生後10ヶ月頃の赤ちゃんの特徴

生後10ヶ月頃の赤ちゃんの様子

生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、身長体重の著しい増加はありませんが、自我が発達し機嫌がいいと一人遊びに没頭したり、逆に機嫌が悪いとママへの甘えが激しくなります。お昼寝の時間も少しずつ少なくなり、夜たくさん眠るようになる赤ちゃんが多いようです。

生後10ヶ月頃の赤ちゃんの特徴

身長や体重が著しく増えるということはありませんが、その分行動力や精神面の成長が感じられるのがこの頃の特徴です。いつの間にこんなことができるようになったんだ…!と驚くママも多いでしょう。

生後10ヶ月頃の赤ちゃんの身長と体重

母子手帳に記されている身長・体重の目安は下記のとおりです。

男の子

  • 身長:68~77cm
  • 体重:7.3~11.0kg

女の子

  • 身長:66~75cm
  • 体重:6.9~10.1kg

まさに「ちょこまか動く」

ハイハイのスピードが早くなる

両手両足を使ったハイハイのスピードがアップし、いつの間にこんなところまで来たんだと驚くことが多くなるでしょう。ちょっとの段差もすぐに乗り越えていくので、入ってほしくない部屋にはベビーゲートをつけたりするのもいいですよ。おっかなびっくりだったつかまり立ちも、慣れてくると自分から腰を下ろしたり、横に足をずらして伝い歩きをするようになります。

お風呂でもじっとしていられない

パパがいない時、ママは赤ちゃんとお風呂に入りますよね。動きまわるようになった赤ちゃんはお風呂に入れるのも一苦労です。顔周りを洗っていて、動きまわるせいでお湯が顔面にかかって大泣きなんてこともあるでしょう。そんな時は、湯船に浮くおもちゃを用意すると大人しくなりますよ。100円ショップにもお風呂で遊べるおもちゃが売っており、両親の家に遊びに行く時や家でも重宝しています。

記憶力が発達し「言葉」を覚え始める

この頃の赤ちゃんは、パパやママが話している言葉に聞き耳を立て、言葉を覚えようとします。まだ意味自体は理解できませんが、少しずつ自分の声を出しながら覚えていきます。「マンマ」「タッタッ」「マァマァ」というような声をよく耳にするのではないでしょうか。まるでママを呼んだりおしゃべりしているようですよね。この段階では、まだ言葉としてではなく舌を使って音を出すといった感覚ですが、これからおしゃべりをするためにもこういった声を出すことは大事なことなのです。

何回も繰り返し伝える

普段の生活でご飯を食べるときには「マンマ食べようね」、絵本を読んであげる時に犬なら「ワンワン」猫なら「ニャァニャァ」といった簡単な言葉で教えてあげましょう。何度も繰り返すことで自分から言葉を覚えるきっかけになっていきます。また、「行ってらっしゃい」「さようなら」の時に挨拶の言葉と一緒に赤ちゃんの手を振ってあげると、言葉と動作を次第に覚えていきますよ。パパがお仕事に行くのを見送る際に、「バイバイ」毎日繰り返していると、やがて自分で手をふるようになります。

ママやお兄ちゃんお姉ちゃんの真似をする

言葉を覚えはじめる赤ちゃんは、自分でも使ってみたいと思い、簡単な言葉であればこの頃から喋りだします。とくに、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合、その真似をして「ママ」と呼びはじめることもあるようです。娘の場合ですが、私がよく「よいしょっ」と言うからなのか、「んしょっ」と声をだすようになりました。他にも、スマートフォンをいじるまねをしたり、お掃除の時に使うコロコロを転がしたり…。ママの一挙一動をずっと観察しているのでしょうね。そのうち、夫のことを蹴るようにならないか心配です。笑

ストローを使って飲むことを覚えさせる

哺乳瓶やおっぱいを「吸う」、離乳食を「食べる」「飲み込む」からステップアップした「吸い込む」ことを覚えさせましょう。ストローに慣れるまでは市販の麦茶パックを使うと、飲ませやすいですよ。ただし、最初は思い切り吐き出すので首元にタオルを付けてあげると洋服も汚れません。

10ヶ月前後にストローで吸い込むことを覚えていれば、外出時の水分補給がだいぶ楽になります。こちらのペットボトルに差し込むだけで赤ちゃんでも簡単に飲めるタイプは、我が家でも重宝しています。

夏は熱中症による脱水症状になりやすいため、室内でもこまめに水分をあげるようにしましょう。

季節ごとの赤ちゃんのお悩み対策 ~春・夏編~

2016.08.19

赤ちゃんの水分補給で知っておくべきこと

2016.08.02

つかんで食べる練習をする

離乳食後期になると、物をつかんで食べる練習をします。これは、口に物を運ぶということの他に、後々スプーンやフォークを使うことに興味を持たせる意味もあります。ぐちゃぐちゃにされて掃除が大変…と審配になるママもいるでしょう。最初はおにぎりやパンなど、飛び散らない食材を利用すると比較的後片付けも楽ですよ。野菜を茹でて小さくスティック状にして、手渡しで与えるという方法もあります。汚れても良いように、床に新聞紙を敷いたりエプロンやタオルを用意しておきましょう。

鉄分・カルシウムは積極的に

赤ちゃんの血液、骨や歯の元になる鉄分やカルシウムは欠かせない栄養素です。普段の離乳食に積極的に取り入れていきましょう。ひじきやほうれん草は手軽に鉄分を摂取できる強い味方です。3回食についてはこちらでまとめています。

離乳食の最終ステップ「3回食」

2016.07.04

赤ちゃんの口の中

下の歯の4本目が生えてくる

乳歯の生えるタイミングは赤ちゃんによって異なりますが、この頃に下の歯の3〜4本目がはえてくる子が多いようです。ちなみに最初はどの赤ちゃんもすきっ歯なので、歯と歯の間に隙間が開いていても問題ありません。ハミガキについては、ハミガキのタイミングなどをまとめた以下の記事を参考にしてみてください。

赤ちゃんの歯とはじめてのハミガキについての話

2016.06.20

よだれがほとんど出なくなる

今までよだれかけが必要だった赤ちゃんも、徐々によだれが収まってきます。1日に何枚も洗濯しなくてはいけなかったママの苦労も少しは楽になるでしょう。赤ちゃんによっては、まだまだよだれが出るといったケースもあるので、様子を見ましょう。

ひつじから一言
「赤ちゃんとの生活も10ヶ月を過ぎるとだいぶ慣れてくるでしょ」と言われたことがあります。確かに離乳食やオムツ替え、お風呂などは慣れましたが、それ以上に成長っぷりが早すぎてそっちに対応するのが精一杯な現状です。育児中ママにとって、戦いは終わらない…というのが本音でしょう。

生後11ヶ月の頃の赤ちゃんの様子はこちらをご覧ください。

生後11ヶ月頃の赤ちゃんの特徴

2016.07.18