんの便秘についてまとめてみました。うちの子便秘気味かな?と心配するママのために対処法なども紹介しています。

便秘とは

人それぞれの体質や体調によってことなるので「便秘とはこういう症状だ!」と決まったものがないようです。娘が便秘の時にお世話になった内科の先生に聞いたところ、お腹が張ってしまい痛みや不快感を覚えることがあれば、それは便秘であると判断できるそうです。

便秘の原因はそれぞれ違う

もともとの体質で便秘になりやすい人や、食べたものやストレスによって便秘担ってしまう人がいるように、赤ちゃんの便秘の原因もそれぞれ異なります。前の日の食事で水分を摂っていなかったり、生活リズムが狂っていないか…赤ちゃんの食事や生活リズムを見直してみるのもいいかもしれません。

時期によって違う赤ちゃんの便秘

新生児の頃の便秘

産まれてすぐの赤ちゃんは、1日に数回ちょっとずつ軟らかいウンチを出します。月齢が進むに連れて1日の回数も次第に減っていき、赤ちゃんによっては2〜3日出ない子もいるようです。今まで1日に何回も出していたのにもう2日も出てない…と心配になるママもいるでしょう。赤ちゃんの機嫌がよく、ウンチが硬すぎなけでば深刻な問題はないようです。この頃は紙オムツを使っているほとんどの赤ちゃんがテープタイプを着用しています。テープタイプはサイズが合わないと背中漏れが起こるので、早めにサイズアップを検討しましょう。私は授乳中に背中漏れをくらい、娘の服も私の服もソファも偉いことになりました…。

ミルクのあげすぎには注意!
新生児の頃の赤ちゃんは母乳かミルクから栄養を摂取します。赤ちゃんの消化器官は未熟であるため、母乳やミルクの質が悪いと便になりにくいこともしばしばあります。ミルクの場合は、月齢に合っていない過剰な量を飲むことで、消化不良によりに便秘になってしまうというケースがあるようです。ミルクのメーカーを変えたら便秘になった!という赤ちゃんもいますが、国内ミルクメーカー毎の成分を調べたところ、さほど大差ないので与えた時の環境によって左右されたのかもしれません。

生後6ヶ月頃の便秘

1日1回以上出す子もいれば2〜3日にいっぺんに出す子も様々ですが、新生児の頃に比べてそれぞれウンチは硬くなってきます。この頃の娘は1日1回または2日に1回の排便ペースでした。テープタイプを使用しているママは、背中漏れを覚悟しましょう。ゆるいウンチが出た時はかなりの確率で背中漏れします。生後5〜6ヶ月頃からは離乳食が始まるため、授乳だけだった頃に比べると水分量が減りがちです。全体の水分摂取量が減ることで、ウンチが硬くなり便秘になる傾向があります。

1歳頃の便秘

離乳食も後期〜完了期になると、いろんなものを食べるためウンチも大人と同じように硬くなります。それでもやはり出る量や感覚は赤ちゃんによって個人差があり、一概に1日出ないからと言って便秘であると判断されるわけではありません。数日排便がなく、ウンチが硬くなりすぎて赤ちゃんが自力で排便できない場合は、肛門周りのお尻の皮膚が切れてしまうというケースもあります。

便秘になった時はどうするの?

お腹のマッサージ

赤ちゃんを寝かせて、お腹を「の」の字にゆっくり押しながらマッサージします。マッサージしたりお腹を温めてあげると、腸の中で硬まってしまっているウンチに刺激を与え、便意を促す効果があります。保健所のスタッフさんからもおすすめされた方法です。

綿棒浣腸

多くのママが実践しているのが綿棒を使ってお尻の穴を刺激する方法です。ベビーオイルを綿棒の先に付けて、直腸粘膜を傷つけないようします。1cmぐらいを目安にゆっくりと挿入し、数回中で円を描くようにします。大体の赤ちゃんはこの方法のあと、ウンチが出てきます。

小児科や内科を受診

上記を行っても、3〜4日排便がない場合には小児科など病院を受診断しましょう。ウンチが出ないからと言って、すぐに市販の浣腸を使うのはNGです。1歳ぐらいまでは、赤ちゃんが自分自身で排便機能を学んでいる時期です。浣腸を使って無理矢理排便してしまうと、赤ちゃんが自然に排便することを邪魔してしまいます。

便秘対策と予防

多くの赤ちゃんが一度は経験するであろう便秘。できればならないのが1番良いのですが、便秘を予防にするにはどうしたら良いのかはなかなかママ自身ではわからないですよね。娘が便秘になった時に相談した保健所の方や先輩ママのアドバイスを参考にまとめてみました。

赤ちゃんの食事と生活を見直す

離乳食を開始してからが1番便秘になりやすいと言われています。離乳食と一緒に水分を摂らせることが難しい場合には、さつまいもなど食物繊維が豊富なものや、ヨーグルトなどの乳酸菌が入ったはっ酵乳を与えるのがおすすめです。娘も5ヶ月ぐらいから離乳食を開始して、1日1回のペースで出ていたウンチが2〜3日に1回のペースになった時に、さつまいもを試したところ、翌日にたっぷり出てきました。月齢が進んでからは食べられる食品が増えるので、ヨーグルトや納豆を食べさせたところ、毎日快便で早くに効果が現れました。

母乳のママも健康的な食生活を意識して

ママの食生活が乱れると、それを頼りにしている赤ちゃんの体調にも影響を与えます。それはママのストレスを感じ取って赤ちゃんがストレスを感じることがあるからです。(ママのイライラが伝わって泣いてしまう…などなど)ストレスにより便秘にならないように、ママ自身が便秘になりにくい身体を作ることを意識しましょう。医学的にはママの食べたものや飲んだものが原因で、赤ちゃんの便秘を引き起こすことはないようですが、ママが便秘になりやすい体質だと赤ちゃんも体質を受け継いで便秘になることがあるようです。

母乳育児を考えるママにおくる母乳の知識

2016.10.24

水分補給をしっかりと

夏は汗によって水分が出てしまい、大人でも便秘なる人が多い季節です。反対に冬は汗はかきませんが、乾燥することで水分が奪われます。季節関係なしに、赤ちゃんの水分補給は普段から意識してみてください。

赤ちゃんの水分補給で知っておくべきこと

2016.08.02

オリゴ糖を試す

便秘解消の強い味方が「オリゴ糖」です。善玉菌が腸内環境を整えて、赤ちゃんの便秘をすっきり解消してくれます。実は母乳にもガラクトオリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖の一種が含まれています。赤ちゃんに使う場合は、ごく少量(1g程度)をミルクや白湯などに混ぜて与えて下さい。オリゴ糖の力は、赤ちゃんにとっては大人以上に強力です。一度にたくさんの量を与えるとお腹が緩くなって具合が悪くなってしまうことがあるので、少しずつ様子を見ながら与えましょう。

オリゴ糖には腸内環境を整える以外にも、ミネラルの吸収率をアップしたり砂糖よりもカロリーが低かったりと、嬉しい効果がたくさんあります。より詳しいについては、姉妹サイト「のんカフェ」でも紹介しています。

ひつじから一言
1歳前後からは1〜2日に1回が娘のリズムになりました。少し硬いウンチを出したい時には、必ず立ち止まって「う〜う〜」と唸ります。「頑張れ〜」と言いながら母も一緒になっていきむ真似をしています。