生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子と用意しておいて良かったグッズ

生後2ヶ月頃の赤ちゃん

今回は生後2ヶ月頃の赤ちゃんとの生活について書きたいと思います。私の場合は、1ヶ月健診やお宮参りも終わり、このタイミングでいよいよ夫の待つ自宅へ戻ることになりました。生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子や、自宅に事前に用意しておいて良かったグッズを紹介します。

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの様子

表情が豊かになって、うつぶせもできるように

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは表情がだんだん豊かになってきます。ティッシュペーパーを顔上でひらひらさせたり、ママの顔がそばに来ると目で追ったり笑ったりしますよ。まだ首はすわっていませんが、うつぶせにしてあげると自分で頭を持ち上げようとします。ただし機嫌が悪いときにやると号泣が待ってます…うつぶせをさせる際には、下に敷くものが柔らかいと赤ちゃんが顔を下につけた時に窒息しやすいので注意が必要です。

お風呂は首をしっかり固定する

大人と一緒にお風呂に入るようになった赤ちゃんは、仕事で夜遅いパパに代わってママがお風呂に入れる機会も増えてくるでしょう。この頃の赤ちゃんはまだ首がすわっていないので、しっかり支えながらお風呂に入れてあげます。パパの大きな手に比べて、ママの手は小さいので赤ちゃんを支える手が不安定になるかもしれません。最初は誰でも慣れないので仕方ありませんが、回数を重ねていくうちにコツが掴めてきますよ。お風呂についての注意点は下記でまとめているので合わせてご覧ください。

赤ちゃんのお風呂の入れ方や注意点

2016.08.08

腸も発達してきて、便秘に悩まされることも

だんだんと腸の発達もしてくるので、うんちの回数が少なくなります。今までよりもちょっと少なくなってるけど大丈夫かな…と思うかもしれませんが、成長の印なのでそんなに深く考えなくても大丈夫ですよ。硬いうんちが通り道に詰まっている場合、ちょっとした便秘のような状態になることもありますが、数日待てば自然と出てきます。もし不安でしたら、ベビーオイルをつけた赤ちゃん用綿棒で肛門をちょこちょこしたり、赤ちゃんのお腹を「の」の字に優しくさすってあげてみてください。

ベビーオイルと赤ちゃん用綿棒については、産後に退院してからすぐに役立つおすすめグッズの記事の中でも紹介しています。

産後に退院してからすぐに役立つママと赤ちゃんのおすすめグッズ

2016.05.12

睡眠・授乳リズムは赤ちゃんによってそれぞれ

育児書やインターネットの子育てサイトでは、この頃から睡眠や授乳のリズムがつくと紹介されています。しかし赤ちゃんの機嫌や体調によって一定しない時期もあるので、うちの子変なのかも…と不安にならないでください。うちの娘もなかなかリズムが定まらず心配でしたが、身長や体重が順調に増えていれば問題ないと小児科の先生や保健所の職員の方も言ってくれました。また、母乳やミルクが唇についたままになると、唇がカピカピになり皮膚が剥がれてきます。無理やり剥がしてしまうと血が出てきてしまうので、できるだけ自然にとれるまでそっとしてあげましょう。

母子手帳に記載されている身長体重の平均値

  • 男の子 … 身長:54~64cm、体重:4,400~7,200g
  • 女の子 … 身長:53~62cm、体重:5,300~6,200g

夜泣きする赤ちゃんにいらいらしたり疲れが溜まったりするママも多いと思います。それは決してダメなことではなく、当然のことです。自分の生活リズムを崩されたら誰だって嫌ですよね。そういう時は思い切って周りの人に甘えてみましょう。

パパも仕事があって大変かと思いますが、なるべくママの話を聞いてあげたり、赤ちゃんと遊ぶ時間をとってあげてください。特に朝はママも洗濯物や掃除と忙しいので、そういう時はパパが率先して赤ちゃんのお世話をしてくれるとママも嬉しいと思います。

生後2ヶ月頃にあると便利なグッズ

里帰り先の実家から自宅に戻る前、事前に自宅に用意しておいて良かったグッズについて紹介します。

抱っこひも

抱っこひもは首がすわる前の赤ちゃんでも使用できるタイプが便利です。アップリカの抱っこひもは、赤ちゃんが眠ってしまった時にそのまま降ろして寝かせておけるので重宝してました。ただ肩がものすごくこるので長時間のだっこは避けてください。

プレイマット

赤ちゃんが寝たままでも遊べるように、夫が友人にリクエストして出産祝いのプレゼントで買ってもらいました。(海外のフィッシャープライス社がつくっている、レインフォレストデラックスジムというプレイマットです。)頭上にあるおもちゃに興味を示し、手を伸ばして触ろうとします。形・大きさ・値段はピンきりなので、安く購入したい場合は中古品もおすすめですよ。

ジョイントマット

ジョイントマットには吸収性や断熱性・汚れへの対応などに適した様々なタイプがあります。赤ちゃんが突然転倒した時の事を考えても、床が固いフローリングの部屋には欲しい一品です。殆どが正方形を組み合わせて敷いていくタイプなので、お部屋の形に合わせて自由に敷き詰められます。我が家の場合、夫がインテリアに対してこだわりがあるため、コルク素材のジョイントマットを購入しました。最初は少なめに購入して、必要に応じて敷き詰める範囲を広げていくのがオススメです。我が家でも、娘の活動範囲が広くなる度にどんどん買い足しています。

赤ちゃんの身を守るジョイントマットはコルク素材が良い理由

2016.08.16

空気清浄機

会社のビンゴゲームの景品ですが、大活躍してます。プラズマクラスター搭載のシャープ製のものです。特に乾燥しやすい冬や、花粉がひどい春先で重宝しています。

ふとんクリーナー

赤ちゃんが寝るところや座るところはまめに手入れしてあげたいですね。ふとんクリーナーと言えばレイコップが有名ですが、実はいろいろな企業から発売されています。レイコップやダイソンのふとんクリーナーは値段が高いので、我が家では比較的リーズナブルなアイリスオーヤマのものを購入しましたが、特に性能に不満はありません。

布団が干せないときでも、ふとんクリーナーがあればダニ対策もバッチリです。我が家では今でもクリーナーをかけるのは夫の仕事です。

ひつじから一言
子育ては十人十色です。一般論を鵜呑みにしすぎず、あくまでも参考にする程度でいいともいます。ママと赤ちゃんがどうしたら過ごしやすいのかを試行錯誤していくことが大事ですよ。

生後2ヶ月以降に受けられる0歳児の予防接種については、以下の記事をご覧ください。

生後2ヶ月以降に受ける赤ちゃんの予防接種

2016.05.17

生後1ヶ月頃の赤ちゃんの話については、以下をご覧ください。

生後1ヶ月頃の赤ちゃんの特徴と生まれて1ヶ月頃の行事(1ヶ月健診・お宮参り・出産内祝い)

2016.05.13

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの話については、以下をご覧ください。

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの特徴とイベント(お食い初めで百日祝い)

2016.05.18