ますますパワーアップしてくる三歳児の特徴は?三歳児健診の内容はどんなことをするの?

181201_三歳児の特徴と健診_728x448

娘が3歳のお誕生日を迎える前、自治体から3歳児健診のお知らせが届きました。実施日は3歳になった翌月です。里帰り出産でしばらく実家にいたため、戻ってすぐの頃になります。今回は娘が受けた三歳児健診の内容と、三歳の頃の発達や身長体重などの発育についてまとめてみました。どんな特徴があるのか、またおすすめの絵本なども紹介します。

気づけばもう三歳、三歳児の特徴って?

我が家の娘も三歳を迎え、体力も語彙力もますますパワーアップしてきました。そんな元気いっぱいの三歳の頃、どんな様子がみられるのでしょうか。

三歳はイヤイヤ期・反抗期のピーク

いやいや1

2歳ごろから始まると言われるイヤイヤ期。何をやっても「いや!」と言ったりすぐ泣いたり…手を付けられないで困ってしまう時期でもあります。また、それまでは素直にしていても、急に「〇〇ちゃんはこうしたいからこうするの!あとでやるから今はいや!」と頑なな態度をとったり…

大人の話していることを理解する力がどんどんついてくるため、いわゆる生意気なことを言う子もいるでしょう。

なんで?どうして?の質問がずーと続く

好奇心が旺盛でなんでも知りたくなってしまう三歳。ちょっと聞き慣れない言葉を聞いた理、気になることを見つけたらもう大変。「なんでりんごは赤いの?」「どうして〇〇ちゃんは保育園に行くの?」なんで?どうして?の質問攻撃がずっと続きます。

大人の答えに納得できないと何度でも質問してきたりします。イライラする事もあるかと思いますが、心を無にして答えてあげてください。私は10回に2回ぐらいは「それさっき言ったし!」とイライラしたりしましたが…割と答えていた気がします。

友達と遊ぶ事が増える

児童館や支援センターなどに通う子は、だいたい顔見知りになってくるので一緒に遊ぶ機会も増えてくると思います。3歳ぐらいになると、一緒に遊ぶ子の名前を覚えて仲良く遊ぶ姿を目にすることも多いでしょう。プレ幼稚園などに参加することで、これから始まる幼稚園生活に慣れさせるママも多いようです。

保育園などでも、友達と一緒に追いかけっこをしたりダンスをしたり歌を歌ったりと遊ぶ姿が見受けられます。娘も保育園が終わったあとに、帰りが一緒になる子がいると「〇〇ちゃんもいるから、一緒に遊びたい!」と公園で少し遊んだりすることが増えました。

お昼寝は個人差がある

昼寝1

もうすぐ幼稚園、幼稚園は昼寝がないけど大丈夫かな?と三歳児の睡眠時間に関して不安に思うママも多いかもしれません。保育園では大体お昼のあとに1〜2時間の睡眠時間が確保されています。保育園に通っていない子の場合は、その日によって昼寝をしたりしなかったりとまちまちのようです。

保育園に通っていない甥っ子は、お昼寝をしない日は夜7時には眠ってしまい朝5時頃には目が覚めるようです。三歳児の睡眠時間は個人差があります。ただし、お昼寝が長すぎると夜眠れなくなってしまい、朝遅く起きるという悪循環になってしまうので要注意です。

三歳児の平均体重・身長は?三歳児健診ではどんなことをするの?

厚生労働省が発表している資料によると、三歳児の平均体重と平均身長とは下記のとおりです。

平均体重

男の子:14.7kg

女の子:14.0kg

平均身長

男の子:96.9cm

女の子:94.0cm

三歳児健康診断の内容

健康診断3

娘が受けた健康診断の内容についてまとめてみました。

  • 事前アンケートと事前検査
  • 当日(歯科検診・身体測定・食事についての講義)
  • 検尿

事前にアンケートと視力・聴力検査を実施

まず、最初に自治体から送られてきた資料の中に事前アンケートと検査に関する資料が入っていました。今までの予防接種履歴や、健康に関するアンケートが同封されていました。また、簡単な視力と聴力検査キッドが入っており、当日までに実施するよう指導がありました。

当日は約1時間ほどで検査を実施

当日は待ち時間含めて約1時間ほどで検査が完了しました。主な内容としては、最初に歯科健診(娘は口の中をチェックされるときに号泣)、保健所の方との面談、身長体重などを測定、内診、食事に関するちょっとした講義などでした。小さい子が飽きないよう、待ち時間に絵本の貸し出しなどもしてくれました。

保健師との面談では、三歳児の発達について話し合いました。例えば自分の名前を言えるか、衣服の着脱ができるか、クレヨンなどでお絵かきするか、ままごと・ヒーロー遊びなどのごっこ遊びをするかなどです。

保健師さんと話をしながら母子手帳を見返すと、あぁ、こんなに大きくなったんだなと感慨深くなりました。三歳児の発達は親にとっても嬉しいものでした。

検尿は事前に…

オムツが取れている子のみでしたが、事前に検尿をして提出するよう言われていました。しかし、娘の場合はまだとれていなかったので、4歳になるまでに提出してくださいと指導がありました。3歳の時点でまだおむつが取れていないという子もいるようなので、慌てなくていいかな…と一安心でした。

ちなみにトイレトレーニングに関するお話は過去こちらでまとめております。…当時の娘はオムツ以外を履きたがらない現象が起きており、大変困った毎日でした。。。

トイレトレーニングはいつから?おまるは使う?〜トイレトレーニング導入編〜

2017.03.20

三歳児におすすめの絵本

絵本

引っ越した新しい自治体では、三歳のお誕生日を迎えた子には絵本を1冊プレゼントしてくれるサービスがあります。幸い我が家は図書館から近いこともあり、三歳児健診のあとに絵本を受け取りに行きました。また、夫が娘のために購入した絵本もあり、今では毎日読んでいるお気に入りのものもあるので、そちらも紹介したいと思います。三歳のお誕生日に絵本を検討している方はチェックしてみてください。

そらまめくんのベッド

主人公のそらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。お友達のおまめさんたちが貸してほしいと言ってきますが、理由をつけて断ってしまいます。ある日突然ベッドがなくなり…宝物を失ったそらまめくんはどうするのか?お友達のおまめさんたちは?

子どもにとってわくわくするストーリー展開になっています。

どうぞのいす

夫が娘のために購入した絵本です。アマゾンのランキングでも上位にいたそうで、レビューも高評価でした。うさぎさんが作ったどうぞの椅子、一体誰が座るのか…何度読んでも楽しく読める絵本です。

だるまちゃんとてんぐちゃん

ちいさいだるまちゃんとちいさいてんぐちゃんのお話です。てんぐちゃんのもっているいろんなものが欲しくなってしまうだるまちゃん、今度は何をほしがるのかな…?とワクワクしながらページを読んでいきます。

三歳近くになると、絵本のページ数が多くてもお話の展開を理解する力がついてくるため、最後まで読むことができます。ページ数でいうとだいたい30前後ぐらいのものがおすすめです。1ページあたりの文字数が多いと、読んでいる最中に飽きだすので気をつけてください…。

我が家では絵本を夜寝る前に習慣があり、毎日「これよんでー!」と楽しそうに持ってきます。下の子は不思議そうに見ていますが、お話するようになったら下の子の絵本も読むことになりそうです…

ちなみにトイトレ用にこんな絵本も…

言葉が発達して、トイレの意味も理解できるようになった子ども向けに、絵本を読んで伝えるというのも一つの方法です。2歳以降向けの絵本がほとんどのようですね。ひとりでうんちできるかなという本は大好きで、今もお出かけ版をたまに持ち歩いています。

ひつじから一言
3歳の頃の特徴についてまとめていました。うちの娘の様子中心に書かれているので、「うちはこんなんじゃない…」ということもあるかもしれません。子どもは本当に個人差が多いので、いろんなママと情報交換ができたら嬉しいです。