生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベント(お食い初めで百日祝い)

生後3ヶ月頃

今回の記事では、生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベントについてご説明します。生まれて3ヶ月経つと、赤ちゃんも次第に朝と夜の区別がついて早寝早起きになってきます。この頃の一大イベントと言えば「お食い初め」です。赤ちゃんが食べ物に一生困らないようにと願いを込めて行う儀式ですが、最近では本格的なお食い初めはせずに写真スタジオでのお食い初め用のセットを使って撮影で済ますパパ・ママも増えています。

生まれて3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、生まれたての頃に比べてだいぶふっくらとしたシルエットになってきます。そのため大きめの赤ちゃんだと80cm用のベビー服を着ている子もいるようですよ。生後3ヶ月の赤ちゃんの身長体重の目安は下記のとおりです。

男の子

  • 身長:57~67cm
  • 体重:5,000~8,000g

女の子

  • 身長:56~65cm
  • 体重:5,600~6,500g

首がすわりはじめて外出もしやすく

この頃から多くの赤ちゃんは首がすわりはじめます。そのため1~2ヶ月の頃に比べて抱っこひもベビーカーでの外出もしやすくなります。我が家でおすすめの抱っこひもやベビーカーは、以下の記事で紹介しているので良かったら参考にしてください。(我が家では7ヶ月目までベビーカーは買いませんでした。)

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子と用意しておいて良かったグッズ

2016.05.14

新米ママ・パパが一度は悩むベビーカーのB寄りな話

2016.05.15

児童館デビューもこの頃からする赤ちゃんが多いようですよ。しかし、天気の悪い日のお散歩や長時間の移動は赤ちゃんにも負担になるので注意してください。室内遊びでは何かを握る動作や動いているものに興味を持ち始めます。絵本を読んであげると声を出して笑ったりもしますよ。何でも口に入れてしまうので、小さいものは赤ちゃんが間違って飲み込まないように気をつけましょう。

だんだんと朝と夜の区別がついて早寝早起きに

個人差はありますが朝と夜の区別が付くようになるのもこの頃です。最初は就寝時間も起床時間もまばらだった赤ちゃんも、早寝早起きのリズムが出来るよう環境を整えてあげると、次第に夜早めに寝て翌朝も早く起きるようになります。夜遅くまでテレビを付けていると赤ちゃんの眠りを妨げてしまうので、観たいテレビ番組はぐっと我慢して、録画しておくことをおすすめします。ちなみに娘の起床時間が5時半~6時の間なので、我が家では目覚まし時計をしばらく使用していません…。

100日を迎えたらお食い初めでお祝いして記念写真を撮ろう

日本には、赤ちゃんが生まれて100日を迎えた頃に「お食い初め」をして百日祝いをする習慣があります。また、この頃に記念撮影をされる方も多いです。

お食い初めとは

生後100日ほどが経過した頃、子どもが一生食べ物に困らないように願いを込めて赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式です。実際に食べることはできないので、口のそばに近づけるだけにします。主に鯛などの尾頭付きの焼き魚を含めた一汁三菜と、歯固めの小石などを用意しますが、食器や食事の内容は地域や家庭によって異なりますので事前に確認しましょう。パパ・ママの判断で、お食い初めはせずに記念撮影のみというケースも少なくありません。

写真スタジオで記念撮影

我が家のケースは産院からの出産祝いでもらったサービス・クーポンがあったので、近所のスタジオアリスを利用しました。

スタジオアリス

衣装は赤ちゃん用だけでも和装・ドレス・コスプレ等々数十種類もあり、カラーバリエーションも豊富だったので、「どれを着せようかな」と迷うママも多いと思います。あらかじめ「こんな衣装を着せたい!」と決めておくと撮影までの段取りもスムーズですよ。娘には赤ちゃん用着物ドレスの2種類を着せました。赤ちゃん用着物での撮影時には、小道具としてお食い初めの道具も常備してあったのでそれっぽく撮れました。お食い初めの食器や料理を用意するのは手間がかかるので、写真館で撮影すると後片付けもないので楽ちんです。

スタジオアリス

記念写真撮影ならいつでも撮れる「こども専門写真館」スタジオアリス

撮影時間は1着につき10分前後で、アップと全体を数枚ずつ撮影するスタイルでした。赤ちゃんをあやしながら撮影してくれるので比較的笑顔の写真が撮れますが、赤ちゃんによっては慣れない環境で機嫌が悪くなってしまい号泣する子もいるようです。撮影時間にも限りがあるので、お気に入りのおもちゃがあれば持参すると良いかもしれません

ひつじから一言
サービス・クーポンを使用しても、最終的に結構な金額になってしまいました…。おめかしして笑顔の娘の写真をみると、この写真もあの写真も欲しい!と親心をくすぐられてしまったのです…。今回は2着のみの着用で印刷枚数も少なくすみましたが、数着着せたいママは撮影後の写真選びも大変なので覚悟してください。笑

続く生後4ヶ月頃の赤ちゃんの話については、以下で書いています。

生後4ヶ月頃の赤ちゃんの特徴と健診の話

2016.05.21